2008年10月31日

副学長へ任期満了挨拶

ボランティア調整員が大学にやってきました。
受け入れ責任者の副学長には、一足先に挨拶を
済ました方がバタバタしないという配慮です。

カウンターパートがいなくなったりとか
色々あって、かなり一匹狼でメンテナンスを
進めていたものだから、現場の評判は良くても
副学長までそれが伝わってないかもと
ドキドキしてたんですが、きちんと評価を
してもらえていたのでホッとしました。
これで、今回の二年間に胸が張れます。
admin_block.jpg VP_admin.jpg

それにしても、どんどん帰り支度が進みます。
帰りの旅程も決まったし、銀行に帰国経費も
振り込まれたみたいだし、同期には一足先に
活動を終えて首都に戻った人もいるし。
本当に、いよいよなんだなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年09月04日

前張りソリューション

久々に本業の大学ネタを一つ。
今日修理に行った所のコンピュータに
非常に革新的なソリューションが
施されていたので、それを紹介します。

この写真はそのソリューションの全貌を
捉えているんですが…気付けました?
fore_guy.jpg

ええ、日記のタイトルが答えですw
ウイルスが入ってくるインターフェース
(USBやFDD)を前張りしてあるんです。
侵入口を閉じれば当然ウイルス感染は
なくなるし、その方法は別に論理的じゃなく
物理的でも構わないわけなんですね。

この方法、僕はかなり賢いと思います。
だって実施に全然コストが掛からないもの。
腕の良いIT技術者はいらないし、
作業時間も15秒程度で済んじゃいますから。

むしろ、途上国で運用管理をする場合、
こういうアプローチを採用する方が
物事が上手に回るのかもしれないなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年07月04日

イケメンICT技師現る

久々に大学関連のネタなんですが、
ちゃんと仕事をしているということは
先に断っておきますねw

さて、大学にはELIPという部署があり、
(English Language Improvement Program)
そこではイギリスのボランティアの方が
5人ほど働いています。さすがに先進国から
来ているだけあって情報リテラシが高く、
彼/彼女らから仕事を依頼されることが
多いのですが、今日ELIPに行ってみると、
見慣れないイケメンがパソコンを触ってます。

話を聞くと、ELIPでICT技師を本国から
呼んだとのこと。大学でまともに
パソコンを修理できるのが僕くらい
という状況は良くないという理由で
増員要請を出していたらしい。
…すげーなイギリス。気合い入ってる。
現場の要請もちゃんと通るんですね。

で、そのイケメンが、仕事のできる
雰囲気なのが重ねて凄い。早速僕に、
「何故大学はアンチウイルスを
一本化しないんだ?」と尋ねてきます。
…確かにそっちの方が全然効率的なのよ。
色々な理由があって僕は断念したけど。

一日の長があり、細々としたメンテナンス
能力は僕の方が高いみたいなんですが、
イケメンかつ英語ネイティブかつ
エンジニア的思考のできるICT技師って
どう考えても僕よりレベル高いです。

いやあ、これから僕の立場は危ういです。
むしろ迅速に白旗揚げて魚に集中するか?
ここに来て本業に激動の展開が訪れるとは…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年04月25日

がっつりポスティング

ITセミナーに限らず、セミナーで一番重要なのは
動員なのではないかなと思います。ビジネス的に
考えると、いくら内向きの準備が上手くいっても、
お客さんが入らなかったら大赤字なわけですから。

ということで、頑張って広報に取り組みました。
告知のポスターを100枚ほど刷って、
学内の目ぼしい場所全てに貼り付けまくります。
また、仲の良い講師にはビラを配り、
授業で学生に配ってもらえるようにお願いします。

前回のITセミナーでは日時を英語表記で
書いたところ、学生たちはエチオピア時間でしか
ピンと来なかったのか、当日焦って集客を
しなくてはならないという事態になったので、
日時の表記は当然アムハラ語に修正しています。

うん、これでやれることはやったはず。
今日一日を全てこの作業に費やしたしね。
何とか努力が実ることを祈ります…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年04月24日

上司とセミナー段取り

ITセミナーを行うに当たっては、
配属先が協力してくれることが大切です。
僕らボランティアは外の人間だから、
施設を貸してもらうためには中の方に
手伝ってもらわないといけないし、
隊員一人で開催できる規模のイベントでは
ないですから、そういう意味でも
助けてもらわないと大変なことになります。

ただ、前回のITセミナーの実績があるのか、
今回のカウンターパートへの協力要請は
非常にすんなり行きました。
ワークショップに際して学内のIT施設を
見せるという段取りも了承してもらえました。
いやあ、計画通りのITセミナーにできそうで、
非常に良かったです。

当日も今日みたいにすんなり行けば良いけど、
さてどうなることか。アドリブが弱い
僕としては、イベントにはハプニングが
付き物とはいえ、大過なく進行させたいですw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年04月11日

計画停電は火曜と金曜

今度の5月4日に、他のIT系隊員を大学に呼んで
ITセミナーを行う計画を立てていたのですが、
その日は計画停電でパソコン使えませんなんて
事態になったら非常にアホみたいなので、
計画停電の予定を確認することにしました。

色々と聞き込みを行ったところ、
Maintenance Departmentの責任者が
情報を知っていると分かったので、
早速質問をしてみると、計画停電は
毎週火曜と木曜に予定されているとのこと。
5月4日は日曜なので、日程に問題なしですね。

しかし、この毎週火曜と木曜の計画停電って、
僕の家近辺の計画停電日と一緒のような。
家でパソコンが使えなくて、学校でも
パソコンが使えないって、僕は何も出来なく
なってしまうんですが(汗

最近やっと本格的な小雨季に入ったのか、
夜にかけてかなり強い雨が降るので、
この調子で水力発電量が安定して欲しいです。
停電はやっぱり起こらない方が嬉しいので…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年03月28日

休みを取るのは大変だ

5月末からのザンビア&タンザニア旅行の
休みを取るために、休暇願いを書いてたり
したんですが、ボスがなかなか受け取って
くれなかったんですよ。休みなぞ許さん
ということではなく、単純に面倒臭がって
話を後回しにされてたんですね。

で、ボスが暇なときを見計らって話を
持って行ったら、今度は暇ゆえに俺の家に
遊びに来いという話になり、休暇願いの
他にも色々と頼んだのも仇となって
それを断れなくなってしまいました(汗

まあ、プライベートでしか聞けない情報も
仕入れられて、収穫はあったんですが、
エチオピア人の家に行くと、チャットを
やらされるか、しこたま食わされるか、
しこたま飲まされるかの三択なので、
次の日に響いちゃうんですよね…。

どれがどうなったとは言いませんが、
家に帰ってくると実際悪酔いな感じで、
明日の仕事は捗らないこと確定だ(泣
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年02月21日

userinit影分身の術

大学でメンテナンスの仕事をしていて、
久しぶりに技術的なポカをやらかしました。
ウイルス駆除をしてWindowsを再起動したら、
logon-logoffループに陥っちゃった…。

これって、ログイン設定を管理する
サービスを呼び出すレジストリエントリが
ウイルスの呼び出しに書き換えられているのに
関わらず、そのウイルスを駆除した後に
レジストリを修正しなかった場合に
起こる現象なんですよ。なので、ウイルスを
駆除したら必ず該当レジストリエントリを
確認する必要があるんですが、急いでいたので
ほったらかしてしまったんですよね。
最近、この手の挙動をするウイルスに
当たってなかったから、油断してました(汗

で、当然のようにクレームが入ったので、
復旧を試みることに。いつもならLiveCDの
ファイルマネージャを使い、システムの復元に
残っているヘルシーなレジストリの実体
(ハイブファイル)で今のレジストリを
サクッと上書きすることで復旧できるんですが、
今回のマシンシステムの復元機能が無効に
されててヘルシーなレジストリが残ってません。
…うわあ、これ、手も足も出ない系?

しかし、ここで諦めたらまた僕の責任問題です。
全くメンテナンス屋は辛いよと思いつつ、
必死で解決策を考えます。とりあえずLiveCDの
chntpwレジストリエディタで外部から
レジストリを弄れたら何とかなるかなと思い、
コマンドを叩いてみましたが、レジストリの
ツリー構造がregeditのものと全然違って
いたので修正対象のエントリが見つからない。
仕方が無いのでハイブファイルをコピーして
僕のマシンから開けないか試したものの、
どのレジストリエディタもデフォルトの
場所にあるハイブファイルしか読んでくれない。

きゃー、これはツライわー。
レジストリを修正できなかったら
問題は解決しないじゃないか…ん?

どうやら僕は問題の設定を間違えていたかも
しれません。いま解決すべき問題は、
レジストリを修正することではなく、
logon-logoffループから脱出すること。
であれば、書き換わったエントリの方に
サービスの実行ファイルの場所を合わせて
しまうのもありなのかもしれません。
早速"C:\WINDOWS\system32\userinit.exe"を
ウイルスのあった場所にコピーして、
"C:\Recycled\svchost.exe"にリネームします。
そして再起動をすると、ループから脱出成功!
やったー、これで僕の首は繋がったぞw

いやあ、「発想を逆転させるのよ」とは
良く言ったものです。残念ながら最新作は
かなりガッカリなデキでしたが(謎
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年02月20日

二回目はラクチンです

今期も大学に他の日本人ボランティアを招いて
ICTセミナーを開催しようと思っています。
なので、その企画書を関係者に渡しました。

さすがに二度目ともなると話がスムーズで、
即会場や日程を押さえることができました。

他の学校のセミナーに同僚を連れて行く件は、
残念ながら予算を握ってる人が出張のため、
きちんとした答えは引き出せませんでしたが、
ワリと前向きに話を出来そうな雰囲気です。

まあ、意思決定者の一声で状況なんて
一気に引っ繰り返ってしまうものなので、
楽観は禁物ですけどね。

さて、セミナー用のプレゼン資料も
ぼちぼち完成させないないとなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年02月12日

CDライブラリを作った

今日は久々に前向きな仕事のエントリです。
本当はこういうエントリが増えないと
ダメですよね。のっけから反省(汗

で、何をやったかというと、
学校に散らばってるアプリケーションの
インストールCDを集めて複製し、
それらを一箇所にまとめました。

僕は作業道具一式をきちんとまとめて
仕事に望んでいるので特に問題は
なかったんですが、他のスタッフは
そういうことをしていなかったため、
度々僕にCDをねだってきていたんです。

こういうことが起こるということは、
学校でCDを管理していないという証明で、
これじゃダメダメですよね。なので、
気付いた者が率先するということで、
ライブラリを作って学校のサーバ室に
保管するようにしたわけです。

地味だけど、こういう管理系のタスクは
積み重なると仕事の効率が上がるから、
きちんとやっておかないといけないよね。
…と、今までの自分を攻撃するテストw

んー、まだまだ頑張れるし、頑張らないと。
後任の隊員に負けないようにしなくちゃ☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年02月08日

トラブルは複合して…

なんとも嬉しいことに、例の新人
大学の講堂を借り切ってICTの講義を
企画しているんですよ。彼は専任の
講師ではないですが、過去の隊員が
バハルダール大学で行っていた
自主ゼミに感動して、同じことを
自分がやろうとしているんですね。

いやあ、素晴らしい。
素晴らしいついでに僕も一つ
彼の力になろうと頑張ったんですが、
こんなときに限ってトラブルが…。

講義のプレゼン用にパワーポイントの
資料を作ったんですが、その説明を
行うための書き物を印刷しようと
ビジネスセンターに行くと、
印刷用のパソコンが派手にウイルスに
やられてしまっていたんですよ。

それで、ついアンチウイルスの
インストールを手伝ってしまったところ、
事態が大変なことに。どうやらWindowsの
システムファイルやプログラムに
感染するウイルスも入っていたようで、
ウイルス駆除の結果、そのパソコンは
セーフモードでしか起動しなくなりました(汗

もうどうしようもなくなって、
LiveCDでデータを別パーティションに
退避させてOSを再インストールするしか
なくなってしまい、気付いたら午後3時過ぎ。

午後4時から講義と聞いていたので、
こりゃ準備とか考えるとギリギリの
到着になっちゃうなあと思いつつ
大学に行ってみると…。
あれ、もう講義始まってるじゃん!

何事かと、回りの人の話を聞いてみると、
黒人開放のキング牧師の知り合いが
大学を訪れたらしく、その人の講話が
午後4時からの開始になった関係で、
ICTの講義は午後2時から始められたとのこと。
…えええええええー!

これって手伝うって言っておきながら
ドタキャンみたいな展開になってるよ。
今後の人間関係にヒビが入っちゃうよ。
うわわわわわわ(滝汗

実際、講堂に入ってみると、
約200人くらいの聴衆が新人さんの
講義を熱心に聴いています。
この時点で時間は午後3時50分。
きっと彼は僕がいないことで、
内容を引き伸ばして必死にプレゼンを
していたのでしょう。気まず過ぎる(死

今後どうやって立場を取り繕おうか…。
そんなことを考えながら彼のプレゼンを
おぼろげに聞いていると、いきなり、
「次のプレゼンはビズアイユからです!」
という謎のネタ振りが。

ちょ、おま、いつ僕を発見した?
てか、午後4時から次のイベントが
あるって話なのに、ここで振るのかよ!
しかも、なんか拍手が起こり出して
逃げられない雰囲気になってるし(血涙

結局、アドリブを総動員して5分で
プレゼンを終わらせたわけですが、
こんなショボショボのプレゼンを
大勢の前でやらないといけないなんて
最高の羞恥プレイでした。死にてー。

最近は全然トラブルに見舞われることは
なかったんですけどね、今日は一気に
デカイのが立て続けでしたよ。ただ、
どうやら新人の彼の顔を潰したことには
ならなかったようで、それだけは救いでした。
彼を敵に回してしまったら、今後の活動が
著しく制限されるところだったんで…。

…今日は本当に疲れたよ。願わくは、
この手のトラブルはもう勘弁だわ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2008年01月22日

期待の新人ついに現る

今日はアワサ&ラリベラ遠征後の
職場復帰日です。一応ICT系隊員の
僕としては、こっちの隊員活動で
成果を上げないとダメダメなんで、
ちょっと気合いを入れなおして通勤。

で、職場に着くと見慣れぬスタッフが一名。
話を聞いてみると、ICTラボの管理者とのこと。
おお、遂にスタッフが増員されたんだ!
Shmele.jpg

しかも、彼は僕の前任の隊員の講義を受け、
コンピュータスキルを高めていった
元学生であったことも判明。
そんなこんなで彼は僕にも非常に協力的で、
今後はICTラボの環境整備や自主ゼミの開講や
メンテナンスで協業していこうという
流れになりました。うーん頼りになる!

教え子が後に繋がっているって素敵だわー。
前任者の偉大さを改めて感じました。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年12月01日

どの大学もエチオピア

アジスアベバ大学の経済学部に留学していた
日本の友人から誕生日メールが届いたので、
返信がてらアジスアベバ大学の実際を
聞いてみたのだけど、結構ツラかったです。

彼から返ってきたメールの中で
ツラかった部分を以下に抜き出すと…

 ・現実の経済に即した授業は皆無
  →理論をひたすらに勉強
  →教科書以上のことは学んでいない
  →優秀な先生は欧米の大学に行ってしまう
  →日本の教科書で独学する方が効果的
 ・日本の大学のようにゼミ、研究室はない
  →専門を勉強してる学部生はゼロ
 ・科目の選択肢はなく、全部必修
 ・外国人は1単位125ドル(高い!)

で、結論としては、「途上国のエリートや
大学事情を知るため以外に通う理由はない」
とバッサリまとめられていました。

JICAの長期研修制度では途上国での研修も
奨められているんですが、これを聞くと
やっぱり欧米の大学に行かなきゃなって
感じちゃいますよね。まあ大学院になると
事情は違ってくるのかもしれませんが。

しかし、ICT教育のカリキュラムには
問題があると広域研修では結論付けたけど、
経済学部でも似たような問題があるってことは、
エチオピアの教育システムそのものにこそ
問題があるのかもしれませんな。
いやはや、敵は強大なりよ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年11月20日

大学じゃ仕事できない

久々に大学に仕事に出たのですが、ダメですね。
大学に行くと完全にマンパワーな仕事しか
できないですわ。PCメンテナンスの繰り返し。
そして気が付いたら夕方って感じで。

メンテ要員の増員も、ブロードバンドの導入も
全然進んでないから、今まで通り非効率な
巡回メンテをせざるを得ないんですよね…。

ある程度マンパワー的な部分を求められるのも
分からないではないし、それを拒否するのも
違うとは思うんだけど、IT広域研修の
フィードバックみたいな建設的なタスクに
取り掛かる余裕がなくなっちゃうのは
やり過ぎでしょう、きっと。

ってことで、早急にこの状況は何とかして、
家でヒキコモリと化せる時間を作んなきゃw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年09月19日

ファンブル続きの一日

ミレニアム週間も終わり、
今週からはしっかり仕事するぞと
やる気を出していたものの、
今日はそのやる気が物凄い勢いで空回り…。
こういうのってダメージ大きいわ(汗

アポの時間に人がいない。
仕方なくメンテに行った先でツールを
忘れたのに気付いて取りに戻ったら
部屋がロックされてて回収不能。
そんなときに限ってメンテの電話が
立て続けに舞い込んでくる。
しょうがないのでIT系の友人の所に
ツールを借りに行こうと思ったら
自転車がパンクしている。
仕方ないので歩いて街に出たところ
移動時間がかかったせいで通り雨に降られる。
泣きそうになって雨の中大学まで戻ったのに
スタッフはもう帰っている…。

これなんてピンゾロ?
それとも悪運と空回りの自動発動スキルが
このタイミングで来ちゃったかしら?
何にしろ、MPをごそっと削られました…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年08月01日

調整員も怒ります

いや、僕に対してじゃないですよ。
僕のカウンターパートにです。

稲作地帯の視察に随伴していた
ボランティア調整員の方が、
今日は僕の赴任先のバハルダール大学に
やってきてくれたのです。
新しいボランティアの要請を出したいという
カウンターパートに対し、説明を行って
くれるという話になったんです。

で、僕がカウンターパートを呼んで、
関係者が全員揃ったのですが、
その後が非常にお粗末だった(汗
カウンターパートが人の話を聞かずに
しゃべりまくるんだわ。で、質問には
的を射た答えを返さず、一人と言わず
三人くらいボランティアを入れてくれとか、
二週間後にはこっちに遣して欲しいとか、
無茶苦茶なことを延々言いまくり。
ちょっと待てと話を止めようとしても、
気にせずしゃべるしゃべる…。

うん、僕も切れそうだったんですが、
先に調整員の方が切れました。
人の話を聞けと。ボランティアの要請を
軽く見るんじゃないと。すいません、
まったくもってその通りです。

結局、こういうこともあり、
この日は適切な情報交換が
出来ないままタイムアップとなりました。
カウンターパートがあんまり
頼れない人ってのも分かってしまったし、
今後の展開に暗雲が…。つらいっす(泣
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月27日

HDDのせいだったのか…

24日のエントリで書いた、
外付けHDDを認識してくれない理由が判明。
Ghostのドライバは僕の外付けHDDには
対応してなかった(爆
記事その1

つまり、僕の外付けHDDのUSBコントローラと、
Ghostのドライバに互換性がなかったのね。
…ちくしょう、何て根本的なハマリなんだ(汗

仕方がないので別の方法を考える。
僕が持つ怪しげなロシア製のWindowsは、
CDブート可能なので、それを使って
必要なドキュメント以外のファイルを削除。
で、HDDの使用領域が2GBを切ったところで、
おとなしくUSBフラッシュ上にクローン作成。
あっけなくデータの抜き出し成功。

成功したのは良いけど、僕の胸には
一抹の虚しさが…。徒労って
こういうことを言うんでしょうね。

なお、Ghostには他にも色々と
落とし穴があるので、注意されたし。
記事その2
記事その3

っていうか、ロシアンWindowsまで
使ってしまったなら、ファイルを一つの
ディレクトリにまとめて、NTFSDOSかまして
XCOPYでぶっこ抜いても良かったな…。
記事その4
記事その5
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月24日

何故認識しないのだ…

学長のノートパソコンが起動しなったのだが、
中には大事なデータが取り残されていたため、
データを取り出してからOSを取り出すよう、
ICT Support Centerに依頼が入っていた。

さくっとOS入れ直してファイル取り出しじゃ
ダメなのと聞くと、万が一データが消えたら
君は責任が取れるのかと聞いてきた。
…こういう物言いするのが、エチオピア人に
腹が立つ部分ではあるんだけど、
以前大ポカをやらかしたことがあるので
強くも出れない。まあ、面倒臭いけど、
先にデータを取り出す方法を試すことにする。

以前さんざん取り上げていたGhostを使うと、
Adminのパスワードが分からなくても、
OSが起動できなくても、DOSからHDDの
クローンを作れてしまいます。なので、
DOSにUSBを認識させて、外付けHDDを
クローンの保存先にすると、簡単に全ての
データを抜き出すことができます。
(…悪用厳禁ね☆)

で、その方法を試みたんですが、
何回やっても外付けHDDを認識してくれない。
USBフラッシュメモリは認識してくれるのに…。

と、悪戦苦闘しているうちに夕方に
なってしまい、今日はタイムオーバー。
くそう、この借りは必ず返す!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月20日

隊員要請の方向性

そもそも僕はICTの講師となるべく
この大学に来てるはずなんですよね。
なのに、今やAcademicなことは全くしていません。
とはいえ、新規の要請より継続の要請の方が
審査が通り易いという事実があるから、
これを取り下げさせるのは勿体無い。

ということで、Academic側の要請は継続させつつ、
Admin側に新規の要請を出させるという方向を
模索することにしました。Admin側の要請が
通らなかったとしても、今みたいにAcademicの
要請で来た隊員がAdminの仕事をすることも
出来るし、両方要請が通れば、きちんと
分業が可能になるでしょうからね。

そんなこんなで、そういう話を
カウンターパートに振ったところ、
ぜひAdmin側でも要請を出そうじゃないか
ということに。ちょうど月末に、JICAの
専門家と一緒にボランティア調整員も
バハルダールに来られるということで、
新規要請についてのガイダンスを受けるにも
ちょうど良かったですしね。

しかし、隊員がこういう調整をするのって、
本来的には望ましくないよね。
要請にミスマッチがあるって証拠だからね…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月18日

今日も会議のはずが…

雨のせいか人が集まってきません。
まあ、こんなものなんでしょうね(汗
20分ほど待ちましたが、音沙汰がないので
別の仕事をすることにします。
もしICT Development Officeが出来たとして、
行うべきタスクは何か考えることにしました。

ちょっと日記に転記するのは億劫なので、
考えた結果のpptファイルへのリンクを
貼ってみることにしますね。
http://sasurahi.up.seesaa.net/docs/BDUICT.ppt

やるべきことはたくさんあるなあ。
これだけやるべきことがあるのに、
このペースで物事を進めてて良いのかなあ…。
色々と不安になりますが、
一人だけで進められることでもないしね。
僕は僕でやれることを淡々とやるしかないか…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月16日

ICT改善会議初回

ということで、皆で集まってみました。
今回はICT Development Office設立の意義に
ついての確認と、ICT Development Officeの
組織構造についての議論が行われました。

で、皆さん大学のICT運用の体制が
全く十分でなく、今よりも強力な
ICT部門を早急に作らなくてはいけないと
認識しておられたので、意義の確認は
恐らく5分程度であっさり終了w
組織構造についての議論に移りました。

現在あるICT部門は、Support Centerという
位置づけで、Adminの副学長がコントロール
しているのですが、これだとAcademicを
合わせた全体的なICT活用が出来ないし、
そもそも担当が僕を含めて二人しかいない(苦笑

ということで、学長直轄の戦略組織として、
ICT Development Officeを位置づけようと
決まりました。そのうえで、下部組織として
ICT戦略策定とICT人材開発を担当するDepartment、
ネットワークやセキュリティやメンテナンスを
担当するDepartment、ソフトウエア開発や
システム化を担当するDepartmentを作ろうという
方向性で議論は収束していきました。

しかし、ウチの大学にそんなDepartmentを
切り盛りできるような人材はいるんだろうか。
そういう人材がいれば、今みたいな混沌とした
学内ICT環境が放置されてるはずないからね。
と、思ってたら、しっかり僕に、
「JICAから人的支援頼めないかな☆」と
話が振られてきましたw

今日はこんなところでしたが、
ううむ、色々考えたり動いたりしなくちゃ
いけないことが増えた感じだなあ。
各Departmentの今後のタスクの洗い出しとか、
スタッフに必要な技術の移転とか、
人材をJICAに掛け合ってみることも
とりあえずやってみなきゃいけない空気だし…。

いやあ、ますますワーカホリックな傾向が
強まりそうな気がしてきた一日となりましたw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月12日

ICT Departmentを作ろう

…という話がついに進み出したようだ。
まあ、これだけPCがあって、これだけ
トラブルだらけの状況だったのに、
専任のPC担当が僕とあと一人だけってのが
そもそもおかしかったわけだけど。

ともあれ、上が動き出したのは
素直に喜ぶべきこと。ボランティアとして、
現場を知る技術者として、最大限の貢献を
したいと思います。できれば、この大学に
僕がいるうちに、形になって欲しいな。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月05日

改めて砂漠の中に

現場に戻ると毎日がメンテナンスです。
そしていくらメンテナンスしても、
トラブルを抱えたPCの数は減りません。
まあ、1000人超の学内スタッフに、
メンテナンス要員が私も含めて2人しか
いなけりゃ、当然追いつかないわけで(汗

そんな状況なので、断らなければ
際限なく仕事が振ってきます。
仕事があるってのはありがたいことだけど、
こういう目先の仕事に追われ過ぎると、
大切な仕事をする時間が失われるわけで。
特にボランティア報告書の作成とか(爆

いや、それだけじゃなくて、
メンテナンスの負荷を減らしたり、
トラブルの発生率を下げる仕組みを
作ろうとする仕事もできてないんだけど、
まずはJICA内の自分の立場を守らないと(汗

ということで、明日からの三日間は
ボランティア報告書の作成に集中したかったので、
今日はできる限り多くメンテナンスをしようと
頑張っていました。が、21時まで頑張っても
6台しか捌けなかったなあ…

ITセミナーも終わったし、
ボランティア報告書を書き終わったら、
本腰入れて仕組み作りの仕事に取り掛もう。
でないと、この砂漠に水を撒く感じが
ずっと続いてしまいそうだ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年07月04日

大学の情報収集

もうぼちぼち本当にヤバイので、
ボランティア報告書を書くための
色々な情報収集を意図的に行いました。

毎日普通に働いていると、
報告書に載せないといけないような
情報にアクセスする機会なんて出ないもので、
それが原因で執筆が進んでなかったのよね。
まあ100%言い訳ではあるけどさ(汗

幸運にも今日は管理部門でPCメンテナンスの
仕事をできるから、この機に乗じねば。
聞かなくちゃいけないことは、以下。
 ・大学のミッション
 ・大学の組織構成
 ・大学の予算状況
 ・大学の援助受入実績
うん、フィールドで動いている私には
やっぱり縁遠い項目ですw

で、結論としては案外簡単に情報貰えちゃった。
メンテナンスと情報提供をバーターにかけたら、
たぶん部外秘の資料をコピーしてもらえたw
それだけメンテナンスの価値が高いということは、
逆に大学のメンテナンス要員の貧弱さも表すので、
あまり手放しにも喜べないんだけど、
今はそんなことを言ってる場合じゃないしな。
これを元にガリガリ報告書作らなきゃ…!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年06月29日

サーバルーム侵入

いや、本当に忍び込んだわけじゃないですよw
きちんと責任者を捕まえて入ったんで。

最近は現場でのメンテ作業に追われて
全く管理の仕事が出来ていなかったので、
現場のことはすっ飛ばして、
管理の仕事に集中しようと思ったのです。
何かね、今の私のやり方だと、
サラ金で借りた金の利息だけ
払い続けてるような感じだったから…。
メンテしてもメンテしてもキリがない!

で、ITセミナーの全工程が終了して
一息ついたのもあるので、新しいテーマに
取り掛かろうとしているわけです。
それが、DHCPサーバとファイルサーバの構築。
となると、サーバルームに行かなくちゃ
始まりませんからね。

バサッと説明すると、DHCPはネットワークの
設定を簡単にする仕組みで、これによって
ネットワーク上のPCの管理を省力化しようと
企んでます。ていうか、むしろ今まで誰も
そんな管理をしてなかったから、後付けで
DHCPサーバを構築して、問題の収拾を図ろうという
何ともお粗末な話なんですが(汗

それから、ファイルサーバを構築すると、
ネットワーク上の全てのPCからファイルサーバの
中身のファイルを参照できるようになるんですが、
これを使えばウイルス駆除ソフトとか
その更新ファイルを簡単にばら撒けるかなと。
今までは訪問形式でウイルス駆除に当たってたけど、
本当にキリがなかったんで、自分で駆除してって
方針に転換することにしました。

今日はとりあえず、作業の前に
サーバルームの状況を確認したいということで、
実際の作業は行わなかったんですが、
こちらの要望に賛成してくれて、
サーバルームに入らせてもらっただけでも
大きな一歩です。さあ、作業計画書とか書いて、
ばりばりセッティングを進めていくぞー!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年06月10日

私のITセミナー当日

ついに、私の任地でのITセミナーの日が
やってきました。幹事としてキッチリと
セミナーを取り仕切ることが出来るか、
実力が試されます。

会場の準備や必要なソフトウエアの準備は、
昨日から行っていたし、万全を期して
先輩隊員たちを迎え入れます。

が、早々にトラブルが。
MovieMakerのバージョンが古い、
GoogleEarthが動かない、
GhostのCDが読み込まれない…。
いきなり三つ同時に発生です。
なんたることだ(汗

とはいえ、ここで焦ってもしょうがない。
一つずつ対応をしていきます。
MovieMakerのバージョンが古い件に関しては、
Ghostで使う予定だったPCに新バージョンが
インストールされていたため、
そのPCを新たに割り当てることで解決。
これによってGhost用のPCが不足しましたが、
プレゼンの項目をGhostからMobile Computingに
変更することで何とかします。
GhostのCDが読み込まれない問題も、
これで一緒に解決しました。

GoogleEarthが動かない件に関しては、
ネットワーク上のプロキシサーバが
悪さをしているのではと推定、
LANから外してダイアルアップで
直でネットに繋げてみると…解決。
以前Gmailで同様のトラブルに
遭った経験がズバリ活きました。

そうこうしているうちに開場の時間に。
しかし、学生があまり入ってこない。
あれだけビラを配ったのに何故?
と、同僚のエチオピア人の講師が
声をかけてきます。
「学生達は時間が分かってないのかも。」
あああぁー、そういうことか!
そうなのです。僕の作ったビラでは
セミナーの時間を国際時表示にしていました。
ちゃんとAMとPMを付けたし、相手は大学生だし、
エチオピア時間ではないと分かってくれると
思っていましたが、そんなことはなかった(汗

愕然としますが、このままではジリ貧です。
急いでビラの原版を持ってコピー屋に走り、
100枚ほどビラを増刷し、道を歩く学生に
配りまくることにしました。
ナンパで培った数打ちゃ当たる精神を
復活させ、約20分でビラ配り終了。
キン肉マン並みの火事場のクソ力ですw

そして開場に戻ると、それなりの数の
学生が集まりだしていて一安心。
先輩隊員たちや同僚のプレゼンブースは
しっかりと人で埋まっています。

間を繋いでくれた同僚に感謝し、
今度は僕のプレゼンの番です。
二週間前にナザレットでやった内容なので、
特に問題なく発表を出来ました。
今回も良い反応を得られたので、
プレゼンターとしての仕事も果たせたようです。
20070610_1.jpg 20070610_2.jpg
20070610_3.jpg 20070610_4.jpg

ということで、どうにか大過なく
ITセミナーの幹事を勤めることが出来ました。
午後の開場の際、鍵をオフィスに置き忘れ、
15分ほど皆を待ちぼうけさせるという
失敗をしてしまったのはいただけませんが、
それ以外はワリとスムーズかつ賑やかに
セミナーを運営することが出来たと思います。
色々ギリギリな面はありましたけどねw

で、セミナーが終わった後、同僚を交えて、
隊員達とホテルで打ち上げをしたのですが、
この打ち上げのビールがウマかったなあ。
やっぱり仕事の後の酒は格別ですね☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年06月09日

これは立ち見っすね

副学長がまだ出張中です。
うーむ、ビラの件はともかく、
会場に他の場所から椅子を運び込むのは、
さすがに独断でやっちゃうと問題でしょう。
今回のセミナーは立ち見かー。

まあ、立ち見で行ったセミナーも
幾つかあったし、準備と片付けが
楽になったと前向きに考えよう。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年06月07日

チラシ乱れ撃ち

先輩隊員に聞いたところ、
やはり相当集客を頑張らないと、
ITセミナーに人が集まらないそうなので、
学生にチラシをばら撒くことを決行。
こんなチラシ

本当は副学長に許可から許可を受けたかったけど、
いつまで経っても出張から帰ってこないので、
仕方なく事後報告で済ますことにした。
何かトラブルがあると怖いけど、
JICAの予算を使って各地から先輩隊員を呼んだのに、
人は全然入ってませんってことになると、
もう失礼千万ですからね。
無駄遣いでODAの評判も悪くなります。

ということで、250枚ほど自費でチラシをコピーし、
学内各所の掲示板にポスティング。
行き交う学生にも笑顔でチラシを配布。
一日で全部チラシをばら撒いたぜ。

さあ、3日後のお客さんの入りに
この行動がどう反映されるか?
そして副学長からは怒られずに済むのか?
色々とドキドキしてきますねw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年06月06日

梅構成の誤り

GHOSTプロジェクトの進行が滞っています。
入れ替え元のシステムディスクには
WindowsとOfficeと最低限のアプリが入っていれば
仕事には差し支えないということだったのですが、
実際はそれじゃ全然ダメだった(汗

ほとんどの講師が追加で統計ソフトやら
GISソフトやらEncartaやら入れてるんですよ。
で、それがないと仕事にならないから
総とっかえは困ると言ってくる。

彼らの言う環境に整えるのは一苦労だし、
そもそも彼ら自身がアプリケーションのCDを
持っていないことが多いから、
それらを調達しなくちゃいけなくなる。

面倒だからといってウイルス駆除ソフトだけを
インストールしようとしても、それはそれで
OSが壮絶にウイルスにやられてるから、
一筋縄では上手く行かなくて時間がかかる。

もう一度最初からGHOSTのCD作り直すかな。
そっちの方が話が早く済むのかもしれない。
それか、ブロードバンドに繋ぎたいなら
それ以外は諦めろと強く出るかだなあ。
とはいえ、3ヶ月経った今でも、
ブロードバンドが引かれる気配は全くないから、
とりあえずは前者しか選べないか…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年05月17日

メモリふきふき

突然、うんともすんとも言わなくなる
PCが大学の中には多いんですよ。
正常なモニタに繋いでも情報が映らなくなるもんで、
ハードウエアの故障とまでは
以前から認識していたんですが、
そこから先の識別が出来なかったもんで、
そういったPCは今までは放置してました。

しかし、ある一台のPCが、
僕がGhost作業を行った後に
そんな感じになってしまったので、
放置するわけにはいかなくなってしまいました。
トラブルを自分のせいにされるのは不愉快ですから。

で、PCから出るBeep音とかLEDの点滅パターンを、
リファレンス引きながら丹念にチェックしてみると、
どうもメモリエラーらしきことが判明。
とりあえず、接触が悪くなってる可能性があるので、
何回か抜き差しを繰り返してみたけど、NG。
うーん、メモリ交換しないと駄目かなぁ
とはいえ、替えのメモリなんて簡単には用意出来ません。

と、ここで腕組みしながらメモリスロットを
眺めていると、あることに気付きました。
メモリスロットってファミコンカセットの
差込口と形が似てるような…。

まあ、他に解決策も思い浮かばないので、
小さい頃にファミコンカセットにやったように、
水で湿らせた布で端子部を拭いてみることに。
(みんなやったことあるよね?)

結果、PCは無事稼動。
まさかファミコン形式で復旧するとはw
というか、ファミコンも立派なコンピュータ
だったってことなんですかね、これ。
いやあ、面白いもんですね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年05月03日

5パラは無理でした

現場で行うほとんどの作業で
各種ソフトウエアのインストールが
発生するため、忙しいとは言っても
待ち時間は結構生じてしまうわけですね。
なので、なるべく複数の作業場所を確保して、
待ち時間に他の作業が出来る体制を
取るように心がけています。

が、パラレルに作業を行うと
デメリットも生じます。それは複数の作業場所を
移動する関係で、人に注目され易いこと。
学内に一人しかいないメンテ屋なもんで、
人と会うと高確率で修理を依頼されるんですよ。
すると、パラレル作業の多重度が
どんどん上がってしまう結果に(汗

そして、今日は5パラまで行きましたw
てかね、4パラ超えると焦りが出てきますね。
待ち時間よりも他の作業時間の合計の方が
長くなってしまうから、ノンストップで
作業をしなくちゃいけなくなるし、
作業を放置してしまう時間も出てくるので、
依頼者が早く作業しろと怒り始める。
依頼者間も色々揉め出すし、もう大混乱。

結局、2パラくらいが一番平和かつ効率的に
作業を進められるのでしょうね。
3パラだとリスク対応で厳しい部分があるので。
ううむ、急がば回れってことかー。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年05月02日

Flight into India

まあ、良くあることなんですよ。
エチオピアでは学歴がモノを言うしね。
PhDくらい持ってないと、上に行けない。
僕も大学院留学を考えてるから、
気持ちはすごく分かる。
けど、このタイミングは辛いなあ(汗

実務の補助をしてくれたカウンターパートが、
PhD取得のためインドに留学するそうです。
6月中旬にはエチオピアを出ると言っていたので、
あと一ヶ月くらいしか彼を頼れない。

というか、Mr. maintenance departmentと
呼ばれている彼がいなくなったら、
本当にこの学校のIT運用が崩壊する気が…。

このことに関する手立てを考えるのが
最優先のタスクだな、こりゃ。
やるべきことをリストアップしよう。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年05月01日

SEにはメーデーなどないw

当地では祝日となる労働者の日、メーデー。
労働基準法がSEに適用されないのと同じで、
今日も私は出勤でございますw

 #ちなみにメーデーが日本でも祝日となると、
 #祝日と祝日に挟まれた日は国民の休日になるので、
 #黄金週間は五連休が確定しますと豆知識。

その甲斐あってか、ぼちぼちGhost作業の
ペースが掴めてきました。一つのPCを完全に
セッティングし終わるのに、約40分ですね。
酷い問題が起こらなければ。

となると、9:00〜12:00と13:00〜16:00の
360分間の作業可能時間でセッティングできる
PCの台数は、大体9台くらい。
昼休み際と終業際は先生が作業を進めるのを
嫌がるのを考慮に入れると、一日で8台がMaxかな。

となると、様々なリスク対応の予備日を
考慮に入れて、一週間で1ブロック進めるのが
現実的な目標になりそうな感じですね。
…あかん、このままじゃ夏休みも出勤や(汗

現場作業だけに終始して、
一番大事な仕組み作りの仕事が
出来なくなるのはどうしようもないので、
その時間を確保する工夫は考えとかないと…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月26日

これは壮絶に大変だぞ…

GhostでWindowsを置き換える作業を
今日から開始したのですが、問題点が出るわ出るわ。
とりあえず思いつく限りにリストアップ。

・デプロイCD用意した機種以外のPCがたくさん
・かけらも情報が伝わってない
・当然バックアップもまだ取ってない
・周辺機器のドライバが無くて再構成できない
・マシンのホコリが凄過ぎてCDが読まれない
・PCのオーナーが長期出張中で手を出せない
・ウイルスを駆除すると感染ファイルを開けない
・感染ファイルの治癒にとても時間がかかる
・他のQ&Aが容赦なく飛んでくる

まあ、こんだけ問題があったら、
作業が遅延するのは目に見えてますわな。
で、遅延すれば遅延するほどバックアップの
差分更新に時間がかかるから、更に状況悪化。
とんでもねー。

とりあえず、平均作業時間を計測して
スケジュール感を掴もう。で、恐らく計画は
怒涛の如く遅れると考えられるから、
その対策を打たなきゃ。積極策も消極策も。

実施手順は変えないとダメだな。
バックアップ告知とか今の形でやっても無駄だ。
平均作業時間を明確にして、ユーザに実施日を
確実に伝えられるようにないと、現場に行っても
待ち時間が長くなってしまう。

カウンターパートへアラート出すのは、
明日中にやっておこう。一学部三日くらいで
終わると彼は考えてるからな。
最悪、現在ネットに繋がれてるものだけ
優先するように言った方が良いかもしれない。

とはいえ、こんなもんなのかもな。
日本のようには上手くいかないわな。
キレずに建設的な着地点を探さねば。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月23日

ローラー告知作戦

Ghostプロジェクトの決裁が、
ついに今日副学長から降りたので、
カウンターパートと協力して、
実施の告知を学内にばら撒きました。

全学部全学科の責任者のところを回って
挨拶と連絡をしてきたから、足が疲れました。
で、環境を実際に見て、一筋縄では
このプロジェクトが成功しないことも分かって、
精神的にも疲れましたw

対象となるPCの台数が多いし、
対象以外の機種も数種類あったし、
全部置き換えるには相当時間が掛かるね(汗

ただ、だからこそ、このプロジェクトを
成功させることが出来たら、僕の発言力は
相当上がりそうな気がしますね。
面倒なことを持ってこられる可能性も
相当上がるだろうけどw

何にせよ、賽は投げられたので、
もう後には引けません。やり抜くのみです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月21日

IT seminerを企んでみる

エチオピアのIT系隊員は、先進性や可能性を持った
ソフトウエアやハードウエアの紹介をする目的のセミナーを、
エチオピア各地で定例的に行っています。
学校では習わないけども、practicalなものを
重点的に紹介することで、IT知識の補完をすることも
意図しています。なかなか良い取り組みでしょ?

で、私の所属する大学でもセミナーを行うため、
今日はカウンターパートにその企画書を見せてきました。
好反応だったので、開催は可能そうですね。
今度は学長にプレゼンをして、予定を確定させるぞ!

日本人の仕事振りを一般にもアピールできるという、
素晴らしい草の根外交の機会にもなるので、
ぜひ他の国の方にもパクっていただければと思いますw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月18日

そういう展開ですか(汗

いきなり出だしから躓きました。
まあ何かあるとは思ってたけど…。

GHOSTでWindowsの置き換えの件、
告知を頼んでたカウンターパートが
何故かアジスアベバに出張に行っていて、
全く告知が進んでませんでした(汗
俺、メモまで渡して作業内容伝えてたのに。

これで作業の進捗が一週間遅れます。
というか、何かいつも一週間単位で進捗が
遅れていくのが非常に嫌な感じだよなあ。

一日単位で遅れる場合、最終的に
一週間から二週間の遅れになるという
経験からすると、一週間単位で遅れる場合、
最終的に一ヶ月から二ヶ月の遅れになるわけで…。

酷い話だ。日本では考えられない。
こっちも活動期間は有限だしな。
何らかの対策を練らないと。

うーん、早々と二年間のマスタープランの承認を
学長あたりにもらって、色々な人を動かせる権限を
確保しておくことにするかなあ。
学内を動かすための窓口が一人だけの状態じゃ、
こういうこと頻発してもおかしくないし。

いやあ、良くも悪くも、
ここでの生活はビジネスの修行になるわねw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月13日

プロジェクト始動…か?

学内ウイルスまみれのWindowsを、
GHOSTで正常なWindowsで置き換えるプロジェクトが、
ついに始動できる状態になりました。
学内の主要な機種のWindowsイメージを
全て作り終わったので、準備完了したのです。

これから、ユーザーへ重要なデータを
バックアップするようにカウンターパートから
告知してもらい、ユーザーのバックアップが
終わり次第、置き換えを開始します。

告知とバックアップにどれだけの時間が
かかるかが不安ですが、まあ気長に待ちます。
彼ら自身で出来ることまで僕がやってしまうと、
その仕事が継続的に僕に回ってきてしまい、
結果的に僕でしか出来ないことが阻害される
恐れがありますからね。急がば回れで。

あ、でも、きちんとサポートはしますよ。
「バックアップって何?」って、
現場で保守活動してるときに二度ほど
聞かれてますからね。全部ほったらかしだと、
このプロジェクトすら二年で終わらない可能性もw

ともあれ、来週以降、やっとIT隊員らしい
活動に携わることが出来るのかな。
スタートまで3ヶ月かかっちゃいましたね(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月11日

ゴールを決めたら逆算だ

業務におけるこの2年間のゴールを決めました。
大学に常任のエチオピア人IT管理者を用意してもらいます。
そのために色々な活動をしたいと思います。

ウチの大学には全部で1000台ほどのPCがあるのに、
専任のIT管理者が一人もいません。
講師陣が、めいめいで、自分の使う教室や
オフィスのPCを管理しています。
あ、いや、管理とは言えないですね。
ウイルスほったらかし、トラブルほったらかし、
でもってPC使えなくなって仕事お休みって事態が、
普通に色々なところで見られますからね。

こんな状態なので、学校に行くと、
いつも誰かからPCを何とかしてくれと言われるのですが、
めいめいが勝手に構成したPCなので、
問題判別にも問題解決にも時間がかかります。
何がどうなっているか分からないんだもの。

これはもう、全体を統括して管理する人がいるでしょう。
全体を統括して管理できれば、保守が容易になる。
保守が容易で、かつ保守する人もきちんとしてれば、
PCの稼働率が上がることで生産性も上がるでしょう。

ただ、それは、期間限定勤務の外国人ボランティアが
受け持つことじゃないですよね。最終的には現地の人が
やれるようになってないと、元の木阿弥になってしまう。

ってことで、大学に常任のエチオピア人IT管理者を
用意してもらうってのがゴールになるわけですが、
そのためには色々なステップを踏む必要があります。
大学側に、目に見える形でIT管理者がいることの
メリットを提示し、予算を取る枠組みを考え、
候補者を募り、教材や作業環境を確保し、
実践で勘所を掴むためにプロジェクトも必要で…。

まあ、2年間でやり遂げられるか怪しくなってきましたが、
何せゴールさえ決まってしまえば後は逆算です。
2年間で無理なら、後任に引き継げるところまでの
スケジュールをきっちり組むことにしよう。

ちょっと、見えてきた感じですね。
後は、僕のモチベーションの問題だな。
それが一番難しい問題だったりして(爆
とはいえ、社会人時代の自分や上司から
怒られない程度には頑張らないと偽者だし、
怠けないように、怠けないように。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

2007年04月07日

しゃかりきに紙仕事

Ghostの技術調査が一段落着いたので、
学内のPCを適切に構成されたWindowsで
クローニングするプロジェクトの計画書を作ってます。

紙の形まとめておけば、
他の人も簡単にこのプロジェクトをなぞれるし、
上の方の人に説明もし易いし、
何より自分の仕事の証明書になるしねw

しかし、いざまとめようとすると、
書かないといけないことが色々出てきて、
すごく時間がかかるのね(汗
分かり易い文章にするのも一苦労だし…。

で、気付いたら深夜3時。
うーん、もう頭も正常に働いてないし、
とりあえず書ける所だけ書いて完成させてしまおう。

ということで、不完全ながら計画書が出来ました。
でもこれは日本語で書いたので、英訳が必要です。
あ゛ーー、ワークロードが重いよぅ(涙
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@BDU

Puppiest.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。