2014年11月30日

海王を出で冥王に到る

35歳の誕生日を迎えてしまいました。
四捨五入すると40代ですよ。
まだ若いつもりなんですが、
若さという武器は完全に使えなくなるので、
さっさと老成して偉くなりたいですw

そして、誕生日祝いのコメントを送って
いただいた皆さん、ありがとうございます!
このところ誕生日は体調を崩し易いようで、
居合わせた皆さんには心配をおかけしましたが、
家に帰って林檎食って寝たら回復しました。
お騒がせ致しました(汗

翌日は誕生日のディナーということで、
早速赤坂の菊乃井に行ってきました。
格式の高い日本料理は初めてでしたが、
非常に満足できる体験となりました。
Kikunoi01.JPG Kikunoi02.JPG
Kikunoi03.JPG Kikunoi04.JPG
Kikunoi05.JPG Kikunoi06.JPG
Kikunoi07.JPG Kikunoi08.JPG
Kikunoi09.JPG Kikunoi10.JPG

漠とした言い方になりますが、自分も社会も
そろそろ転換期なのかなと思っています。
37歳を目処に再度「旅」に出て、
オルタナティブを確立したいところです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2014年03月23日

気の進まない方を選ぶ

人生には、いつだって新しい発見が必要だと
思うのです。新しい発見の無いことこそが、
人のココロを老化させる原因と思うのです。

とはいえ、ルーチン=効率である以上、
それを無くすこともできません。
だったら、ルーチンの介在しない場面では、
せめて新しい発見を求めるべきだろうなと。

で、何を言いたかったかというと、
僕は最近、ココロにビットが立たないからGO!
という選択を意識的にするようになりました。

@このお店を選ぶなら、Aいつものお店で
ランチを食べた方が良いかなと思ったら、
@のお店でランチを食べることにするとか、
具体的にはそんな程度なんですが、
それでも新しい発見の数って増えるんですね。

悪手でないなら局面を複雑にする手を選ぶ。
それが勝負において実力通りの結果を
出すための手段であると米長永世棋聖
語っておられましたが、逆も真なりで、
複雑な局面を泳げること=実力となれば、
この行動様式って一挙両得かなって☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2014年02月16日

不運なるは幸いである

占いをやっていると、
運の良い時期にいる人だけでなく、
運の悪い時期にいる人を看ることも多い。
しかし、本当は良いも悪いも無いのかなと、
幸福という言葉の解釈から慮ることができる。

幸福という言葉は幸と福という漢字から
作られた熟語だが、幸と福が持つ意味は、
実はかなり違う。幸は手枷をはめられた人の
象形文字であり、手枷だけの刑罰で済み、
悪いことが大きくならずに良かったというのが
本来的な意味となる。福は神様へ供えられた
酒樽の象形文字であり、神様からの恵みが
与えられるというのが本来的な意味となる。

そして、幸福という言葉は、
幸が先で福が後となっている。
先に幸があってこそ福を受けられるのだ。
どういうことか。例えば宝くじに当たって
良い車を買った、美味しい食事をした。
そのときは喜びがあるだろうが、
この気持ちは果たして長続きするだろうか。
賞金が少なくなるにつれて不安は増すはずだ。

逆に、いま自分が抱えている問題が
一つずつ消えていく想像をしてみよう。
健康、仕事、人間関係、衣食住などなど。
そうすると、気持ちが楽になっていくと思う。
この状態で宝くじに当たったなら、
賞金を使い切ったとしても、
おそらく特段の不安は感じないだろう。

簡単にまとめよう。幸とは不安の無いことで、
福とは恵みを授かることである。
かつ、幸であってこそ福を享受できる。

さて、ここまで来て、
やっと運の良い悪いの話に戻れる。
実は、運の良い時期は福を得るのに向くが、
運の悪い時期は幸を得るのに向くのである。
何故なら、運の悪い時期は自分の抱えている
問題が顕在化し易い時期であり、同時に
その対策をきちんと打つことが可能になる
時期でもあるからである。

季節の巡りに意味があるように、
運勢の巡りにも意味がある。
運の悪い時期には運の悪い時期に向いた
行動を意識すれば、運の良い時期とは
異なった実りを手に入れることができる。
それは、運の良い時期に手に入れられる
実りよりも優先度が高かったりもする。
そう、不運なるは即ち幸いと言えるのだ。
タグ:
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2014年01月05日

2014年の目標のような

遅ればせながら、あけおめです。
今年も宜しくお願い致します。
でもって、例年通り、昨年の振り返りと
今年の目標設定を行ってみちゃいます。

昨年は下のような目標を設定していましたが、
ぶっちゃけ近年稀に見るダメダメでした。
均すと達成率25%ってアカンよね…。
 @係長昇格:達成率10%
 AIMBA完走:達成率60%
 BTOEIC860点越え:達成率0%
 C監査&ネスペ受験:達成率30%

@は、一つ目のプロジェクトは
まずまずだったんですが、
次のプロジェクトで大失敗したので、
残念な結果となりました。

Aは、落とした単位はあったものの、
今年での卒業に影響は無さそうなので、
一応合格点かなという感じです。

Bは、全く時間を割けなかったので
問題外でした。ただ、海外の大学院で
勉強するという計画は白紙状態と
なっているので、目標自体がモヤっと
してきたのは否めないです。

Cは、監査の参考書を一冊読んで
終了といった仕上がりですが、
仕事で論文の事例も手に入ったので、
今年は頑張って合格を目指します。
ネスペは置いておきます(汗

さて、これを踏まえたうえで
今年の目標を立ててみましょう。
きちんと達成できるようにしなくちゃ。
 @係長昇格
 AIMBA卒業
 Bシステム監査合格
 Cビジネス提案書開発
 D占いサイト構築

@はチャレンジングではありますが、
僕も四捨五入すると四十路ですからね。
もう主任クラスじゃヤバいワケで。

Aはいよいよです。ちゃんと卒業して
経歴に箔を付けたいと思います。
コンサルがキャリアの最終地点とは
考えていませんから、看板は大事です。
そういう意味で、Bもやっぱり重要。

とはいえ、コンサルとしての成長が
まずは第一ですから、成長機会を求めて
+αの努力はしようと思ってます。
それがCになります。独自の視点で
提案書を作ると、引き合いがあるんです。

Dは、そろそろパッシブに
占いのお客さんが来る仕組みが
あった方が良いだろうと考えました。
営業すれば鑑定依頼はあるものの、
時間は有効活用したいかなあと。

今年も良い年にしよう!
今年も頑張ります!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2013年11月18日

再び時計を動かさねば

今回の課題は上手く捌けなかった。もう結果は出た。
なのに、ずっとペースを崩したまま今に至っている。
もう、さすがにグダグダしてちゃ駄目だと思う。
プライベートな面も含めてね。

ということで、毎週欠かさず書いていた
日記を復活させます。何か感じたことを
振り返る時間を設けないと、無為に時間だけが
過ぎていくと苦く味わってしまったので。

あと、時計を真っ当に動かすため、
ちょっとした仕掛けを盛り込もうと思います。
今週の目標を書いて日々の上積みを意識するのと、
起床時間(5:00目標)の実績を記録して
朝のインプットの時間を守ること…です。

今週の目標は、まずは書斎の片付けだな。
忙しさにかまけて物置にしてしまった後、
放置したままだったので(汗
部屋の乱れは心の乱れ。本当ですね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2013年08月15日

大きな壁にぶち当たる

今まで鑑みてこなかった自分の弱点が、
一気に目の前に立ち憚る今日この頃。
ポジティブに捉えれば、自身を大きく変える
チャンスではあるのだろう。ただ、弱点のせいで
周りに負担をかけてしまっているという現状は
正当化できるものではない。恥ずかしく思う。

特にマズいと認識している弱点は以下の四つ。
これに手を入れないと僕に未来は無い。
 ・論理力
 ・短期記憶力
 ・並列思考力
 ・ユーモア

論理力は、SE時代はある方だと思っていた。
でも、全然甘かった。浅い理解のまま
複雑な問いを解こうとして、無駄な作業を
続けたり、事態を悪化させることがあった。
深く、しかし早く真の課題を抽出するためには、
予断を排除し、徹底的に論理的に考えることが
本当に重要だと身を以って知ることになった。
結局僕は、自分の頭でしっかり考えるということを
サボっていたことが明らかになってしまった。

短期記憶力には、実は前々から不安を持っていた。
人の名前を覚えるのが苦手だったり、
忘れ物が多かったり、英語をしゃべろうとすると
言いたいことが頭から抜けてしまったり。
SE時代の仕事は仕様書作りとプログラミングが中心で、
書いてあることに立ち戻れる安心感があった。
でも、今は見たことや聞いたことを前提に
素早く方針を出すことが求められている。
その際に頭から前提が落ちているとどうなるか?
間違ったことを言っても、言葉に窮してもアウトだ。

並列思考力が弱いというのは、没頭できることの
裏返しでもある。興味のあることは詳細に
覚えることができるというのは長所だろう。
問題は、それが今は役に立たないということ。
絶えずMECEに全体感を把握しながら、状況に応じて
最適な判断を行わなければいけないのに、
一つのことに没頭してしまうのはマイナスでしかない。
いくら細部に詳しくても、論点を外していれば
全く価値は無い。用意された問題を解く能力よりも、
問題の発見と整理を行うための能力が必要なのだ。

心理的な距離を近くすることができれば、
得られる情報や頼めることの質が上がってくる。
そしてユーモアは、人と近付く際に大きな武器となる。
デキるコンサルタントは、硬軟の使い分けが上手い。
対して僕は、気の利いた一言を発することができず、
結果として相手との距離感を詰められずにいる。
実利を前提に人間関係を築けない段階では、
分かり易く魅力的なキャラクターであることが
一番大事なのだろうが、そんなことが出来るなら
僕はプログラマでキャリアを始めていなかっただろう。

では、どうしたら良いだろう?
職場でのキャッチアップに身を粉にして励むのは
当然として、論理力を鍛えるためには論理学の本を
乱読しようと考えている。もう十数冊は購入した。
短期記憶力と並列思考力とユーモアは、
どのように鍛えるべきかイメージが湧いていない。
もし良い方法を知っている方がいたら、
是非シェアをしていただけると非常に有難い。
どうぞ宜しくお願い致します。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2013年02月09日

発言できないなら死ね

たまには自己嫌悪もします。
あまりにも英語が喋れない。
クラスの皆の貴重な学習時間を、
フリーズした頭が奪ってしまう。
今日の授業では本当に申し訳なかったです。

本科の学生だけの応用クラスになると、
今までのように甘くないとは思っていたのだけど、
全然認識が足りなかった。全然力不足。
このままじゃ周りに迷惑をかけるだけだ。

2年間学校に通っているのに
英語の上達を感じられないというのは、
恐らく今のままでは駄目なのでしょう。
やり方を変える必要がある。

もう観念しました。これ以上負荷をかけると
犠牲になるものも出てくるのだろうけど、
今となっては仕方が無い。Skypeを使った
英会話レッスンを早朝に入れることにしました。
卒業も仕事もSpeak or Dieなのだから。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2012年12月25日

クリスマスの漫言放語

クリスマスにこんなことを考えているなんて
暑苦しい以外の何物でもないんだけど、
スピード感を持って人生を駆け続けるために、
短期/中期/長期の目標を整理してみた。

短期目標:最上流からITプロジェクトを完遂する
       (対外的に通用する自分の実績を作る)
中期目標:ITに強いCxOとして経営に関与する
       (日本の大企業病/官僚病を打ちのめす)
長期目標:世界的でイノベーティブな価値を創造する
       (人類の一員として自分の作品を残す)

短期目標は、今の職場でマトモに成果を上げれば、
来年くらいには取っ掛かりが見えてくると思う。
もっと人に興味を持って、会話の中から
色々なことを引き出せるようになれれば、
大きな仕事も回せるんじゃないかと踏んでいる。

中期目標を達成するためには、英語力と看板を
もっと補う必要があるだろうと見ているので、
MBAが落ち着いたらCMA/CFMを勉強する予定だ。
財務会計と監査に特化したCPAよりも
管理会計とファイナンスに特化したCMA/CFMの方が
自分の志向とマッチしているし、MBAの学習の質を
証明してくれる効果も期待できるし、
何より日本語にしたときの見映えが格好良いw
(米国公認管理会計士兼財務管理士)

長期目標は、正直なところ夢のような話。
でも、人として生まれたからには人として普遍的な
何かを残したいという僕の情熱は、子供のときから
変わっていない。厨二病と言われようが、
そういう意識を持っていないと巡り合わせには
恵まれないだろうし、青臭いオッサンでも良いよね。
posted by ビズアイユ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2012年08月25日

10年経てば皺も増える

人より長い6年間の大学生活を送ってきたけど、
後悔すると言えばマトモな恋愛をしなかった
ということが一番に思い浮かぶあたり、
やるべきことはやれたんだと総括できますね。

そんなもんで、多少は母校に恩返しでも
しようかなとオッサン臭いことを考え付き、
大学祭にカンパをすることにしました。
今年の大学祭で配られるイベント冊子には、
以下のようなつぶやきが載る予定です。
…歳を取ると、若さを浪費する姿は忍びないのよ(爆

------------------------------------------------------------
大学は何の役に立つのか?
そう思っているうちは、何の役にも立ちません。
皆さん自身が、大学を役に立たせる主体だからです。

何をして良いか分からないというのは言い訳です。
手探りでも何かを試みるからこそ、
進むべき道が少しずつ見えてくるのですから。

過度にストイックになる必要はありません。
人は短期を過大評価し、長期を過小評価します。
何気ない努力の積み重ねに勝る魔法はありません。

10年先の自分の姿を夢に見ましょう。
そして、今日より明日は少しだけ前に進めるよう、
今でも出来ることを頭に思い浮かべましょう。
そのとき、大学にいる意味も明確になるはずです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2012年01月01日

2012年の目標のような

あけましておめでとうございます!
年末は湯布院の温泉でゆっくりした後、
佐賀の実家に戻ってきました。
盆休みが取れなかったので一年ぶりですが、
やはり実家はリラックスできますね。
Yufuin01.jpg

さて、元旦恒例となっている
一年の振り返りと目標設定を行いましょう。
僕が昨年立てた目標は以下の通りです。
 ・International MBAの完走
 ・キャリアアップ体制の構築
 ・データ処理技術の深耕
 ・やっぱり資格武装

International MBAの完走については、
予定通りの単位数を取得できたので、
二重丸の評価で良いかなと思っています。
まだまだ英語力は足りていませんが、
最低限講義には着いていけました。

キャリアアップ体制の構築については、
将来性のあるベンチャーに詳しい
エージェントと関係を築けた所までは
良かったと思います。後は僕が実際に
キャリアアップをできるかどうかです。

データ処理技術の深耕については、
可も無く不可も無くですね。
勉強や人脈作りはできましたが、
肝心の技術研鑽はEssbaseとSSISに
詳しくなったくらいに留まりました。

資格武装については不満が残ります。
昨年取れた資格はプロマネだけです。
アプリケーションエンジニアなんて
午後一を落とすという有様だし、
ベンダ資格は受験すらできない始末。
MBAとの両立は厳しかったです。

以上をまとめると、去年の成績は
25点+20点+15点+5点で65点という
評価でしょうか。目標の達成率って
例年2/3くらいになってる感じですが、
昨年も同様の仕上がりになりましたねw

とはいえ、目標を立てているからこそ、
2/3の達成が可能になったとも言えます。
今年も若干の高望みを含めつつ、
以下の目標を設定したいと思います。
 ・新しい勤め先での活躍
 ・International MBAの完走
 ・TOEFLで100点以上取得
 ・配慮と和合に努める

ITの業界には僕より遥かに実力のある人が
数多くいらっしゃいます。であるならば、
僕は僕がもっと輝ける場所に移った方が
世の為にもなると思っています。
そんなこんなで転職をするわけですが、
まずは新しい勤め先で自分の価値を
認めて貰えるよう頑張らなければいけません。

ですが、それはMBAと両立させたいところです。
今必要となるスキルと将来必要となるスキルは
別物ですが、同時に鍛えていなければ
いざというときに準備が間に合わなくなります。
またもや二両面作戦になりますが、
そんな星回りに生きていると諦めて精進します。

そして、年末に受けたTOEFLのスコアが
残念な仕上がりだったので、履歴書に載せられる
レベルまでは持っていきたいと考えています。
今や英語は僕の最大の弱点の一つとなっていて、
これを何とかしないことには世界と伍して
戦えるビジネスマンになるなんて夢の夢です。

最後に、若干毛色が変わりまして、
人間としての器を大きくすることにも
そろそろ意識を向けようと思っています。
知識や技術は大事ですが、それを発揮する
土台となる人徳があってこそと感じ始めました。
まずは、配慮と和合をキーワードに
日々を過ごすことを心掛ける所存です。

例年に比べると大人しい目標に見えますが、
何せ仕事が変わりますからね。今年は基礎固めを
意識しつつ、雄飛のときに備えるつもりです。
ということで、今年も宜しくお願い致します!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2011年12月09日

心の緩みが破滅を招く

仕事で疲れていたのもあるんですが、
ちょっと油断がありました。来春より始動予定の
投資クラブの会合で大遅刻をしてしまい、
運営の皆さんにご迷惑を掛けてしまいました。

自分はコアメンバーではなく、
手続きの部分だけ行えれば良いだろうと
勝手に考えていたのですが、人の気持ちを
慮るということが足りなかったようです。

今は順調に生活を送れていますが、
これは僕を引き立ててくれる人がいるからこそ。
謙虚さを忘れ、慢心すれば、あっという間に
活躍の場は失われてしまいます。

おそらく、ビジネスでもプライベートでも、
来年は僕の周りの環境が大きく変化します。
改めて真剣に配慮と謙虚ということを
意識しなければ、この変化も乗り切れない。
強く反省を促される出来事となりました。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2011年09月24日

攻めなきゃダメだ僕は

仕事や学校だけでなく、外に出てみようが
テーマの9月だったわけですが、
激しく疲れたぶん収穫は大きかったです。
自分の課題がはっきりと見えました。

それが何かというと、守りに軸足を置き過ぎ。
たぶん、同世代のエンジニアと比べると
相当多くの資格を取りました。
MBAにも通ってみました。それは何故か?
自信の無さを隠すためだったのかもしれません。

僕はITが好きです。そんなにあるとは
言えないですが、技術を大切にしたいと
思っています。でも、僕の目指すところは
ITだけで完結する世界じゃありません。

資格はITの力を証明するには便利だし、
MBAは次のキャリアに渡る助けになるでしょう。
けど、それそのものが未来を変えるわけじゃない。
意志を持って決断をしなければ、道は拓けない。

安全なところで、温湯に浸かりながら
準備をしているような悠長な人間と
働きたいと思うビジネスマンはいないでしょう。
…もう体勢を整える段階じゃない。
今の僕ならできるはずだ。攻めに転じろ。
それが僕の生き方でもあるんだから。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2011年08月20日

好事魔が多しと戒める

多少のトラブルはあったものの、
かなりバイオリズムが上向きの一週間でした。
プロジェクトマネージャ試験に受かったり、
ハードウエア障害をサクっと解決できたり、
取り扱いプロダクトの新技を編み出したり、
今期の年棒アップが確定したり…。

とはいえ、こういうときが本当は危ない。
浮かれていると、落とし穴が見えなくなります。
きちんと足元を整えましょう。
ということで、下期の目標を再確認します。

<International MBAの完走>
これは何とかなりそう。単位を取るだけなら、
今までのビジネス経験で太刀打ちが可能な
気がしてきました。授業のある日は定時で業務を
切り上げても給料が下がらなかったということは、
それなりに仕事をこなせているとの評価だろうし、
あとは健康面にさえ気を付ければ破綻しないはず。
とはいえ、英語のSpeakingは極限にマズいことが
発覚したので、悔い改める必要がありますね(汗
積極的に外国人のコミュニティに顔を出すように
スケジュールを組み立てようと思います。

<キャリアアップ体制の構築>
全然具体策を打ち出せていません。どうしよう。
次に目指すところがモヤモヤしているもので、
行動指針が立っていないのです。ダメじゃん(死
仕方が無いので求めるところをダダ漏れさせてみます。
 ・コンサルではなく事業のドライブ側に行きたい
 ・IT技術には触っていたい(=コードは書きたい)
 ・システムのお守りをメイン業務にはしたくない
 ・日本国内だけを相手にはしたくない
これら全てを満たすとなると、ITシステムを競争力
(=IT部門をプロフィットセンター)と認識し、
積極的に海外展開を行っている、ITベンダ以外の
会社ってところに落ち着きそうな雰囲気ですね。
うむむ、そんな会社あるんだろうか。求む情報提供w

<データ処理技術の深耕>
体制的に恵まれているのか、真面目に仕事に
取り組んでいれば、技術を高められる機会と
出会えています。RDB/NoSQL/クラウドといった
当初想定していた分野そのものではないけれど、
それらと深く関連するIT基盤の分野の経験を
積めていることは、目標に準じた成果として
換算できそうです。9月にはClubDB2のLTで
新しい技術ネタを披露する予定だし、
MBAに通ってても技術者魂は腐らせませんよ!
こういう気持ちを大切にして、偉くなっても
実装を受け持てる説得力を身に付けたいものです。

<やっぱり資格武装>
プロジェクトマネージャ資格は取れたものの、
ベンダ資格の勉強は全く出来ていません…。
太刀打ち可能とは言ったものの、MBAの予習や
復習には結構な時間が掛かってしまうもので、
量稽古が求められるベンダ資格とは相性が悪いです。
そこで、断腸の思いですが、ベンダ資格取得は
今期の目標から外します。来年の秋のIPA試験で
ネットワークスペシャリストを受ける予定なので、
その前にCCNAで腕試しといったところでしょうか。
ちなみに、今年の秋はシステムアーキテクトを
受けることにしました。論文試験はコツを
掴んでしまえば惰性で行けると分かったので(爆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2011年02月11日

理想→妄想の変換も可

最近、ちょっと自分を見失いつつある感が
あったのですが、少しモヤが晴れました。
短期中期の現実的な目標に、
長期の理想が引きづられて矮小化し、
一つ一つの出来事が味気無くなっていたのが
理由だったようです。

たとえ夢物語であったとしても、
それ自身が希望の源となる理想は、
忘れちゃいけないんだと思います。
でないと、自分の意味が無くなって、
生きることが砂漠を漂う苦行になってしまう。

物質的に豊かであっても、その構成員が
幸せを見出しにくくなっている国がある。
物質的に貧しく、不条理の渦巻く国であっても、
家族や信仰を幸せの核とする人々がいる。
つまりは、そういうことなんだろうなと。

で、何が僕の理想なんだって?
魔法使いになることに決まってるじゃないですか!
ウチにもキュゥべえ先生が来ないかな♪
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 思索@内面

2011年01月12日

檄文(必要士気:3)

この、走ってる感じは悪くないのよ。
退屈で欠伸しながら、自分がじわじわと
腐っていく感じよりも、全然ね。
これでこそ、僕は前に進める。

問題は、余裕を持って過ごしていたときに
蒔いていたタネも、ちゃんと水をやらないと
腐ってしまうことだ。それは避けたい。

僕はまだ、今はここにいる。
その場所は、死守すべきだ。
All or Nothingで弾丸を撃ち込むのは、
最後の一幕を下ろすときで良い。

二両面作戦? それって美味しい?
この程度で根を上げてたまるかよ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2010年12月20日

二年間は取り返せたか

僕は2007年からの二年間、青年海外協力隊員として
エチオピアで色々な活動を行っていたわけですが、
それは日本でのキャリアを二年間捨てることと
同じであると覚悟していました。僕のライバルたちは、
二年間のキャリアを着実に積んでいく。果たして、
僕は日本に帰ってから、彼らに追いつけるだろうか?

当然、二年間のビハインドをなるべく小さくするため、
Linuxのディストリビューションを開発したり、
ITILの資格を現地で取得したりという努力はしました。
しかし、それはあくまで奇策。奇策は奇策でしかなく、
地に足の着いた攻め方には敵いません。
幸運にも奇策で再就職は上手く進められましたが、
やはりライバルたちに対して大きなビハインドが
存在することは否めませんでした。

そして、帰国してから約二年間が経ちました。
ここにきて、やっとビハインドを多少は詰められた
ような気がしています。中堅ITエンジニアとして、
多少は格好が付く経験と看板が手に入ったからです。
 ・BI案件の開発リーダー
 ・データモデリングの外部講師
 ・Oracle Gold DBA/Developer
 ・Oracle Expert on Linux
 ・IPA DB Specialist
 ・IPA IT Strategist

加えて、エチオピアの二年間を正攻法のキャリアに
転換する仕掛けも機能しようとしています。
エチオピアで少しだけ伸びた英語力のおかげで、
英語で開講されるMBAを年明けから受講できそうです。

僕の目指すところは、まだまだ遥か先にあります。
また、ライバルたちも当然歩みを止めません。
こんなところで一息つくなんて考えられませんが、
ただ、エチオピアの二年間が高価な思い出としか
意味を持たなくなるのは絶対に嫌だったので、
その点では喜んでも良いのかなと思いました。
…さあ、もっと全力で走るんだ!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2010年05月15日

静かに何を磨くべきか

最近、このまま漫然とサラリーマンやってて
大丈夫なのかなーと思うことが多くなってきた。
怒られない程度には仕事をして、美味しいものを
食べられるくらいには給料をいただいて、
呑気に生活できているのが怖くなるのですよ。
このままだと自分がダメになるんじゃないかって。

緊張感があって、力を抑えるのではなく
ストレートに発揮することを求められる環境に、
本当は自分を置くべきなんでしょうね。
当然、言うほど簡単なワケじゃないけど。

それなら、どうすれば良いのか?
まあ、今は膝を曲げる時期なのかもしれないです。
高い場所に飛ぶためにタメを作っている段階。
であれば、推進力として何を使うか考えなくちゃ。

という経緯で、ちょっと今年の目標を上方修正。
その一は、OracleをGold以上に頑張る。
DBAだけじゃなくてDeveloperのGoldも取って、
更にRACのExpertにもなっちゃえば、
デスペと合わせて周りの目が変わるでしょう。

その上でプラスアルファをどうするか。
更にITで突き進むのか、国際開発の分野を覗くのか、
ビジネスを仕掛ける側に回るための武器を
新たに手に入れるのか…。ちょっと思案ですね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2010年04月25日

初めての結婚式呼ばれ

友人が少ないのか、女性に縁の無い友人が多いのか、
色々な意味で危険人物としてマークされているのか、
30歳にして結婚式に呼ばれたことが無かったのですが、
今日は初めて出席に与れることとなりました。
エチオピアにいたときに仲良くさせて貰っていた、
S君の結婚式です。

S君は留学中にエチオピアで一目惚れした女性と
めでたくゴールインしたようで、その頃から彼らを
知っている僕としては、多くの障害をものともせず、
日本で結婚式を開催できるところまで話を進められた
彼らの愛と行動力に、改めて尊敬させられました。

そんな彼らの結婚式ですが、凄い面白かった!
S君の親戚のおじさんがベタな歌で会場を
柔らかくすると、S君の勤務先の商社マンが
飲みと暴露ムービーで更に雰囲気を崩し、
最後にS君と花嫁さんも衣装直しでエチオピアの
民族衣装に着替えて来賓とエチオピアンダンスを
踊り始めるという、まさに宴という三時間w

でも、締めるところは当然引き締まってて、
これがS君の素晴らしい人間性を体現した
結婚式ってことなんだよなと感激しました。

実は、個人的には結婚式って良いイメージを
持っていなかったのだけど、考えが変わりました。
きちんとした恋愛、きちんとした人生ってのを
思い浮かべることができた人には、
素敵で幸せな式を設けることができるんですね。
S君、本当に招待してくれて有難う!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2009年12月18日

豚は豚故に屠殺される

サラリーマンというのは麻薬だね。
自分の100%を出さなくても仕事が回る。
僕を上手に使ってくれているからこそ
余力を残して目の前の作業に打ち込めるのは
分かっているのだけど、この状況に安住すると
後で痛い目に遭うのは確実だろうな…。

もっと大きな視点で動けるようにならないと。
何かを企んでいないと。日々の鍛錬を続けないと。
汗を掻かないと。自分を限界に晒さないと。
日本に戻ってきて、精神が緩んでいるのが分かる。

であれば、どうするべきか?
幸運にも生活環境がもうすぐ変わるから、
それに合わせてシステムを組み直せれば、
歯車の噛み合わせを変えられるかもしれない。

悠長にやっている暇は無い。
僕らに後は無い。陰気で憂鬱な撤退戦でも、
踊ってみせないと次のステージは無いんだ。
嵐が過ぎるのを待っていても、
色々なものを奪われて終わるだけだ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2009年05月14日

淡々と粛々と冷やかに

反省できるときに反省しときますシリーズ。
最近クールを通り越して冷たいらしいの巻。
…正直、喜怒哀楽は激しくなかったですが、
冷たいという評価を貰うまでになったか(汗

まあ、でも、理由は分かる。
僕は物事に没頭するタイプなのだけど、
没頭しているときは以下のようになるのよね。
 ・ 他の事に気が回らなくなる
 ・ 誰とも連絡を取らなくなる
 ・ 途中で邪魔が入ると機嫌が悪くなる
 ・ 仕事以外の話に付いていけなくなる

しかも、これは家族とか友達とか関係なし。
誰に対してもなので、近しい人ほど通常時との
落差に驚いたりショックを受けるようです。
分かってても、「え、そこまで?」みたいな。

しかし、どうしたものですかね。
僕みたいな特殊能力を持ってないパンピーが
厳しい世の中を渡っていくためには、
色々なことを切り捨てて集中するしかない。
そんな気がしているんだけど…切り捨て過ぎ?
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2009年02月04日

演出過剰アドリブ不足

日記のタイトルは、心に突き刺さった一言です。
痛過ぎて反論不能でした…つうこんのいちげき!
付き合いの長いヤツは怖いですね。

思い当たるフシが有り過ぎて困るんですよ。
ギミックとか小道具とか作戦とかを用意して
仕事や人付き合いをしてるのがデフォなんで、
素になると思考と行動の両面がフリーズする(汗
この弱点を克服するには如何したら良いのか…。

あと一つ、僕を動物に例えると狐だそうです。
猫のような生活をする野犬で、雑食性で、
用心深いが好奇心は強く、慣れると普通に
人間にエサをねだりに来ると。極め付けは、
甲斐性が無いので構築されるのは母系社会。
…他人のような気がしないです(汗

Queen of Cups
 少女であり母である水の淑女よ。
 お前は水であり聖杯そのもの。
 まどろみと共に思い出す甘美な記憶。
 -------------------------------------
  ・ 善良で公正な女性
  ・ 女性らしい美しさ
  ・ 優しさ、愛情、献身
  ・ ゆとりと幸福
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2009年01月01日

あけおめ&自分と約束

お久しぶりです。そして、エチオピアでは
単なる平日なのが微妙な感じですが、
新年明けましておめでとうございます。

帰国の日(1月8日)が迫りつつあり、
11月中旬から活動の最後の追い込みで
無茶苦茶バタバタしてました。
でもって、日記をお休みしてたんですが、
一度筆を休めると再開するのに非常に
気力が必要になるんですよね(汗

でも、年が明けたことだし、
ここらへんで心機一転しないと!
ということで、久々の更新です。

でもって、もう一つ心機一転ということで、
今年の目標なんかを考えてみましょう。
一年の計は元旦にありって言いますからね。

………(30分経過)………。

はい、今年の目標が決まりました。
今年は「自分とのスケジュールを守る」を
心がけて生きていこうと思います。

僕は欲張りなもので、色々なことを経験したい、
色々なことを感じたい、色々なことを知りたい、
絶えずそんなことを思っています。
でも、人間に与えられた時間は平等。
知恵と信念を持って時間に臨まないと、
恐らく平凡な限界が自分を襲うことでしょう。

だからこそ、スケジュールします。
時間を浪費しないように、反省を持って
知恵を高められるように、自分との約束を
守ることが強き信念に繋がるように。

…であれば、今年のスケジュールも
ここで立てておくべきですね。
いっちょやってみましょう!

1月:日本復帰作業、LPIC取得、ドラッカー読破
2月:友人と会う、占いの勉強、TOEIC受験
3月:MBA取得、就職活動、NPO総まとめ
4月:DBエンジニア取得、ウッドベース開始
5月:オープンソース活動
6月:IELTS勉強
7月:IELTS受験
8月:TRPGセッション
9月:高度情報勉強
10月:高度情報取得
11月:ウッドベース猛練習
12月:クリスマスで披露

なんか今年の前半の予定はタイトですね(汗
まあ、エチオピアでのんびりし過ぎたのを
リハビリするには良いのかな…。
さておき、内容を詳しく説明してみます。

<1月>
・日本復帰作業
  日本に帰ったら、まず自分が効率的に
  生活&仕事をできる環境を整えます。
・LPIC取得
  エチオピアで学んだLinuxの技術を
  資格取得によって見える化します。
・ドラッカー読破
  ドラッカーの著書を時系列で読破し、
  知的労働と経営の真髄に迫ります。

<2月>
・友人と会う
  日本全国を旅し、二年間の経験を
  友人たちとシェアし合います。
・占いの勉強
  命/相/卜を一通り駆使できるよう、
  占星術と数秘術の教えを受けます。
・TOEIC受験
  エチオピアで鍛えた英語力をTOEICで
  証明し、3月の就職活動に役立てます。
  友人と会う移動時間は勉強に使います。

<3月>
・MBA取得
  3月初旬までに受講中のMBAコースを
  完了させます。就職活動に役立てます。
・就職活動
  オープンソース/経営分析/英語を活かせる
  IT企業その他にアプローチをかけます。
・NPO総まとめ
  Campus Mateの第一期が終わります。
  数々の書類を用意しつつ、活動の反省と
  今後の計画を明確にします。

<4月>
・DBエンジニア取得
  DB屋としての技量をDBエンジニア取得で
  きちんと証明できるようにします。
  ベンダー資格だけじゃ物足りない…。
・ウッドベース開始
  楽器の弾けない吟遊詩人は卒業します。
  静かなバーで弾き語りが最終目標です。

<5月>
・オープンソース活動
  ゴールデンウイークを利用して、
  TOP LinuxのWoof化やFETCAVの
  アップデートを完了させます。

<6月&7月>
・IELTS勉強&受験
  まだヨーロッパでICT4Dを学ぶ夢を
  諦めたわけじゃないです。
  きちんと今のうちにスコアを用意します。

<8月>
・TRPGセッション
  お盆の休みに全力でマスタリングします。
  魂を込めたシナリオを書き、世界を創る。
  吟遊詩人はそこに現れるはず…!

<9月&10月>
・高度情報勉強&取得
  ITとビジネスを融合させる立場につく
  足がかりとして高度情報資格を取ります。
  論文の勉強があるので準備期間は長め。

<11月&12月>
・ウッドベースをクリスマスで披露
  クリスマスに誰かに贈って恥ずかしくない
  曲を弾けるよう猛練習をします。
  披露できる人がいるのかは謎だけど(爆

これらのスケジュールを完遂するためには、
メリハリのある生活を送り、誘惑に揺らがず、
一つ一つの努力を習慣にしていく必要が
あるんでしょうね。そして、もし自分が自分に
負けてしまったら、その理由を真摯に考える。

あ、堅苦しく見えるかもしれないですけど、
やりたいことがいっぱいあって、
どれも大事で、それを諦めたくないだけです。
今年もいつものように楽しくやりますよ☆
今年も宜しくお願い致します!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年10月29日

好きの我慢は体に悪い

あなたのことを考えて切なくなるのは何故だろう。
想いが報われないって分かっているから?
違う。そんなこと最初から覚悟していたはず。

…あなたの笑顔を見たくて、
だから友達だったときのように振る舞って、
でもその笑顔を見たときに、心が痛くなった。
好きだって気持ちが溢れないように、
自分を締め付けなくちゃいけないから。

そうか、好きの我慢は体に悪いんだね。
たとえ一方通行であったとしても、
それを自分の中で腐らせてしまうより、
あなたに受け取ってもらいたい。

見返りとかどうでも良くて、
ただ好きなことを認めて欲しい。
それだけが望み。後は昔と同じで幸せ。
あなたの笑顔を素直に喜べるのだもの。
…なんてね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年10月11日

寂しいと付き合う方法

一昨日、寂しいを認めた途端に、
寂しいが僕の心を支配しようと襲います。
でも、寂しいに囚われてしまえば、
誰かに助けてもらいたくて泣いている、
無力で臆病で傷ついた自分に戻ってしまう。

それは、嫌だ。嫌です。嫌なんだ…!

泣いていても何も変わらないことには、
とっくの昔に気付いていたはず。
思い出せ、思い出せ、あの時の答えを。

寂しい気持ちを他人に任せることはできない。
寂しいを蹴散らす楽しいことをしよう。
寂しいときも仕事は僕と共にある。
寂しいとなんて思わなければ、寂しくない。

ああ、でも、一つ大きなことに気付いたよ。
寂しいからこそ誰かと共に生きられることが
素晴らしい。寂しいから、人を深く愛せる。
寂しいは、決して僕に不必要なものではない…!

きっと、ポイントとタイミングなんだな。
辛いだけで、何も生まない寂しいは今まで通りに
かき消してしまった方が良いのだと思う。
けど、寂しいから、誰かのことを強く想える
というのなら、その寂しいは胸に保てる。

そして、共にいることのできる時間は、
寂しさを喜びに変えて、幸福な笑顔をあなたに。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年10月09日

日々思い悩む三十手前

ね、自分でも本当にどうかと思います。
本気で考えてなかったんだなあと反省(汗
イージーな展開に持ち込み過ぎてたのか、
何を求めているのかがアヤフヤだったのか…。

結果、この歳まで、余裕の無い生き方を
してたってことに気付けなかった。
誰かが傍にいるってことの素晴らしさと
依存することがゴチャ混ぜになってた。

人はその意志を果たすために、
独りで道を切り拓く力を要求される。
この考えは今でも変わっていない。
だけど、かといって独りで生きる必要は
ないんですよね? ずっと独りは寂しい。
それは、認めても良いことなのよね?

十年以上閉じてた扉が、二つの力で開かれ、
そこには見慣れない風景が広がっていたので、
正直なところ情緒不安定になっています。

…理性で肉を支配するのは容易になった。
でも、感情は難しい。短絡的で、暴力的で、
そのくせ魅力的で、生命力に溢れている。
制御するには経験が足りないし、捨てることは
最早できない。気付いてしまったからには。

感情が肉に馴染み、僕が新たな僕になるまで、
ときに迷い、自分が何者か分からなくなり、
泣き、叫び、のたうちまわり、色々な人に
ご迷惑をかけるだろうことが想像に固いというか、
既に被害も発生してたりするわけですが、
できれば、暖かく見守っていただければ幸いです。

…やっと僕は、これで、誰かを好きと言えるんだ。
飾りじゃなく、怯えることもなく、素直に。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年10月08日

チェシャ猫は言いました

ざわめく、焦がれる。
冷静と情熱がせめぎ合う。
仕事が手に付かない。もどかしい。
何かを声にしたいのに、何を声にしたら
良いのか分からない。胸がチクチクする。
喜びと切なさが同居して、
心がブランコのように揺れる。
でも嫌な気持ちではなくて、戸惑う。
…世界で一番簡単なリドルです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年09月02日

似て非なるサブセット

このサブセットを切り分けられたのは
今回の収穫かもしれんね。
 {抱える, 動かす, くたびれる}
 {見守る, 与える, 満たされる}

次に活かさなくちゃw
というか、活かしたくてウズウズだし(爆
切り替えの早さが良いんだか悪いんだか…。

ただ、後者のサブセットをメインにして
お互いの関係を維持しようとすると、
お互いが程良く自立していることが
必要条件となるような気がします。
(当然必要十分条件とは言わない。)

そのうえ、自立していてもお互いが
パートナーとして認め合う部分がないと、
二人でいる必要性はないわけで…。

ああ、ここに至って神様が男と女を
別の生き物として創造した理由が
若干分かったような気がします。

男は女に甘えたい生き物で、
女は男に見つめ続けられたい生き物で、
タイミングも求めるものも自然と
ズレているってのが、逆に一緒になる
理由として浮き上がってくるのかも。
…勘違いの可能性も否定しないけどw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年09月01日

そして終わりは始まり

色々な物を放り投げちゃったら、
なんか急に楽になって、今まであれほど
思い悩んでたことが馬鹿らしくなりましたw

仕事もそうなんでしょうけど、
抱え過ぎって良くないですね。
周りが見えなくなるし、思考の柔軟性も
失われてしまうし。まるで一人相撲。

怖かったんだよね。落とし穴の数々が。
だから、ガチガチにシナリオを固めて、
そこに全てを誘導しようとしていた。
…そんなん上手くやれるはずないのにね。
ゲームマスターでさえ苦労してるのにw

考えていたことが狂うたびに凹んで、
何かを信じられなくなって、嫌悪して、
最後には外に出られなくなるほど
負の感情に囚われちゃって…。

だから、{寂しい, 哀しい, 虚しい} けど、
手放すことに決めました。僕は最期まで
僕でいなくちゃいけないし、僕だった。

今は、エチオピアに来た当初のような
気分になってます。自由で、気楽で、
そこにある世界を知るのが楽しい。
この重さなら、今の僕の腕力で十分だw
未来のための筋トレは必要だけどね。

しかし、あと四ヶ月しかエチオピアには
滞在できないと思うと、このネタは
引っ張り過ぎちゃった気がするな(汗
帳尻が合うように仕事を頑張らないと…。

追記:
もう一度謝る。隠しててごめんね。
あなたと過ごしていた時間は、今思い返すと
やっぱり楽しかった。ありがとう。
でも、当分は遊び人でいようと思いますw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年08月28日

繰り返す問いに臥して

天は自らを助くる者を助く…か。
助けて欲しいという思いは、叶わんのだな。
まあ、気付いてみれば、いつもの通りだ。

思えば、そうやって誰かを切り捨てた。
ちょっとした意趣返しで人を惑わし、
内に秘めた絶望を晒させたうえで、
救いなどないと断罪したりもした。

報われないと言いながら、しっかりと
報いを受けているじゃないか、僕は。
…なんて喜劇だよ。くそったれが。

恐怖や、辛さや、無力感だけでなく、
喜びや、幸せや、自信を感じたい。
何が、僕には足りていないんだ?
タグ:歪み 欠落 諦念
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年08月21日

殺すことと愛すことと

何としても生き延びる。
これが僕の行動様式の一つだと思う。
だからこそ、時として、
他人の血を啜ってでも危機を乗り切る。

世界には危機が溢れている。
少なくとも、僕が見ている世界には。
襲い掛かる危機に屠られないために、
僕は力を手に入れたいと強く願う。

しかし、力を欲したとき、
捨て去らなければならないものもある。
そして、時として…。

それに心を動かされなくなったとき、
僕は{機械, 英雄, 人外, 異形の者}に
なれるのだろう。そう望む気持ちもある。

だが同時に、それは孤独への道で
あることも知っている。擦り減った部分が、
更に悲鳴を上げ続けることになるだろう。

…ああ、とか書いてるうちに先回りされた(汗
守ること、愛すこと、笑顔を感じること。
そう、それが力の矛盾を解くための一つの答え。
すまない、救われました。君が素敵な人で良かった。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年08月01日

流れる汗もそのままに

疲れているときは、どうしても由無し事に
頭を取られてしまい、テンションが下がる。
悩んだって意味はないって分かってるのに。
実際に何か行動しなくちゃ始まらないのに。

報われないなって思ったり、
無理してるなって思ったり、
自分らしくないなって思ったり…。

こうなったら三択なんでしょうな。
酒を飲んで寝るか、不条理を呑んで
逆噴射で頑張るか、違うことを始めて
気を紛らわしちゃうか。いずれにしろ、
思い悩み続けるってのは下策なんだろう。

で、とりあえず今日は爆風スランプの
RunnerMIDI)をシャウトしてみました。
自宅警備員たちには大迷惑w
でも気持ち良かった。歌はリリンの(略

ああ、断っておくと仕事で疲れている
わけではないので。仕事は歌と同じで
僕の自己表現の一つ。疲れるどころか
もっと負荷をかけても良いくらい。
問題は、感情の渦の中にある。大体ね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年07月25日

結婚、結婚、また結婚!

なんか最近同級生から、結婚しますなんて
お知らせが一ヶ月に一回以上のペースで
届いてきて、色々と複雑な気持ちになります。

妹にも先に結婚され、エチオピアにいる間に
伯父さんにもなってしまい、こっち方面では
負け組確定な感じがしてきたんですが、
私はどうなってしまうんでしょうか(汗

かといって、急ぐ気はないんですけどね。
結婚とか恋愛って、身も蓋もない言い方に
なってしまうけど、性欲求とか承認欲求とか
安全欲求とかを一番低リスクかつ低コストで
安定的に手に入れられる仕組みであることに
意味があって、結婚したというステータスが
重要であるとは思っていないので。

とはいえ、若干寂しいのは何故だろうな…。
強がりを言いつつも、孤軍奮闘な状態が
続くと消耗する部分はあるんだろうね。
まあいいや。今回は素直に羨ましがります。
修行して克服するとは言わないことにするw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年07月05日

月に向かって吠える獣

今まで安穏と生活し過ぎてたんだよね。
痛いところを突かれるとか、
上から焼かれるとかがなかったから、
自分の殻に閉じ篭もり続けちゃった。
どこかで退屈してるって感じてたのに。

これじゃ駄目だ。二年間を棒に振る。
僕は厳しい環境に身を置くはずだったのに、
逆にここは楽園だったらしい。

怒れ、恥をかけ、殴り合え、薄氷に立て。
ありふれた日常はお前に似合わない。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年06月29日

世捨て人の生きる世界

ある種の感情を持つと生き辛いので、
なかったことにしています。
他人と感情でぶつかると自分が揺らぐので、
そういう付き合いは極力避けています。
あとは、生き残るためのお金とか
能力とかを考えなくて良くなったら、
真に孤独でも生きていけるでしょう。

各個人が幸福のデザインをし、
各個人がそれを適える力量を持ち、
各個人が各個人に干渉しない…。
ここで問題。そんな人間が集まった場合、
そこでは何が起こるでしょうか?

当然人間は不完全なので、
相互補完のためのシステム=社会が
無くなることはないわけですが、
そこから片足抜けた世捨て人というのは
いつの時代も存在していたと思います。
もし世捨て人がある場所に集まった場合、
そこに出来るのはどんな世界なんだろう?

万人の万人による闘争から逃れ、
リバイアサンに飲み込まれるのも否定したい。
そんなことを考えていたら、こんな問いが
頭に浮かんだわけなんですが、
答えが全然頭に浮かばなくて参ってますw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年06月28日

幸せは時代から離れた

このままじゃ、負けるんだろうなって
ずっと思っているわけなんですよ。
エチオピアに来て特にそう思うんですが、
日本の給料は高過ぎるなと。

それは前々時代の人の頑張りによるもので、
それ自体は喜ばしいものだったんだけど、
残念ながら時代は変わってしまったなと。

基本的に仕事が同じなら付加価値も
同じなわけだから、グローバル化した
社会では労賃の安いところに仕事が行く。
他のところでは難しい、高度で付加価値の
高い仕事を見つけようと思っても、
そんなのはあんまり転がってないし、
そもそも仕事に就ける人も選んじゃう。
すると、日本の仕事はなくなるか
給料が安くなるかって方向にしかならない。

昨日の日記でブラック会社のことを
取り上げたけど、日本の労働環境が
これから改善されていくとは思えない。
日本全体が負け戦に突入する中で、
企業の余力は失われていきますから。

政治が悪いとか、企業経営が悪いとか、
教育が悪いとか、実はそんなに大きな
問題じゃないのかもしれない。
単純に、もう今の先進国の時代が
過ぎ去ろうとしてるだけなんでしょう。
栄華を永久に保ち続けた国なんてない。
そして、延命のための棍棒も、
棍棒を振るう場所も、日本にはない。

ま、マクロなレベルの話はこれ位にして、
どう生き延びますかね、みなさん。
やり方は色々あると思うけど、
少なくともそれは今の延長線上にはない。
幸せな中流生活って、もう幻想ですよね。
…人生とは、幸福のデザインなのかも。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思索@内面

2008年03月16日

吟遊詩人は包丁を握る

この前一緒に会食させてもらった専門家から、
男は夢がなくちゃ駄目だと言われた。

僕はタスクをドライブさせることには
人並み以上に執着心が働くタイプなのだけど、
こと自分の夢となると結構希薄だ。

エチオピアに来ておいて何だけども、
途上国の人たちの役に立ちたいって意識が
強いわけじゃないし、自分の力が活かせて
給料が貰える場所だったら、どこで何を
やっても結構満足できるんだろうなと思う。

実際、今の生活も恵まれてると思うしね。
取り組むべき仕事があって、貯金もできて、
美味しいご飯が食べられているわけだから。
そして何より、自由だ。自分の生き方を
自分で決めて此処にいることができている。
楽しく人生を流離っている実感がある。

ただ、こういう生き方は確かに胡散臭い
気もする。がむしゃらに働くことはするが、
そこに思い入れがあるわけではなく、
時がくればそれを放り投げて旅に出て
しまうというのは、結構刹那的だ。

そうだなあ。そんな僕がそれでも夢を
持つとしたら…ビストロでも開くかな。
世界を流離って色々な料理と物語を
仕入れてきて、お客さんに色々な場所の
風を感じてもらうんだ。

うん、良いね。そのためには世界と伍して
仕事ができる力を付けて、流離いを続けなきゃ。
そして、どこかで調理師免許も取らないと。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(1) | 思索@内面

2008年03月05日

踏み外すのは規定路線

問題はどうやって踏み外すかだ。
色々と選択肢があって迷っている。

「一度しかない人生、レールに乗ってるだけ
なんてツマラナイ。盛大にそこから
踏み外しちまおうじゃないかw」というのが
僕の基本路線で、何かある度に回りにも
吹聴している。その責任を取って(?)
エチオピアまで来たものの、次の踏み外し方が
かなりカオスになってきた。

今までは協力隊で溜まった貯金を頭金にして、
ITと経営についてもう一度勉強しなおそうと
考えていたんだけど、留学まで最短で一年半は
かかるのもあって、ここにきて選択肢が
色々増えてきたんだよなー。

例えば、こんな感じ。
 ・某アジアの小国でブリッジSEになる
 ・東アフリカの貿易フィクサーになる
 ・エチオピアで農業&観光振興に携わる

まあ、全部お金の出所が不安定という
かなりのチャレンジャーな案件なんだけど、
こういうのはボランチ的動きで
リスクを消していけると信じているので、
某アジアの小国の案件以外はどうにかなると
思ってみたりもする。

そうなると、消去法でエチオピア継続かw
年金と奨学金(=借金)の支払い
を埋められるなら、それでも良いんだけど。

…自分のやりたいことが先にあって、
それに合わせて組織とネゴって
フレキシブルに仕事を得るって経験も
この先は必要になるんだろうから、
そこらへん動いてみますかね。

ダメならダメで日本に戻って
適当にSEやらせてもらえば良いんだしな。
踏み外すことを大事にして生きよう。
ダメ人間万歳!w
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 思索@内面

2007年12月02日

宙に、星に囁かれて

ふと、宙を見上げてみた。
星が綺麗だった。

人工の光が少ないからか、
排ガスにそれほど染されていないからか、
それとも少しだけ宙に近いからか、
子供の頃に一度だけ見た、
満天の宙を思い出した。

何かに追われているのは、
美しいものを見たいからだったんだ。
頭に響く痛みに耐えられるのは、
美しいものを知っていたからだったんだ。

宙の、星の囁きに、
僕は僕を思い出した。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 思索@内面

2007年11月03日

偶には照準を合わせて

何故私は此処に在るのか。
満たされるため? 平穏を得るため?
違う。繭に包まれる為に此処に
在るわけではない。隔絶された理想郷。
隔絶されているが故の理想郷。
旅人は、其処に留まってはならない。

悩み続けるから進み続けられる。
旅を止めた旅人に詩は詠えない。
人は等しく芥であり、人は等しく滅びるが、
詩は珠玉となり、詩は時を超えうる。

希望の先に絶望はあり、
絶望を超えた先に希望はある。
旅に生きる旅人は、故に希望を詠う。
其れは旅を続けた証。其れが真であり美。

さあ旅を続けよう。辛く困難な旅を。
さあ旅を続けよう。甘美で幸福な旅を。
死の鎌首に捉えられる刹那まで。
タグ: 旅人
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 思索@内面

2007年09月07日

無事に死に損ねました

自転車で街を走りつつ、ふと幸せだなと感じる。
将来のことは分からないけど、今はやれることを
一生懸命やってる。仕事はたくさん溜まってるけど、
やるべき仕事があるのは良いことだ。
食べるものには苦労してないし、お金にも困ってない。
煩わしい人間関係はないし、健康状態も良好。
娯楽はインターネットがあれば事足りるw

あー、これって確かにかなり幸せだわ。
時間は思い出を美化させる。過去を振り返れば
いつも幸せだったと言えるけど、今生きている
この瞬間を心から幸せと感じたのはいつ以来だろう?

そして幸せを感じた刹那、儚さが湧いてくる。
幸せの計測は、同時にそれを失う恐怖の計測も齎す。
まあでも、それは悪いことじゃない。
だからこそ、僕は絶望せずにやってこれた。
一瞬の救済に感謝しつつ、目の前の道を駆ける。

Being as life, 閉じた幸せは偽物だ。
the_urge.jpg
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

Puppiest.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。