2008年11月08日

プリンタがあってもね

ぼちぼちITセミナーの季節ということで、
地方在住の某隊員がバハルダールにプリンタを
買いに来ました。学校にプリンタはあるものの、
共有でなかなか使えないから、配布資料は
自分の家で印刷してしまおうとのこと。
いやあ、仕事のデキる女性って素晴らしい☆

彼女の心意気に応えるべく、今日は街中の
コンピュータショップを一緒に回ることに。
決して下心はないですよw

が、エチオピア四大州の一つである
アムハラ州の首都バハルダールには、
紙仕事がメインの官公庁で使われるような
レーザープリンタは多く売っているのですが、
リーズナブルなインクジェットプリンタは
なかなか見つからない。

そして歩くこと小一時間。
遂にインクジェットプリンタを発見!
1000ブル以下ならボチボチの値段です。
購入を決めましたが、その店ではインクが
売り切れとのこと。今度は文房具屋を
回ってインク探しです(汗

これも一時間強かかり、売っている店が
見つかったのですが、インク一つが240Birrは
ちょっと暴利じゃないかな…。とはいえ、
ここでしか買えないので仕方ありません。
プリンタ代を抑えられた分、我慢することに。

日差しの強い中を歩き回ってヘトヘトですが、
これで今日から彼女は印刷に困りません。
喜んで帰りのバスに乗り込んでいったのですが、
悲劇はその後に起こったのです。…プリンタと
パソコンを接続するためのUSBケーブルが
同梱されていない!との報が入りました(爆

ああ、これだけ歩き回ったのに…。
エチオピアで買い物するときは、
中身と動作の確認をしないと痛い目に遭う
という日記のネタを僕に提供するために、
彼女は貴重な一日を無駄にしちゃったのね(涙
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月07日

ポインセチアの季節へ

街を歩いていると、ポインセチアの花が
咲いているのに気付きました。
元々暖かい所が原産の植物ですからね。
バハルダールの暖かく穏やかな気候の下、
これだけ大きく堂々と育ったのでしょう。
poinsettia1.jpg poinsettia2.jpg

鮮やかな赤がキリストの血に喩えられ、
クリスマスを彩る花となったポインセチア。
そろそろ日本でも園芸店で見られるように
なっているのかな。少々せっかちですが、
クリスマス商戦が始まる頃と思うので。

エチオピアで過ごす二度目のクリスマスが
終われば、僕の帰国はもう目の前。
ポインセチアが街から姿を消したとき、
代わりに僕は日本に戻ります。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月05日

メンテナンス出張講座

後輩のIT隊員の学校で、重要なデータが
入ったままWindowsが立ち上がらなくなった
パソコンがあるということを聞き、
ここはPuppy Linuxの出番だと思って
出張メンテナンスに出かけました。

エチオピアでPuppy Linuxを流行らせるには、
ある程度のIT技術を持った人のサポートが
必要になるのだろうけど、それだったら
他のIT隊員を仲間にするのが早いからね。

ということで彼女の学校に出向き、
以下のような基本的なメンテナンス方法を
実演&解説してきました。
 1. Gpartedによるパーティション分割
 2. 新規パーティションへの重要データ移動
 3. 既存パーティションのフォーマット
 4. Windows環境の再インストール
 5. PartimageによるWindows環境アーカイブ

本当はもっと込み入ったことを行おうと
思っていたんですが、難易度が高過ぎて
一度では覚えられないとのことだったので、
このように内容を絞りました。

しかし、日本人でも難しいってことは、
このメンテナンス作業標準を途上国の人に
使って貰うには工夫がいるなあ…。
ちょっと色々考えてみることにします。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月04日

バハルダールに泡風呂

ボーっと街を自転車で走っていると、
『Steam Bath →』という看板を発見した。
アジスアベバに行くと決まって利用する
スチームサウナが、バハルダールにもできた?

ということで、早速調査をしてみます。
街の中心部ではなく、普通の住宅地に
どんどん入っていくのが若干不安でしたが、
確かにその施設は存在しました!
見た目はただのエチオピア住居ですがw
steam_therapy1.jpg

で、中に入ってみると、外観と不釣合いな
ジャグジーカプセルが設置されていました。
すげえ! このミスマッチが面白過ぎるw
steam_therapy2.jpg

利用料金を聞いてみると、スチームサウナと
シャワーが10ブル、ジャグジーが25ブル、
マッサージが20ブル、でもって宿泊も出来て
一人一部屋10ブルとのこと。ふむ、これは
バックパッカーにはオススメかもしれん。

折角なので僕も一つジャグジーを試して
みようかと思ったのですが…急に停電。
電気温水器を使っているので利用不能に。
例によって僕の間の悪さって奴は(汗

しかし、こうなっては仕方ありません。
もし僕の代わりにジャグジーを
利用できた人がいたら、ぜひコメントなり
トラックバックで感想を聞かせてくださいw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月03日

三冊を一気に読破する

昨日はMSに恨み節を吐いていたわけですが、
それはそれで良いこともあったので、
実のところ悪いだけの一日では無かったの
かもしれません。作業の待ち時間を利用して、
読むべき本を三冊も読破できましたから。

読んだのは以下の三冊。
 梅田 望夫 著:ウェブ時代をゆく
 原 丈人  著:21世紀の国富論
 麻生 太郎 著:とてつもない日本


本当なら書評でも書いた方が良いんでしょうが、
そんなに筆の立つ人間ではないので、
中身について知りたい人は上のリンクから
Amazonに飛んじゃってくださいw
以下は個人的なメモでしかないです。

『ウェブ時代をゆく』
 「高速道路とけものみち」という考えは、
 僕の動き方とフィットしていると思う。
 ネットがなくちゃ、途上国でITやりながら
 魚やりながらアパレルやりながら(略)とか
 間違いなく不可能だったわけで。
 渋滞にぶつかる前で高速道路を降りて、
 けものみちに入らなくても、途上国じゃ
 それなりのビジネスを興せると思うので、
 ニートとかキモヲタも途上国に来るべきw

『21世紀の国富論』
 とりあえず何が凄いって著者が凄い。
 アメリカ金融\(^o^)/オワタの後なので、
 この本を読んでも目新しさを感じられなく
 なってしまっているわけだが、個人的には
 ビジネスとICTと国際援助の全ての分野で
 強烈な存在感を放っている著者のような
 人物がいると分かっただけで勇気が出ます。
 DB屋としてインデックス・ファブリックは
 技術的に追いかけるべきなんだろうな。

『とてつもない日本』
 三冊ともそうだけど、オプティミストが描く
 将来のビジョンと戦略が書いてある本って
 読むと元気が湧いてきますね。麻生さんは
 政治家ゆえに書いてあることのスケールが
 大きくて、個人の活動の指針にはならないけど、
 海外に行って日本の素晴らしさを紹介するには
 良いエピソードがたくさん載っていると思った。
 さあ日本は今からどうなるか…。国家ではなく
 個人のサバイブには梅田さんの本を薦めます。

…さあて、インプットの次はアウトプットだな。
考えながら走らなきゃ。自分を高めるには、
世界を創るには、時代を書き換えるには。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月02日

データ通信で故障って…

インターネットをしていたら
突然モデムの調子がおかしくなり、
原因を探ろうとしたら青画面でフリーズ。
再起動をするとオーディオデバイスが
認識されなくなっており、無音状態に
なってしまっている=モデムも使えない。

ドライバの再インストールで
オーディオデバイスを復活させようと
試みるも、互換性がないと怒られる。
すわ、ハードウエアからぶっ壊れた?

しかし、Puppy Linuxから起動すると
余裕でサウンドを再生できたので、
問題はWindowsにあることが判明。
データ通信でシステムがぶっ壊れるって
どれだけ脆弱なOSなんだと言いたくなる。

インターネットに繋げないと仕事にも
生活に支障を来たすので、データを
外付けハードディスクに移してリカバリを
かけることにしたのだが、バックアップを
取った最後の日付は九月の初めだった。
あー、この二ヶ月の設定は手動で復旧か…。

結局、元の状態に戻すまでに一日半の
時間を割くことになってしまった。
まあ、きちんと回復したから良いけど、
これで休日が潰れたってのはMSを恨むねw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年11月01日

LPIC1に申込みました

メンテナンス作業標準を仕上げて
多少スケジュールが落ち着いたのですが、
そうなると逆に手持ち無沙汰で
ソワソワする自分は貧乏性なんでしょうw

ということで、LPICの101と102試験
12月2日(火)にアジスアベバで受ける予約を、
Pearson VUE経由で入れてしまいました。
教材はVisual CertExamPuppy Linuxのみ。
なんという三無主義(無茶無理無謀)…。

でも、両方合格してLPICのレベル1認定を
受けることができたら、趣味のLinux使いから
真っ当なLinux技術者に昇格ですからね。
この肩書きの違いの差はとても大きい。

テンション上げて問題ガッツリ解くぜー!
勝てるか分からない戦いに勝つってのが
デキルヤツノ条件の一つだと思うし。
…と言って、自分を追い込んでみるテストw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月28日

環境復旧は緊張します

調整員がバハルダールに到着し、
その流れで専門家のお宅でディナー会が
開かれることになったのですが、
職業柄こういう場所に来ると仕事が
振ってくるんですよね。分かります?
…ええ、コンピュータのメンテナンスです。

偉い人のコンピュータは決まって
不具合を起こしているってのは何故だろうと
例によって感じるわけですが、そんなことは
1mmも顔に出さず淡々と作業を進めますw

話を聞くに、アンチウイルスを新しく
インストールしたらコンピュータが青画面で
落ちるようになったとのこと。本当なら
データを救出してリカバリかけるのが
手っ取り早いんですが、過去にも他の人に
色々と環境を弄ってもらっていて、
それが変わっちゃうと問題がありそうです。

仕方がないので、Puppy Linuxを使って
外部から強引にアンチウイルスを削除します。
アンチウイルスが不具合の原因なら、
これで環境は復旧するはずですが、失敗。
…動揺です。顔には出しませんけどw

となると、次のストーリーはこうです。
新しいアンチウイルスの見つけたウイルスが
システムにフックしてしまっていたため、
駆除と同時にWindowsがぶっ壊れた。

この場合、レジストリを修復することで
復旧の可能性があります。レジストリの
バックアップが幸運にも残されていたので、
やっぱりPuppy Linuxを使って外部から
強引にレジストリをロールバックします。
そして再起動すると…環境復旧に成功!

しかしまあ、成功したから良いものの、
偉い人のコンピュータを扱う重圧は
気持ちの良いものじゃないですね。
向こうは僕に任せれば問題が解決すると
考えているんでしょうけど、そう簡単に
事が運ばないこともあるわけですから。

ギリギリの戦いをしていることを、
たまには誰かに理解して欲しいなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月24日

殺虫剤に殺されかける

なんかね、今日は蚊を始めとして
色々な虫が家の中に入ってくるわけですよ。
で、これが非常に作業への集中を妨げるのね。
残り時間が少ないのも相俟って、
もうイライラが募りまくりな感じです(怒

だから、殺虫スプレーで奴らを皆殺しの刑に
処したわけですが、一寸の虫にも五分の魂。
非常に手痛い反撃を食らってしまいました。
…スプレーを吸い込み過ぎたのが原因でしょう。
酷い吐き気と頭痛が起こってきました(汗

これは駄目だ。PCのディスプレイを見るだけで
頭がクラクラしてくる。横にならないと
今にも吐いてしまいそうだ。つか、死にそう…。

いやあ、ゴキブリも一撃で葬れる強力さを
気に入っていたんですが、よく考えたら
それだけ毒性が強いってことなのよね。
これはこのままだと洒落にならんぞ…。

顔面蒼白になりながら寝室に移動し、
今や毒ガス室となった居間の扉を閉め、
ベッドに倒れこみます。つか、倒れても
まだ気分の悪さが尋常じゃないし…。

………。

そして気付くと次の日の朝でした。
体調は何とか回復した感じですが、
こんなことで貴重な一日を無駄にするとは(泣

教訓:
途上国の薬は異常に強いことがあるので、
利用の際には最大限の注意をしましょう。
というか、やっぱり日本製が安心な模様。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月21日

無停電装置を再び購入

酷使していたノートPCのバッテリが
遂に作動不能となり、日本から持ってきたUPSも
今や電池切れになってしまっているので、
家で作業をしていても停電即強制終了という
精神衛生が限りなく悪い状態に陥りました(汗

いやあ、書いてたドキュメントが実際に
一回ふっ飛んだからね。HDDも壊れかねんし、
これはどうにかしないといけない…。
ということで、新しいUPSを買っちゃいました。
おそらく、任期中に自家用UPSを二台も
使い回した隊員って僕が初めてだと思いますw
ethio_ups1.jpg ethio_ups2.jpg

しかし、これを動作させるまでが一悶着。
買ったは良いものの、エチオピアで売ってる
UPSってデスクトップPC用のソケットしか
付いていなくて、そのままじゃノートPCの
コンセントを挿すことができない。
なもんで、電気屋で特注の変換アダプタを
作って貰って、そこに分派器かまして、
やっとのことで利用可能な状態となりました。

色々なお店を回ったおかげでUPS自体は
抑え気味の値段で買えたんだけど、それ以外の
特注品とか用意しなくちゃいけなかったから、
結局結構な出費になってしまったのは痛恨。
とはいえ、安心してPCを使える環境ってのは
僕にとってそれ以上の価値を感じるのも事実。
…なんで途上国に来てインドア派傾向が
日本にいたときより濃くなってるんだろう(爆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月20日

四号報告書は納めたが

提出が遅れに遅れていた四号報告書ですが、
調整員が大学の副学長に任期末の挨拶を行いに
近々やって来るということなので、焦って土日で
仕上げました。やればできるもんですねw

まあ、今回の報告書のハイライトは
カスタマイズ版NOPとそれを用いた
メンテナンス作業標準(実物)だったので、
それ以外の部分は全然軽かったというのは
否定できないわけですが(爆

…これは人それぞれ考え方があると
思うんですが、報告書って隊員にとって
唯一の成果物なんですよ、事務所に納めるべき。
だから、状況は芳しくありませんって感じの
報告書を納めちゃったら、後の人は僕を
芳しくない人としてしか見れないのかなと。
後に残るのは、記憶でなく記録ですからね。
となると、キラキラの報告書を作らないと、
この二年間が色々な意味で勿体無くなる。
そんな気しませんか?

でまあ、帰国までにもう一つ報告書を
作らないといけないわけですが、それまでに
きちんとキラキラした実績を残せるのか?
やるべきことは以下のように盛りだくさん。
 ・メンテナンス作業標準の英訳
 ・カスタマイズNOPのv4.1対応
 ・作業標準を使った同僚への技術移転
 ・配属先へのファイナルレポート提出
 ・ITセミナー(プレゼン&技術移転)
 ・事務所での最終報告会

隙を見てLPICとかIELTSも受けないとだし、
あー、最後まで遊んでる暇はないぞ(汗
頑張らなくちゃ、頑張らなくちゃ…!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月16日

干し魚生産最大の危機

不味いです。これは不味過ぎます…。
干し魚プロジェクトが始まって最大の危機が、
任期も残り僅かな今になって発生しました。

漁獲量の減少と燃料費の高騰が重なり、
漁に出ても採算が取れないという判断で、
漁協が休漁を決定してしまったのです。
原料の魚が獲れなくなったわけですから、
当然干し魚を作ることは不可能です…。

しかもタイミングが悪過ぎる。
アジスアベバの代理店と契約書を正式に
取り交わしたばかりなのに、ビジネスを
進めることができませんとか詐欺ですよ。
僕なら烈火の如く怒ります。しかも、
代理店さんは干し魚に注力するために
他のビジネスを蹴ってたのも知ってるし…。

何とか早期の漁の再開を望みますが、
それこそ彼らはボランティアで漁をしている
わけではないですから、採算が合わなければ
最悪漁場の放棄もあり得るわけで…。

あああ駄目だ。僕が動いて何とかなることなら
頑張って動くんだけど、動き方が分からない。
ピンチはチャンスって言うけど、このピンチは
どうやってチャンスに変えたら良いんだ?
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月12日

新?隊員がやってきた

バハルダールに更なる新隊員がやってきました。
一人任地の時期が長かったので、総勢四名にも
隊員数が膨れ上がるなんて隔世の感があります。

今回やってきたのは、観光業を担当する隊員と、
理数科教育を担当する隊員の二人。そして後者は
実は僕が面識のある先輩隊員で、エチオピアに
二度目の派遣となる強者です。現地語ペラペラw

で、家の手配に協力したり、活動サイトの一つに
なるであろう干し魚の漁村を紹介したり、
みんなでご飯を食べて情報交換をしたりってのが
行われたんですが、なんと理数科教育担当の彼は
僕の家の警備員室に住むことになっちゃいましたw

まあ、JICA事務所の安全チェック済みだし、
僕がいる間は家賃を払わなくて良いし、
賑やかなのも悪くないかなとは思うんですが、
それで良いんですが某Y隊員?w

エチオピア最後の三ヶ月、仕事と精神面の
ケアだけでも結構に大変そうだったんですが、
更にもう一波乱ありそうな感じですね。
いやあ、何でこんなに終盤荒れるかなあ(汗
…僕らしいっちゃ僕らしいのかもしれんけど(爆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年10月05日

季節が変わってました

バハルダールに戻ってきたわけですが、
アジスアベバにいた間に完璧に雨季が
終わってしまったようです。乾いてるし、
暑いし、空が高く青く広がっているし。

干し魚的には願ったり叶ったりですが、
もう僕にはエチオピアの雨季を味わうことが
できないんだなと思うと寂しくもあります。

雨が降った後の草の香り、身を包むような
優しい潤いを持った風、雨蛙の鳴く音、
赤土の大地が緑に染まっていく風景…。

美しいもの、美しいもの、僕に必要なもの。
僕を優しくしてくれて、ありがとう。
願わくは、あなたを感じられるときが、
再び訪れることを願います…!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年09月11日

新年もworkaholicです

新年明けましておめでとうございます!
…いや、今日はエチオピア暦で元旦なんです。
街は21世紀突入のお祝いで盛り上がっています。
が、僕は一人で家でパソコンの前ですw

エチオピア人その他外国人問わず、
僕は誘っても来ないと定着しているようで、
こういう祝日は絶好の仕事日和になりますw
開発とかドキュメントの仕事って、
没入できると各段に効率上がりますから。

そんな生き方で寂しくない?って聞かれたら、
僕はこう返したいですね。人生の大事な時間の
半分以上を捧げる仕事だから、それを楽しもうと
頑張っているだけ。それに、情だけの関係より、
何か形の見えるものを提供し合える関係の方が、
友達や大事な人と進行形の付き合いが可能かなと。

まあ、ぶっちゃけ寂しがり屋なんですよ。
人との縁は極力繋がったままにしておきたい。
そしたら、仕事はその維持の仕組みになった。
当然、仕事自身に対するこだわりもありますが。

当面の問題は、この考えの女の子ウケが
断トツに悪いことですな…。私生活に仕事を
持ち込むなと多方面からツッコミがあります(汗
うーん、僕だってLoveLoveはしたいんですがね…。

追記:
ちなみに、ここらへんを読むとICT畑の人は
仕事が楽しくなるかもしれません。
みんなで楽しく仕事に励もうw
 ・IT業界の仕事は素晴らしいと言える五つの理由
 ・IT戦士の作り方Googleキャッシュ
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年09月06日

第一次風乾燥施設完成

8月22日の日記の続編です。
扇風機、バハルダールで見つかりました!
で、風乾燥施設を作っちゃいました!
drying_space.jpg

これが効いたのかどうかは分からないけど、
今回の干し魚の乾燥は順調ですね。
代理店からお願いされてた納期は
余裕で守れそうです。良かった良かった。

しかし、干し魚の製造の改善を進めていくと、
どんどん日本の技術を取り入れていく感じに
なっているんですよ。風乾燥しかり。

干し魚メンバーは僕の持ってきた干し魚の
レシピなんかをJapanese Technologyと
喜んでいて、そこまで言っちゃう?なんて
思ったりしたんですが、日本が育ててきた
食品加工の術は、やっぱりTechnologyと
称するに相応しいレベルなのかもしれません。

…味や生産性を向上させようとすると、
自然とそこに行き着いちゃうわけですから。
いやはや、これは日本の底力ですなあ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年09月05日

お別れの予行練習的な

バハルダールに長期出張をしていた
ボランティアの女性が任期満了で
アジスアベバに戻るということで、
ささやかながら送別会を行うことになった。

せっかくなので僕は料理(回鍋肉、
野菜たっぷりのトマトチキンスープ、
ティラピアの塩辛)を作って参戦、
美味しいと喜んで貰えたので良かった。

お店が閉店するまでの間ずっと、
他愛もない話で盛り上がったわけだが、
こういう風に気楽に過ごせる友人が
バハルダールにいたというのは、
今思えば非常に素敵なことだったんだなと
改めて感じた。一匹狼な僕でもねw

事務所から帰国に向けての書類も貰ったし、
僕もあと少しで送り出される立場になる。
人生は出会いと別れの繰り返しとはいえ、
別れの瞬間はいつも哀しいものだ。
今回の別れは、哀しさに涙を見せないための
予行練習ってことだったのかなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年09月03日

思考の軟派化が著しい

何も仕事は終わってないんだけどさ、
色々と終わったから素直に酒を飲んでね。
苦しいうちの酒は悪酔いするし、
そもそも酒に失礼だから控えてたのよ。
でも今日の酒は抜群だったわ☆
浸れるってのは最高の肴なんだろう。

それから久しぶりに服を買いたくなって、
ファッション誌のWebを覗いてみたり。
日本にいた頃はMEN'S CLUBとか
Gainerを読んでいたんだけど、
ここを見ると女ウケ狙いのコンサバ系だ!
…というのが露呈してしまいましたw
個人的には品の良さとセクシーさの
両立ってのがテーマだったんだけど、
まあ結局モテこそ心髄だったのねw

更に、小腹が空いたので昼から作ってた
野菜の重ね煮にも手を出してみる。
本当は明後日の送別会に持っていく
料理の中間生成物だったんだけど、
非常に美味そうな香りがしてきたので、
欲望に従ってガッツリつまみ食いw
塩しか使ってないのに良い味でした。

いやあ、我ながら思考の軟派化が
著しい気がする今日この頃。
後はカジュアルに遊びだしたら、
過去に罹患してた軟派要素が一斉に
大復活って感じだな。…快楽主義者め。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年08月22日

品質の安定と乾燥設備

現在エチオピアは雨季真っ盛りなのですが、
そのせいで干し魚がなかなか乾きません。
乾燥が遅いと虫とかカビにやられる危険性が
高くなってしまうので、対応策が必要です。
ということで、GTZのバーバラさんに
これついてのアドバイスを貰いに行きました。

しかし、分かっていたことですが、
乾燥設備は高い! しかも場所を取る!
低予算&省スペースで頑張っている
我らが干し魚部隊には、採用できる案が
なかなか見つかりません(汗

仕方がないので、扇風機を干し魚の下に
置くという方向で様子を見ることに。
まあ、日本の鯵の開きなんかも機械干しだと
常温で風乾燥ですから、考え方的には
悪くないと思います。効果は未知数ですが…。

それから、バハルダールで干し魚の乾燥に
使えるような扇風機が見つかるかってのも
大きな問題ですな。こういうときは
地方都市の限界をさすがに感じますw

追記:
どうも、州のお役人が干し魚メンバーに
漁協からの独立&ローンの利用&店舗開設という
三点セットを実行するように暗躍している模様。
自分の関与実績を増やそうという魂胆でしょう。
経営の状況を見ずに無責任にそういうことを
しようとするんだから、非常に頭に来ます。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記@バハル

2008年08月17日

原料の購買と製造計画

アジスアベバで注文を貰った干し魚ですが、
量が量なので大急ぎで作る必要があります。
ということで、漁の関係で干し魚用の
バーバスが取れるのは若干後になって
しまいそうなのですが、先んじてその他の
材料を購入してしまうことにしました。

でもって、今回の製造計画を立てます。
一種類あたり15キロの生魚をタレに漬け込む
必要があり、若干のロスも見込んで生産を
しないといけないので、こんな感じかな?
 ・一日目に6キロ漬け込み
 ・二日目に6キロ漬け込み
 ・三日目に4キロ漬け込み

二日目以降は原料を追加してタレの量や
濃度を調整しないといけないけど、
干し魚メンバーにもこの勘所を掴んで
もらわないと今後が心配ですからね。
良い練習と思って彼らに任せてみます。
(もちろん、最後の味見はしますよw)

しかし、我ながら本当に干し魚屋だな…。
これをどうにか本業のITに繋げないと、
エチオピア生活の半分くらいが
キャリア的に無駄になってしまいそうだ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年08月05日

もうこりゃ職種変更ね

この記事を見て欲しいのだが、
エチオピアに島根県の古民家を移転する
計画が進んでいるそうだ。というか、
それ(と他もろもろ)を視察するために、
国会議員の一団がエチオピアに来て、
今日はバハルダールに宿泊するらしい。

で、協力隊の人達とも親睦を図りたい
とのことで夕食会が企画され、僕もそれに
参加することになった。昨日のこともあり
フォーマルな場に出るのに若干の不安が
あったのだけど…それはやはり的中した。

自己紹介で僕はIT隊員ですと言ったものの、
同席したJICAの偉い人から干し魚の件が
補足され、その後は干し魚の話ばかりで
ITの話題には全くならなかった…。
今や国内でも国外でもオフィシャルに
干し魚隊員になりましたな、僕は(汗

しかし、僕がこうやって会食に
参加している間、干し魚メンバーは
パッケージングをちゃんと進めて
くれているだろうか。本当だったら
彼らと一緒に作業をしたかったのだけど…。

追記:
彼らは僕なしでもパッケージングを
完遂してくれました。自分の仕事という
責任を持って、夜遅くまでもくもくと
作業をしてくれていたようです。素晴らしい!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年08月04日

手当てのない深夜残業

実は明後日からアジスアベバに行かなくちゃ
いけなくって、そのときに干し魚のサンプルも
ばら撒くことになっていたんですが、
全然パッケージングが進んでおらず(汗

今日頑張って100パッケージ作ったんですが、
まだ200パッケージ残ってるんですよ…。
しかも今回は食べ易い一口サイズに干し魚を
裁断しなくちゃいけないから、更に大変。
このままだと間違いなく作業終わらんね(死

仕方がないので残った干し魚を持ち帰り、
裁断作業を家でやることに。ああ、遂に
干し魚で深夜残業をすることになったか…。

結局、裁断作業が終わったのは午前3時。
気怠く静まり返った家の中に、
強烈な干し魚の匂いだけが漂っています。

しかし、明日(というか今日)
干し魚メンバーにちゃんとパッケージングを
完遂してもらえないと、この努力も水泡に
帰してしまうんですよね…。つ、綱渡り…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年08月03日

アドリブ英語スピーチ

エチオピア暦ではぼちぼち年末で、
千年に一度のミレニアムも終了な感じです。
で、どうやらその去り行くミレニアムを
祝うイベントが今日あるらしく、お誘いを
受けたので行ってみることにしました。

したら、なんかフォーマルなイベントで、
バハルダールに住む外国人代表みたいな人達が
偉そうな顔役の話を座って聞いてるんですわ。
そして、日本人は隊員である僕らだけ。
顔出して面白くなさそうだったら帰ろうと
思っていたけど、この状況は逃げられない(汗

結局僕らは日本代表みたいな感じにされ、
よく聞き取れない英語のスピーチを
延々聞かされることになったんですが、
ここで更なる問題が…。
「次は日本の方からのスピーチです。」
ちょw おまw まてwww

しかしここでスピーチを拒否すると、
バハルダールにおける日本人の印象が
激しく損なわれてしまいます。
…なんという孔明の罠でしょうか。

仕方がないのでない頭をフル動員して
アドリブでスピーチのネタを構築します。
どうやらバハルダールの自然とミレニアムを
関連付けたスピーチのようなので、
こんなことをしゃべることにしました。

「日本には地上に引かれた国境線が
ありません。日本は海に囲まれた国です。
なので、海の幸をよく食べます。
そして、バハルダールにはタナ湖という
素晴らしい湖があります。私たちはタナ湖で
取れた美味しい魚をしばしば賞味しています。
私はタナ湖の漁協で日本の技術を使った
干し魚の生産に関する仕事をしているのですが、
記念すべきミレニアムに日本とエチオピアを、
日本の海とタナ湖を繋げる仕事が与えられた
ことを誇りに思っています。」
ad-libbing.jpg

そしてフォーマルなイベントでありがちな
心の入っていない拍手。しかし、その拍手の
音量から判断するに、どうやら僕は最低限の
仕事は達成することができたようです。

それにしても、これで僕はますます
ITの人から干し魚の人になった気が…。
オフィシャルなイベントで職業干し魚って
宣言しちゃったわけだからなあ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月29日

明日の為に良く寝よう

ちょっと前まで毎日の眠りが浅くって、
朝起きても不快な状態が続くことが
多かったんだけど、最近はその状況が
かなり改善されてきました。

睡眠の質を改善するノウハウは以下のページに
分かり易くまとめられているのですが、
特に僕に効果覿面だったのは、夕方以降に
カフェインを取らないということ。
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080629/

緑茶・紅茶・コーヒーのどれも好きの僕には
結構痛手なんですが、仕事の効率を考えると
仕方ないですね。カフェインや酒で無理やり
頭を覚醒させて仕事をするより、すっきりと
目覚めた朝に仕事をする方が生産的なのは
自分でも分かってますからね。明日の元気を
前借りしてでも仕事しなきゃいけないって
本当はダメなんですよ。分かっちゃいます(汗

あと、毛布の枚数を増やしたのも効果的でした。
体を芯から温めるのがリラックスになるのかな?
微熱を出して寒気が取れなかったときに、
一念発起して古い毛布を引っ張り出したのが
良い方向に働いたようですw

ということで寝ます。おやすみなさい☆
明日も頑張って仕事するぞー!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月26日

これは末期でしょ常考

まあ、まずは下のニュースを。
 ・米金融当局、市場規制を強化
 ・米、空売り規制「全銘柄に」

自由の国アメリカが市場の動きを規制ですよ。
こういう規制って、本当ならアメリカ人が
一番嫌うものなはずなんだけど、
背に腹に変えられないってことでしょうか。

いやあ、もう既に終わっているのは
周知の事実なんですが、ここまで行くと
やっぱり寒気がしてきますね。
と、同時に、こういうときこそ仕込みの
タイミングなんでしょうな。

泡が弾けた後に堅調さが評価されるのは、
どんな企業なんでしょう。
ぼちぼち情報を集めないといけないなあ。
とはいえ、オリンピックが終わった後の
中国を狙う方が楽で良かったりしてw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月23日

雨音、虫音、秋の音?

どうも、エチオピアの大雨季というのは
日本の秋とイメージが近い気がします。
日本と違って紅葉や収穫の季節ではないけれど、
気温が下がるし、雨が降るし、虫が鳴くし。

そんなことを考えていると、
どうやら家に蟋蟀が入り込んだらしく、
さっきから大きな羽音が聞こえてきます。
これが雨の音と一緒になると、
日本人的には非常に懐かしい感じですね。
音のある、涼やかな、静寂な時間…。

せっかくなので、この音声を録ってみました。
が、何かただの雑音になってしまったような(汗
こういうのは、瞬間瞬間を楽しむのが
風情というものなのかもしれませんね。
タグ:郷愁 静寂 風情
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月22日

コンペ用サンプル完成

GTZのTaste of Amharaのプロジェクトで、
新規に開発された食料品のコンペが
開かれるらしい。で、我が干し魚チームにも
その参加依頼が届いておりました。

依頼ドキュメントに目を通すと、
コンペに出展する食料品は7月24日までに
提出することと書いてあり…って
あと二日しか残ってないじゃんかよ!

何か僕の人生万事こんな感じですが、
もう諦めるしかありません。
早速急ごしらえでサンプルを作ることに。

で、完成したのがこんな感じ。
写真を撮った人間の腕前がカスなので、
太陽光反射したりしてるのはご容赦(汗
左からガーリック味、バルバリ(唐辛子)味、
テリヤキ味のそれぞれサンプルです。
sample_jerky1.jpg sample_jerky2.jpg

ラベルが改良されキャッチーな感じになり、
包装ビニルが厚くなってチープさが消え、
中身が一口サイズになって食べ易さが向上。
ふふふ、我々の干し魚は日々進化するのだよw

製造面でも、中身を一口サイズにすることで
計量オーバーが防げることが分かり、
今後原価率の低減効果が期待できそうです。

本当に、後は残すところPRと営業ですね。
ここまで来たら、きちんとビジネスとして
干し魚プロジェクトを成立させないと、
メンバーのみんなが頑張り続けてる意味が
わけ分かんなくなっちゃう。正念場です!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月21日

仕事だけが不可の状況

どうも、朝から自転車を漕いでるだけで
よく分からない汗が出てくる。
喫茶店でPCに向かっていると、
テキメンに頭がクラクラしてくる。
昨日は停電で早く寝たし、疲れてるはずは
ないと思ったので、掌を額に当てると、
微熱があるっぽい感じだった。

食欲がないわけでもないし、
だるいっちゃだるいけど動けなくはない。
けど、仕事を進めようとすると、
気分の悪さが表に出てきてしまう。

このままベッドに倒れ込んでも眠れないし、
何もしないのも退屈なのに、仕事だけが
どうしても進められない。嫌な状況だ。

結局家に帰って横になったのだけど、
こういう無駄な一日って最悪だ。
もう少し症状が深刻だったら
諦めて死ぬんだけど、この程度で
仕事ができなくなるなんて軟弱じゃないか。
どこかで精神力の修行もするべきだな。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月18日

包装ゲットなんだけど

八月の隊員総会でアジスアベバに上がった際に、
干し魚の営業を進める必要があるので
(もう僕の任期半年切ってますからね…)、
代理店からMUSTと言われてた包装ビニルの
材質改善について動いてみました。

今までの包装ビニルだとちょっと薄くって、
干し魚が硬いせいで包装が痛み易かったんです。
で、厚手の包装ビニルを探してたんですが、
バハルダールではなかなか見つからなくて。
GTZに頼ってもダメ、漁協の人に頼ってもダメ、
役所に頼ってもダメ、大学に頼ってもダメ…。

とはいえ、これを解決できないと
代理店に動いてもらえなさそうなので、
意を決して僕自身が調達に乗り出します。
包装ビニルを扱っているキチンとした
店を探して、アジスアベバからの
取り寄せをお願いしようと思います。

そして、一軒目のお店に普通に厚手の
包装ビニルが置いてありました…っておい!
ここ数ヶ月悩んでたことが、所要一時間で
完全解決です。今までの情報って何だったんだ
という思いが力いっぱい沸いてきますw

いつもさあ、一人で動いて空回りでさあ、
物事を成すためには周りの力を上手く
使わなきゃって悩んでたんだけどさあ、
こっちの路線でも空回りってどうなのよ。
どうあがいても人生空回りですか。泣くぞ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月08日

バハルにも値上げの波

ここにきて、更にまた物価が上がっています。
特に、食料品と石油の値段が二割ほど
上がっている感じ。バハルダールは
他のところと比べて物価が安い印象が
あったのですが、今の物価はエチオピアに
僕が着いたばかりの頃のアジスアベバと
同じレベルになってますね。

首都は物価が高いから大変よねなんて
今までは調子ぶっこいていたんですが、
そんな余裕もなくなってきちゃいました。
…まあ、狂ったようにインターネットを
使ってなければ全然余裕なんですけど(爆

ちなみに、更に物価が上がったということを
感じている隊員は僕だけじゃなくて、
少なくとも他二名がブログでこのことに
言及しています。下にリンクを貼ってみます。
http://plaza.rakuten.co.jp/masaomu/diary/200807050000/
http://plaza.rakuten.co.jp/yuji5296/diary/200806280000/

で、石油と食料の値段が高騰してるのは、
おそらくアメリカの暗躍があるんですよ。
イラク戦争とバイオ燃料でエネルギー危機と
食糧危機が煽られて、資金が先物に流れ込む。
その資金を操っている投機筋はどこの人たち
かというと…言わずもがなですよね。
ある意味、巧妙なやり方と感心はします。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月07日

雹降る大雨季のバハル

最近、夜になると毎日のように雨が降ります。
とうとう本格的な大雨季に入ったようですね。
僕は干し魚を作る関係でちょくちょくタナ湖に
足を伸ばすわけなんですが、湖の水位が
びっくりするほど下がったまま戻らないのを
非常に心配していたので、ほっとしています。

…と思っていたら、外が尋常でない爆音に
なってきました。これ、雨の音じゃないです。
さすがに不審に思って外に出てみると、
金平糖を二周り大きくしたような雹が
ガツガツ降ってます。つか、当たって痛い!
hailstone.jpg

いやあ、こんなに大きな雹を見たのは
生まれて初めてです。しかもアフリカで
見ることになるなんて面白いものです。

しかし、農作物に影響を与えてなければ
良いんですけどね。雨の降らない小雨季を
乗り越えたと思ったら、雹で作物が被害を
受けたってなると、飢饉が更に深刻に
なってしまいますから。…天は無情です。
タグ: 大雨季 飢饉
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月03日

財布にガタが来ました

僕は重度の忘れ物体質であり、
かつ盗難に遭うのも怖かったので、
エチオピアでは財布にチェーンをしてました。
が、今日気付いたらチェーンが外れてる。

どうやら、チェーンを付けていた
財布のジッパー部分が欠けたようです。
これでは、もうチェーンをできません。
仕方がないので、新しい財布を買うことに。

しかし、なかなか財布が売ってないのね。
こっちの人はポケットに直接お金を
入れるからなのか、中央マーケットにも
全く財布が見当たりません。

途方にくれていると、街の兄ちゃんが一言。
「エチオピアでは靴屋に財布があるんだ。」
…こんなところまで独自の文化にせずとも(汗
で、実際に靴屋に財布が置いてました。

その後、店員と値引きバトルの末、
収納力のある革財布を75Birrで購入。
前の100円ショップのビニル財布に比べると、
かなりの出世を遂げた感じがします。
本当は財布の中身が出世して欲しいですがw

奥:一年半ありがとうなビニル財布
手前:今回靴屋で購入した革財布
wallets.jpg
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月02日

ビズアイユ係数の提唱

エンゲル係数ってあるじゃないですか。
家計に占める飲食費の割合みたいな。
これのインスパイアとして、
「家計に占めるネット接続費の割合」を
ビスアイユ係数として提案します。

いやね、月の生活費が約30,000円なのに、
今月の固定電話代&プロバイダ代の
合計が10,000円を超えていたのよ。
どんだけネットジャンキーかと…。

ネット接続時間を自動計測するアプリを
インストールしているので、恐る恐る
一日あたりの接続時間を計算してみると、
五時間という数字が出てきました。
うん、ワリとそんなもん(爆

ということで、ビズアイユ係数が
30%を超えた人は議論の余地なく
ネットジャンキーです!…と書いた後に、
先進国だと普通は常時接続という
今更な事実に気付いてしまいました(汗
提唱して三分でビズアイユ係数終了w
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年07月01日

計画停電ライフハック

度重なる計画停電にも最近は慣れました。
バハルダール全域が停電するわけではないので、
仕事をしたいときは電気を拝借できる
カフェに行って、紅茶を飲みながら
エレガントにThinkPadをいじってますw

家と違ってネットがあるわけじゃないので、
実は作業効率が良かったりもしますw
まあ、出向くまでが大変ではあるんだけど。
調子に乗って夜まで作業してると、
雨が降ってきて途方に暮れることになるし。
(ぼちぼち本格的な雨季に入ったのです。)

しかし、無線LANカフェまである
アジスアベバと違って、バハルダールで
モバイラーをやってるのは僕くらいの
ものみたいで、かなり注目の的にw
作業中は没頭してて周りのことなんか
気にならなくなるから別に良いんですが。

ちなみに、ガソリンの値段を考えると、
ジェネレータの利用は最終手段ですね。
紅茶で粘ってチップを多めに払った方が
全然安いというデータが出ました。
家でネットもOKなのは魅力なんだけど…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年06月27日

ブラック会社の中の人

『ブラック会社に勤めてるんだが、
もう俺は限界かもしれない』という、
ガテンIT系青春小説(?)にハマった。
http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/471521/
http://www30.atwiki.jp/blackmatome/

結構この職場はリアルですよ。
同じ業界にいた人間としては。
というか、周りはもっと酷かったもん。
IT経験なしの新卒が一ヶ月の技術研修で
客先に飛ばされて、月水金は徹夜の日
みたいな生活送ってましたからね…。
僕も三徹で100時間連続勤務とかあったし。

営業がおかしいみたいなコメントも
あったけど、下請けで仕事回されてたら
こんな感じじゃないかな。上の会社は
無理を下の会社に押し付けたいだけだから、
条件が合わなかったら違う所に出すよって
普通にありえるもの。前いた会社でも、
規定で人月単価が下がったから
文句言わずに従ってねみたいな
やりとりがあったそうだからね…。

それでも、モノを作るって楽しいのよ。
ロジックを構築するって楽しいのよ。
だから僕もこの主人公も普通(?)に
やっていけたんだと思う。僕の場合は
先に部署が潰れて終了だったけど、
もう一度ITの現場に戻りたかったりするし。

偽装請負とかサービス残業の常態化とか、
今の日本のIT業界には色々と問題があるけど、
仕事自体はエキサイティング…。
この小説(?)は、そんな光と影を
見事に描いた作品だと思います。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年06月26日

復活宣言を出してみる

さて、74日ぶりの日記ですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
この二ヶ月色々ありまして、
日記を書く気力が出ませんでした。

今もまだ色々あるんですが、
これ以上書かないと更新できなくなる
恐れが大なので、頑張って今日から
復活したいと思います。
しかし、全日程の更新が終わるのは
何時の日になるかなあ(汗

ともかく、更新を待っていた皆さん、
今まで申し訳ありませんでした。
今後とも宜しくお願い致します!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年04月27日

死の未来が見えてます

なんというか、忙しいときに限って
更に仕事が舞い込んでくるものなんですね…。
何が起こったかというと、バハルダールで
起業家を紹介するエキシビジョンである
起業家祭が開かれることになり、
我らが干し魚部隊もそれに参加することと
正式に決定したのです。

いや、参加すること自体は素晴らしいですよ。
でも、日程がバハルダール大学で開催する
ITセミナーの二日後からってタイト過ぎです(汗
同時並行で大規模イベントのロジってどうよ?

しかも、その後は殆ど休みなしで他開催地の
ITセミナーに参加するための出張が待っていて、
その間もボランティア活動報告書やITセミナー
報告書を仕上げないといけないわけで…。
僕、本気で過労死するかもしれん。

とりあえず、一つ確信を持って言えることは、
日記の更新はちょっとストップすると思います。
日々のネタは書き留めておくつもりだけど、
どれだけ実際の日記の形に整形できるかは
正直未知数です。本当は二年間毎日更新を
目標にしてたんだけど…これは忙し過ぎるって!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年04月26日

お祭り騒ぎの蚊帳の外

今日はファシカというお祭りだそうです。
ファシカとは、エチオピア正教のイースター。
キリストが復活した日のことですね。

しかし、僕にとっては淡々と続く勤務日の
一日でしかない現実。いやね、既に大学の中で
ビズアイユは誘っても来ないという話が
定着しちゃって、お呼ばれ対象じゃなくなってる
みたいなんですよ。仕事の邪魔が入らないし、
非常に気持ちも楽なんですが、やり過ぎたかもw

ということで、今も家でカップラーメン開けて、
ネットをやりながら麺をすすっています。
…日本にいるときと生活が変わってないよ(爆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年04月23日

ワークショップの設計

次週は僕の配属先であるバハルダール大学で
ITセミナーを開催します。今回のセミナーでは、
新しい取り組みとしてスタッフ交流の
ワークショップも行おうと思っています。

ITセミナーでは、隊員がそれぞれの配属先の
スタッフと交流することはできても、
スタッフ同士が交流することはできなかった。
でも、エチオピアのIT環境を良くしていく
主役は彼らスタッフたちなのだから、
彼らが仲良くなる方が有意義と考えたのです。

でもって、今回のワークショップのテーマは、
学内IT環境の問題とその解決策にする予定です。
それぞれの学校にいるエチオピア人スタッフと
日本人ボランティアが情報交換によって
問題意識を共有し、場合によっては他の学校で
稼動済みの解決策を真似ることができたなら、
とても活動の手助けとなるでしょうから。

ということで、これをきちんと文章にまとめて
みんなに協力を仰がねば。しかし、こういう
大事なときに限って停電&ネット不通ってのは、
僕の行いが悪い証拠なんでしょうか(泣
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

2008年04月22日

ITセミナー報告書作成

今回のITセミナーについては、
報告書の提出期限が個別のセミナー終了から
一週間後となってしまったので、
今日せっせと報告書の作成にあたってます。

今まで締め切りにルーズだった隊員にも
非があるんですが、移動日とか出張から
帰った後に溜めちゃった本業のことを考えると、
実質三日間くらいしか作業日がないんですよ。
せめて二週間後になってくれたなら、
土日をまるまる報告書に使えるのに…。

ま、とはいっても今は状況を受け入れる
しかないので、心を無にして作業を進めます。
こんなときに美味しいお酒があるのは
幸運でしたね。ストレスを洗い流せますw

で、日を跨いだ所で二開催分の報告書が完成。
いやはや、仕事に追われる生活って辛いです。
真のビジネスマンは仕事を作ったうえで
追っかけるものなんだけど、僕は全然だ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@バハル

Puppiest.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。