2014年04月06日

課長はワリと偉いのよ

プロジェクト休暇中なので
ぼーっと羽を伸ばしていたところ、
某人材会社から課長級ポストの
打診のメールが来ていた。

遂に課長級ポストも紹介されるくらいに
職務経歴書をロンダリングできたと
喜んだものの、日本オフィスでも
公用語が英語の外資系企業だったため、
英語力がスペックを満たしていなかった(泣

実際問題として、今の会社でも係長までは
近いうちに上がれるだろうと思うものの、
課長になるには時間が掛かると見ている。
案件の創出能力が問われるようになるからだ。
(下図参照)

jobrank.png

何らかのソリューションで社内外のお客様を
リードできなければ、案件の創出は難しい。
しかし、僕の得意とするBIやデータベースは
あくまでも技術要素でしかない。
営業や調達といったオペレーションと
結び付かないと価値を訴求できない。

にも拘らず、僕は今までオペレーション側の
深堀りを行う案件に携わったことが無く、
プロジェクトの推進スキルに比べると、
現状では残念ながら提案力が弱い。

この状況を打破するためには、
どうすれば良いか。三つ考えてみた。
 @社内で積極的に提案に携わる
 A技術力を生かして専門コンサルに移る
 B英語力を高めて事業会社に移る

現実的には@のアプローチを取りつつ、
社外勉強会に参加して技術力を維持しつつ、
係長昇格後に休職して短期語学留学と
転職活動を並行して進めるといった
動き方が現実的な気がしている。
そして係長級+αの転職が出来なければ、
今の会社で頑張るべきなのだろう。
…30代で課長になるぞ! おー!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 備忘録@仕事

2014年04月05日

先に進むため反省する

今回のプロジェクトでは
PLから事前に伝えられた役割を全うでき、
それなりの評価をいただけたものの、
ボーナスに跳ね返るほどの大活躍
というところまでには至らなかった。

前回のプロジェクトでは思うように
力を発揮できなかったことを鑑みると
進歩はあったのかもしれないが、
今の年齢で主任クラスの職位に
甘んじているのは問題なので、
一歩進んだバリューを出せないと
ダメだよなーと考える次第。

特に、今回はコンサルスキルというより
ヒューマンスキル(穏便な人当たり)を
評価されたという側面が強く、
成果物の品質については改善の余地有りとの
お言葉もあったので、そこは反省したい。

で、自分なりに考えたところ、
以下の三つが今後の課題と整理できた。
 @仕事の基礎動作の体得
 A認識合わせの精度向上
 B適切な緊張感の維持

ただ、これだとコクがないので、
もうちょっと突っ込んで書いてみると
以下のような感じ。当たり前のことを
書いているような気もするけど、
前回の反省よりは先に進んでいる
気がするのでOKということにしよう(汗

<仕事の基礎動作を体得せよ>
 ・物事を構造化する(全体感とMECE)
 ・課題を明確化する
 ・ステークホルダーを明確化する
 ・アプローチを組み立てる
  →タスクの洗い出し
  →スケジュールの設定
  →リソースの配分≒役割と責任の分担
  →管理指標のデザイン
  →会議体の設定
 ・証跡とバックアップは必ず残す
  (不可逆な作業は死を招く)

<認識合わせずして成果無し>
 ・相手の求めるものを意識する
  (頭を使う=心を使う)
 ・主体的にロジックを組み上げる
  (So what? Why so?)
 ・説明が必要な資料はクソと心得る
  (当たり前に落ちる資料こそ正義)
 ・暗黙に地雷を埋め込まない
  (主語と前提、言葉と定義)

<クビなんて最初から切られている>
 ・成果を出せない=クビ
 ・目の前の上司は人斬りである
 ・緊張感を持って仕事をしているか?
 ・捨て身で動かねば能力を補えない
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録@仕事

2014年03月30日

色々と片付いた年度末

今アサインされているプロジェクトが、
引き継ぎまで含めて無事終わりました。
最後に残されたMBAの必修科目であった、
FinanceUの単位も無事取れました。

プロジェクト休暇を貰えることになったし、
行きたかった統計ソフトの外部研修にも
行けることになったし、今年の年度末は
良い締め括り方をできた感じです。

プロジェクトでの動き方には反省すべき
部分もあり、そこは後で教訓として文章に
残そうと思いますが、今回はキチンと
バリューを出せたと評価いただけたので、
まずは「くぅ疲」モードでまったりしますw

さて、来年度はどう動こうかしら?
外部研修後の4/21からGWに突入するまで、
社内失業者になりそうな気もするのよね(汗
…何か御社内に課題がありましたら
提案書をサクっと持っていきますので、
お気軽にご相談ください☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@東京

2014年03月23日

気の進まない方を選ぶ

人生には、いつだって新しい発見が必要だと
思うのです。新しい発見の無いことこそが、
人のココロを老化させる原因と思うのです。

とはいえ、ルーチン=効率である以上、
それを無くすこともできません。
だったら、ルーチンの介在しない場面では、
せめて新しい発見を求めるべきだろうなと。

で、何を言いたかったかというと、
僕は最近、ココロにビットが立たないからGO!
という選択を意識的にするようになりました。

@このお店を選ぶなら、Aいつものお店で
ランチを食べた方が良いかなと思ったら、
@のお店でランチを食べることにするとか、
具体的にはそんな程度なんですが、
それでも新しい発見の数って増えるんですね。

悪手でないなら局面を複雑にする手を選ぶ。
それが勝負において実力通りの結果を
出すための手段であると米長永世棋聖
語っておられましたが、逆も真なりで、
複雑な局面を泳げること=実力となれば、
この行動様式って一挙両得かなって☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2014年03月16日

きちんと価格を決める

僕が占い師であることの認知が高まってきて、
対面で占いのお願いを受けることも
多くなってきたのですが、あまりにも
込み入った話をカジュアルに聞き過ぎてしまい、
慌てて料金を請求しようとしたところ
トラブルになってしまったなんてことがあり、
プライベートと仕事の切り分けは
きちんと行わないと駄目だと反省しました。

その一環として、料金表を作成してみました。
自分の提供できるサービスの価格と意図は、
きちんと設計・共有すべきですしね。
ということで、以下は料金表とその説明。

price_list_01.png

簡易形式は、飲みの場でデモっぽく占う
スタイルを想定していて、鑑定書は出しません。
ネット形式は、メールをやり取りしながら占う
スタイルを想定していて、鑑定書を出します。
事前+実地形式はメールでやり取りした
情報を元に実地で総合鑑定を行うスタイルで、
複数の鑑定書を材料に深い洞察を行います。

開運術のメニューは、占術のメニューを
利用していただいた方だけに開放しようと
考えています。理由は以下の通り。

@現状を占いで知ることなく開運術だけを
  施そうとするのは、医者が診察をせずに
  薬を出そうとすることと等しく、
  危険な処置となるリスクがあるから。

A事前に占いを行っておかないと、
  開運術が効いたのか、そもそも運気が
  上がっている時期がやってきたのか
  区別が付かなくなるから。

B占いにも術者と依頼者の相性はあるが、
  開運術の場合は特にそれが大きく出るので、
  占いで相性を把握しておかないと
  サービスレベルを担保できないから。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録@占い

2014年03月09日

青色申告でブルーな日

プロジェクトの作業をやりくりして
有給休暇を一日取得し、青色申告の準備。
一日あれば余裕だろうと考えていたものの、
見積もりが全然スイートでした。

年度末に毎回領収書の束と格闘するのも
嫌気が差してきたので、クレジットカードや
銀行口座の明細を勝手に読み込んで
記帳してくれるFreeeという便利サービスを
利用したものの、誤算がありまして。

まず、クレジット会社や銀行が
ネット上に保持している明細情報が
半年くらいしかなかったので、
残りの半年分を手作業で打ち込まざるを
得なかった! 使い慣れたExcelと違って、
Webでの入力には相当時間が掛かったね。

それから、経費と私費の切り分けも
しんどかった! 事業用口座と個人用口座を
分けていない自分が100%悪いのだけど、
明細の一つ一つチェックしないと
切り分けができないので泣きそうでした。

ただ、明細情報は自動連携するように
設定したし、経費と私費の切り分けルールも
ワリと作り込めたので、来年度からは
きっと楽になるはず…だといいなあ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録@仕事

2014年03月02日

接待の達人・人形町編

プロジェクト作業者の親睦会の幹事を、
僕が引き受けることになりました。
そして、僕が人形町に住んでいることを
皆さんご存じなので、人形町で美味しい
お店を押さえろとのオーダーが。

予算は気にしないとのことでしたが、
流石に10000円を超えると行き過ぎと思い、
候補として以下の四店を選んでみました。

鰻割烹:喜代川
 140年の歴史を持つ鰻の老舗。
 創業時より継ぎ足して旨味の乗ったタレと、
 柔らかく上品に焼き上げた蒲焼が素晴らしい。
 渡辺淳一の小説にも載っていたそうで。

軍鶏料理:玉ひで
 250年の歴史を誇り、将軍家に仕えた
 料理人の一族が守る軍鶏料理の味は絶品。
 ランチの親子丼の行列は人形町の日常風景だが、
 是非とも夜のコースを味わっていただきたい。

フレンチ:FRENCHIES
 25時まで営業している小皿フレンチのお店。
 コースは3990円。だから庶民的な味と思いきや、
 ミシュラン一つ星と遜色無いレベル。
 某名店から独立したシェフの腕前は本物です。

しゃぶしゃぶ:谷崎
 谷崎潤一郎の出生地に居を構えるしゃぶしゃぶ店。
 上質な肉は、変わり塩でアッサリといただくのが
 僕のオススメ。一品料理のクオリティも高く
 お酒を飲むのがメインなら外すわけにはいかない。

さて、この四店の中から親睦会の行き先に
決まったのは…喜代川でした! 老舗感が最も
強かったのが決め手だったみたいです。
僕も鰻食べて更にプロジェクト頑張ろ☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@グルメ

2014年02月23日

テーブル上で世界一周

今日は大学院のレポートを頑張る日だ!
と思っていたら、何故か夜食が豪勢に。
本格的に多国籍なメニューを作っちゃいました。
cooking01.jpg

左から、中東料理のフムス、チーズ入りのパン、
カレー風味のチキンソテー、トムヤムクン、
アンチョビを利かせたサルサのサラダ…。
家から一歩も出てないのに世界一周です。

いやあ、この時代に生きている幸運を
ひしひしと感じられますね。中世の王様より、
遥かに豊かな食生活を、我々はしてますよ。

さて、お腹もいっぱいになったし、
紅茶でも飲んでマッタリしましょうか。
何か忘れている気がするけど、気にしない☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@グルメ

2014年02月22日

セータースタイル万歳

シャツ、スーツ、ネクタイと揃えてきて、
次に揃えることになったのはVネックの
セーターとなりました。こんな感じ。
v_sweater.jpg

寒い時期はスリーピースのスーツだろ!と
英国式に憧れを持っていた時期もあるものの、
実際に羽織ってみると僕には似合わない(泣

僕の場合、服のコントラストが低くなると
モッサリ感が出てしまうようなため、
スーツと共地のベストは不向きみたいです。
で、代わりに発色の良いVネックのセーターを
揃えてみたところ、しっくり来ました。

共地のベストと違って着回し易いし、
ベストを省けるとスーツの値段も安くなるし、
カジュアルスタイルでも重宝するので、
このアイテムを開拓できて良かったです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@お洋服

2014年02月16日

不運なるは幸いである

占いをやっていると、
運の良い時期にいる人だけでなく、
運の悪い時期にいる人を看ることも多い。
しかし、本当は良いも悪いも無いのかなと、
幸福という言葉の解釈から慮ることができる。

幸福という言葉は幸と福という漢字から
作られた熟語だが、幸と福が持つ意味は、
実はかなり違う。幸は手枷をはめられた人の
象形文字であり、手枷だけの刑罰で済み、
悪いことが大きくならずに良かったというのが
本来的な意味となる。福は神様へ供えられた
酒樽の象形文字であり、神様からの恵みが
与えられるというのが本来的な意味となる。

そして、幸福という言葉は、
幸が先で福が後となっている。
先に幸があってこそ福を受けられるのだ。
どういうことか。例えば宝くじに当たって
良い車を買った、美味しい食事をした。
そのときは喜びがあるだろうが、
この気持ちは果たして長続きするだろうか。
賞金が少なくなるにつれて不安は増すはずだ。

逆に、いま自分が抱えている問題が
一つずつ消えていく想像をしてみよう。
健康、仕事、人間関係、衣食住などなど。
そうすると、気持ちが楽になっていくと思う。
この状態で宝くじに当たったなら、
賞金を使い切ったとしても、
おそらく特段の不安は感じないだろう。

簡単にまとめよう。幸とは不安の無いことで、
福とは恵みを授かることである。
かつ、幸であってこそ福を享受できる。

さて、ここまで来て、
やっと運の良い悪いの話に戻れる。
実は、運の良い時期は福を得るのに向くが、
運の悪い時期は幸を得るのに向くのである。
何故なら、運の悪い時期は自分の抱えている
問題が顕在化し易い時期であり、同時に
その対策をきちんと打つことが可能になる
時期でもあるからである。

季節の巡りに意味があるように、
運勢の巡りにも意味がある。
運の悪い時期には運の悪い時期に向いた
行動を意識すれば、運の良い時期とは
異なった実りを手に入れることができる。
それは、運の良い時期に手に入れられる
実りよりも優先度が高かったりもする。
そう、不運なるは即ち幸いと言えるのだ。
タグ:
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

Puppiest.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。