2010年01月19日

漁協からメールが来た

やっぱりITって凄いですね。
僕が一村一品運動で係わっていた
エチオピアの漁協のメンバーから、
最近どうしてる的なメールが届きました!

色々な経営環境の変化で、残念ながら漁協は
操業を中止したと耳に入れていたので、
あのときのメンバーたちは大丈夫なのかと
不安に思っていたのですが、
生きていると分かって少し安心しました。

今後とも彼らとコンタクトを取りつつ、
僕が役に立てることを探っていきたいです。
協力隊の二年間は、二年間で終わりって
ことじゃなくて、二年間をきっかけとして
更に先に進むってことが本当でしょうから。

…というか、まあ、友達から久しぶりに
メールが来たら単純に嬉しいし、
幸せにやってて欲しいって思うさねw
英語の適当さは辛かったけど(苦笑
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2009年01月08日

最後の最後もドタバタ

最終日がいつもに増して忙しないってのは
僕らしくはあるんですが、それにしても
アホみたいに色々なイベントが起こりました。
その内訳はこんな感じ。

・早めの便で帰る同期隊員を見送る
・昨日着任した新隊員とブリーフィング
・TOP Linuxの取り扱い先を更に開拓成功
・某有名なNPOの女性と仲良くなる
・農業短期隊員の引き上げを労う
・Linux開発者のボランティア要請が上がる

同期のT隊員はナミビアに寄ってから
日本に戻るとのことで、早朝6時にドミを
出発でした。早起きしてそれを見送ると、
昨日着任した新隊員が起き出し、
朝ご飯を買いたいというので近くの
24時間営業のスーパーに連れて行き、
併せてドミの使い方を簡単に伝えました。
実は昨日夕食を一緒に取ったのを含め、
一日しか猶予が無かったのに新隊員と
たくさん接触できたのは面白かったです。

で、次にTOP Linuxの取り扱い先を
もう一件増やすための営業をしようと
街に出たところ、旅行者の女の子が
英語が通じなくて困っていたので、
アムハラ語の通訳を行ったら代わりに
お茶に誘われ、話を聞いてみると
ハルツームのプロジェクトに関わるため
スーダンで働いているという才女でした。
こんなレアな人材と知り合えるとは…。
borderless.jpg

でもってドミに戻ると農業短期隊員が
田舎の試験場から引き上げていて、
機会があればエチオピアでもう一度
仕事をしたいねという話になったんですが、
その舌の根が乾かないうちに某大学から
プロジェクトワークの責任者として
Linux開発者というか僕をアサインしたい
なんて電話が舞い込んできて、空港行きの
車中で案件形成の話を職員と行うという
奇天烈な状況になってしまいました。
全くもって帰国する雰囲気じゃないですw

実際ビザの関係で出国拒否を言い渡される
という大トラブル(Mさん最後までご迷惑を
おかけしました…)もあり、本気で帰れない
勢いだったんですが、まあ今はドバイです。

いやはや、ドバイに着いて帰国の実感が
やっと沸いてきました。しかし、最後まで
ドタバタにエチオピア生活を送ったのは
幸せなことだったんだろうなと思います。
二年間フルに楽しめたってことですからね☆
…エチオピアの皆さん、今まで本当に有難う!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2009年01月07日

ジブチ隊員を連れ回す

お隣の国ジブチの同期隊員が帰国の途中で
エチオピアを訪れることになりました。
ジブチはエチオピア事務所が一緒に
管轄を行っているため、偉い人の色々で
ドバイ直行便があっても一度エチオピアに
寄ることになっているみたいです。

で、今日は夕方まで空き時間ということで、
同期全員でアジスアベバ観光をしようという
流れになりました。プチ任国外旅行っすねw

残念ながら(?)今日はエチオピア正教の
クリスマスだったもんで、殆どのお店が
クローズしちゃってたんですが、
それでも外国人向けのコーヒーショップで
エスプレッソとティラミスを楽しみ、
スーパーマーケットでボブマーリーや
スパイス紅茶のお土産を買い、正教総本山の
伽藍のステンドグラスやフレスコ画を見物し、
五つ星ホテルのシェラトンで別次元の
贅沢な空間に驚き、アジスアベバ下町を
そぞろ歩いて本当のエチオピアを感じ、
最後にタイトゥホテルでドロワットライスを
賞味したところ、必要以上にエチオピアを
堪能して貰えたようです…歩かせ過ぎで
ドミに戻った後にぐったりしてました(爆

さて、明日はいよいよ僕の出国日です。
まだ全然実感が無いですが(汗
こんなんで社会復帰できるのかなあ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2009年01月04日

新年早々人生いろいろ

なんか親友が結婚報告をしてたりとか、
縁のあった女の子が身を持ち崩して入院とか、
衝撃的な事実が立て続けに二件発覚しまして、
日本は激動だなと感じる一日でした。

いや、つか日本だけじゃないわな。
この金融崩壊=信用崩壊=経済崩壊は
世界全体に暗い影を指しつつあるし、
今年は本当に正念場の一年になるかもしれん。
…毎年こんなこと言ってる気もするけど(爆

とりあえず、あと10日くらいしたら
アメリカ発で更に衝撃が走る可能性も踏まえて、
手持ちのエチオピア通貨はユーロなり
円なりに早めに変えておこうと思います。

他には…やるべきことは…信念を持って
運命の波を泳ぎ続けるしか無いんだろうね。
しかも、信念が碇と化してしまわないよう、
思考の柔軟さは失っちゃいけない。
それでも楽しく生きなきゃ意味が無い。

あれだね。ブルーハーツでも歌おうか。
 ♪見えない自由が欲しくて
 ♪見えない銃を打ちまくる
 ♪本当の声を聞かせておくれよ
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2009年01月03日

フェアウエルパーティ

あんまり実感はないのですが、
あと五日で僕はエチオピアを発つので、
他の隊員たちがフェアウエルパーティを
開催してくれました。

あんまり日本人同士の付き合いってのが
水に合わない僕だったんですが、
最後くらいは素直に感謝して
歓待にあずからせてもらいました。

途中でタロット占いを披露したら、
そこからは占いパーティになってしまった
感はありますが、逆に楽しかったです。
なんだかんだ言って目立てると嬉しいw
farewell-et.jpg

バハルダールからアジスアベバに
引き上げてきてから、いつものペースで
仕事ができないのは困りモノなんですが、
ま、最後くらいはユルいのもありかな?
後悔しないように時間を噛み締めますわ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2009年01月02日

声優とは違う方のCV

Curriculum Vitaeと書いてイギリス英語で
履歴書という意味だそうです。
これを正月早々徹夜して作ったのは、
1月8日から約一週間ドバイに滞在するため。

派遣労働者の50%が失業するかもって感じの
超絶不動産バブル崩壊真っ最中ですが、
地理的にビジネス機会と潜在力を持った国の
はずなので、将来を考えた就職調査と
コネ作りをしようと画策したわけです。

で、そうなると、やっぱり履歴書って
必要よねという結論に落ち着いたわけですが、
英文の履歴書って非常に難しい!
フリーフォームだからデザイン能力要るし、
ある程度の自己主張がないと埋没するし、
その他にも気を付けることが色々あるし…。
(参考:一歩上いく英文履歴書の書き方

最終的に書き上がったビズアイユさんの
CV
はこんな感じになったんですが、
ツッコミどころ満載だと思うので、
色々とコメントをいただけると幸いです(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年10月04日

ああ高速回線が欲しい

この前開発したカスタマイズ版のPuppy NOPを
アップロードしようとネットカフェに
行ったんですが、16時間も張り付いた挙句、
アップロードは失敗しやがりました(死
200Birrが水の泡。IELTSに続きドブに金です…。

まあ、エチオピアの回線品質で、
レジュームのないHTTPアップローダを使って
126MBものISOをアップロードしようとしたのが
そもそもの間違いだったのかもしれませんが、
せっかく作ったものは皆に使って貰いたくて…。

もしこの日記を見ている人の中で、
心優しい鯖持ちさんがいたら、
FTPでISOを置かしてくれないかしら?
逆シックスシグマな確率でしょうけど(汗

やはり、途上国のICTインフラの改善は
早急に進めないといけない課題ですね。
…主に僕のために(爆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年10月03日

契約書の取り交わし日

結構に長い間アジスアベバに滞在していたのは、
このイベントをこなす必要があったからでした。
本日、干し魚の代理店契約を正式に書面で
取り交わしました。

本当は郵送で済ます予定が、事故が起こって
郵便物が行方不明になってしまったので、
ここまで長引いてしまったんですよね(汗
うーん、エチオピアンクオリティ…。

ただ、契約書は取り交わしたものの、
ビジネスをtake offさせるためには
まだまだ問題が山積み。雨季の干し魚は
やっぱりカビ易かったり(パッケージに
湿気が含まれてしまう)、色々と助力を
していただいていた専門家の帰国が
迫っていたり、そもそも僕もあと三ヶ月しか
エチオピアにいれないのに生産以外のことが
干し魚メンバにはからっきしだったり…。

僕がバハルダールにいるうちに
観光の隊員が新しく派遣されると
本決まりになったのは良かったんですが、
契約とか税金とか味の改善とか
そこらへんの塩梅は慣れてないと間違いなく
難しいと思うし、いやはや辛い状況ですわ(汗
…気合いのストックは持つかしら?
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月30日

人生初のキャッシング

生活費が足りなくなったわけではないんです。
ただ、オーダーメイドのスーツやジャケットや
レザーパンツが欲しくなって…帰国前なもので。

エチオピアではUNIQLOのハイネックを
着たっきりですが、僕だって日本じゃ多少は
お洒落な格好をしたいって思う一般人。
だったら、エチオピアでしか買えない
(主に金銭的な意味で)オートクチュールに
手を出してみたいって思うわけですよ。

で、今日はシェラトンに行ってVISAの
キャッシングを敢行してきたわけですが、
ちゃんと4000Birr引き出すことができました。
手数料は2.5%で、利息が1.5%くらいになるかな?
(ちゃんと一ヶ月払いで返済するからねw)

日本円をUSDを経由させずにBirrに替えられ、
目減りする金額が額面の4.0%くらいってのは、
やっぱり送金の手段としてはとても優秀ですね。
たった10分で引き出せたってのも素晴らしい!

これから海外に行く人は、ぜひVISAの
クレジットカードも持っていきましょう。
海外旅行傷害保険が付帯してたりするし、
前に行った調査の結果も証明されましたから☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月29日

受験票無しで門前払い

最強のポカミスをやらかしてしまいました。
IELTSという英語力判定試験をアジスアベバの
ブリティッシュカウンシルで受けようと
思っていたのですが、受験票をバハルダールに
忘れてきてしまいました。なんてアホな…。

受験票無しで受験させてくれないかと
相談もしたんですが、世の中はそんなに
スウィートじゃなかったです(汗

これで、受験料1200Birrはパー。
アジスアベバでしか受験できないテストだから、
今後リベンジする機会が作れるかも微妙。
あああ、自分の馬鹿さ加減を呪います…。

こうなったら、せめて明後日のITILの方は
受からないと情けなさ過ぎる。空いてしまった
時間でせっせと過去問を解くことにします。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月28日

前大使のパソコン修理

パソコン修理屋ビズアイユの評判は
知らないところで大きくなっているようで、
今回のアジスアベバ滞在では前駐日大使から
パソコン修理を頼まれてしまいました。

症状は、SONYのVAIOがセーフモードでしか
立ち上がらなくなっているとのこと。
まずウイルスの感染を疑ったけど、
その痕跡はなく、サクっと問題解決とは
いきそうにない感じ。しかも、前大使は
作業中ずっと横にいるので、作業時間を
延ばすと気まずくなるのは必至(汗

ということで、Windowsの再インストールが
必要とサクっと諦め、前大使には明日の
受け取りということで家に戻ってもらいました。
株以外でも損切りって重要ですねw

でもって、再インストールを進めていると、
グラフィックドライバを入れたところで
ブルーアウト。その後はセーフモードでしか
立ち上がらない。原因はコイツですね。
ドライバを無効にしたら通常起動したし、
これで間違いありません!

いやあ、きちんと修理できて良かったー。
失敗したら国家レベルで印象低下ですもん。
あー、寿命が縮むからVIPの依頼は
もう軽々しく受けないようにしよう…。

追記:
とはいえ、前大使との雑談は面白かったです。
エチオピアで都市計画が行われた街は
新進のバハルダール/ナザレット/アワサと
ディレダワの一部だけとかの行政トーク。
うーん、アンビバレンツだわーw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月27日

無事をお知らせします

エチオピアで邦人が拉致されたという報道があり、
更にブログが更新停止中だったので不安に
思った方もいるかもしれませんが、僕は元気です。

ただ、今回の拉致事件には複雑な思いもあります。
何故彼女のような慎重な人が世界で最も危険な
地域の一つであるオガデンに出向いたのか?
GOとNGOで国際協力の活動地域がこんなにも
違っているのは欺瞞ではないのか…僕らは
基本的に安全な地域でしか活動していません。

まあ、考えるだけでは何も変わりませんけどね。
そして、この件に関して考える以上のことを
僕がしようとも思ってはいないのですがね。

祈るだけです。都合の良い神様なんて
まるっきり信じていないけど、祈るだけです。
もしあなたが神様を信じている人なら、
良かったらあなたの神様に彼女の無事を
祈ってもらえると嬉しいです。…………。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月26日

ナザレットで肉を食い

僕の一つ前の隊次の人たちが日本へ帰ります。
その送迎会として、焼肉が美味しいと言われる
アジスアベバ近郊のナザレットという都市で
パーティが開催されました。

美味しい焼肉は当然のこと、歌あり酒ありの
とても賑やかなパーティになりました。
Ethiopian_raw_beef.jpg Ethiopian_fried_beef.jpg

僕は、老兵は死なずただ消え去るのみというか、
仕事が終わったらひっそりと消えるのに
格好良さを感じるタイプなんですが、
ここまで盛り上がった送迎会を見ると、
それはそれで羨ましくなりますね。
ああ、なんて彼らは愛されていたんだろうと。

仕事は僕の核です。それは変わらないと思います。
けど、同時に仕事だけじゃ限界があるような
気も最近しています。気付くの遅いかな?(汗

自分を追い込んで仕事をするのが僕のやり方で、
このやり方に相手を巻き込んでしまえば、
大抵の相手は僕のペースに持っていけました。
でも、そうすると孤立していくのよね。

…そりゃそうだ、僕にとっては当たり前に
なったけど、それは息継ぎ無しの我慢比べ。
一緒にいたら苦しくなっちゃうんだろうな。

仕事、絆、情、色々分からなくなってきました。
最後まで、イベント尽くしのエチオピアです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年09月24日

とうとう帰国説明の日

Puppy Linux関連の話題を続けている間に
アジスアベバに上がっていたわけですが、
それは何故かと言うと帰国の近い隊員向けに
帰国説明会が予定されていたからです。

どうやら帰国のためには例によって
書類をたくさん作る必要があるみたいですが、
それを進めてると否が応でも気持ちが
日本に向いちゃうんでしょうね。

いやはや、何度も書いている気がするけど、
時が経つのは早いものです。自分が時代の流れに
取り残されている気分すらしてしまうほど…。

答えを出さなくちゃな、色々な意味で。
エチオピアで拾った課題は、エチオピアに
いるうちに全て片付けなきゃって思う。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月31日

僕を探さないで下さい

まあ、最近色々とあったわけですよ。
僕をよく知る人が色々あったと聞くと、
何があったかは一発でバレるんですがw

とにかく、少し頭を整理する時間が
今は必要な気がしてます。何が僕にとって
風通しの良い考え方であり生き方なのか、
何が僕の本当に求めるものなのか、
どうすればそれらを手に入れられるのか…。

ということで、ちょっと家出します。
もちろん、上から怒られない範囲で。
それでは行ってきます!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月13日

優先順位より劣後順位

アジスアベバ最終日の今日、
最後のタスクであるIELTS申込みのため、
ピアッサのBritish Councilに出かけました。

だから何と言われると返す言葉がないのですが、
エチオピアに来た理由の一つに英語力の向上が
挙げられるので、ドキドキだったのですよ。
この試験の結果如何で、エチオピア生活の
評価が決まってしまう気までしているので。

なんとか恥ずかしくない結果を出したいなあ。
そのためにもキチンと問題集を解かなきゃ。
しかし、どうやって時間を作ろう?

試験日は来月の27日なのですが、
目の前に積まれたタスクは例によって
盛りだくさんです。生きるために本当に
必要な能力は優先順位を付ける能力ではなく
劣後順位を付ける能力とドラッカーは
看破していましたが、正にそうなのでしょう。
何を諦めれば良いのか、真剣に考えなきゃ…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月12日

ラヴリーに髪を切った

さて、昨日まで結構頑張って動いてきたので、
今日は自分を甘やかしちゃおうと思いますw
アジスアベバに上がらないと体験できない、
スチームサウナ&エステ&ヘアサロンの
フルコースを堪能させていただきます☆

で、今回もいつものLovely Beauty Spaを
利用したわけですが、香草のスチームサウナに
豊富な水量のシャワーって良いですね♪
これで十分に温もった後のオイルマッサージとか、
ヨダレが漏れちゃうくらい気持ち良いですw

そして、肌がツルツルになったのを
鏡で確認しながらヘアカットに移ります。
エチオピアでは今まで床屋でしか髪を
切ったことがなかったのですが、
ヘアサロンの人の腕前はどうなんでしょう?

早速、日本にいたときのように髪の切り方を
指示してみます。…横と後ろは刈り上げて、
前髪は短くせずに揃える程度で、後は梳き鋏で
ボリュームを減らす感じにお願いします。
そして一時間後の僕の風貌が下の写真。
あれ、結構僕って男前なんじゃね(←勘違い
haircut1.jpg haircut2.jpg

ちなみに、Lovely Beauty Spaの料金設定は
以下のようになっています。バハルダールの
床屋でも20Birr取られているのを考えると、
毎回ここで髪を切りたいって思っちゃいますね。
 ・スチームサウナ=50Birr
 ・マッサージ=80Birr
 ・ヘアカット=25Birr
 ・フェイシャル=150Birr

それにしても、今日はリフレッシュできたなー。
また明日から全力疾走で頑張らないと!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月11日

とてつもないオーダー

アジスアベバに来たもう一つの目的である、
干し魚の営業活動の日がやってきました。
代理店契約の締結や、新味のお披露目や、
パッケージの改善や、営業戦略の策定など、
重要な話し合いをしなければなりません。

で、僕、一村一品の専門家、代理店側の協力者、
干し魚に興味のある隊員で集まったわけですが、
話し合いの結果は以下のようになりました。

・契約書に特に問題は無し
 →正式に代理店契約が締結されます!
・新味のガーリック味はパンチ不足
 →ショウガを足し、天然味として改善へ
・パッケージは更なる改善の必要アリ
 →代理店側の改善案を受け取ることに
・卸値の高さを総ツッコミ喰らう…
 →薄利多売で現場を疲弊させないためです

製造者として譲れない部分は譲れませんが、
それ以外の部分には真摯に耳を傾け、
継続的な改善を行なわないといけませんね。

そして、実はここからが本題になるのですが、
この話し合いの後、合計で600パッケージもの
注文を代理店から受け取ることができました!
いやあ、製造施設をフル回転させないと
対応できないオーダーですよ。凄過ぎる。

こんなに大量のオーダーを出すということは、
僕たちの商売を信頼してくれているという証拠。
これを裏切ることのないよう、皆で責任を
持って製造に取り組まなければいけないと、
改めて身が引き締まる思いです。頑張らなきゃ!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月10日

企画書をサクっと書け

三日前に大まかな開催の方向性が決まった
次期ITセミナーの企画書を超特急で
仕上げています。いや、実際もう少し
のんびりやっても怒られないとは思うんですが、
だからこそ無理して急ぐことに意味がある。

次のITセミナーを企画するに当たっては、
今後の戦略とか格好良いことを盛り込む関係上、
隊員側が事務所に対するイニシアチブを
持つ必要があるんだと考えているんです。
仕事の早さは相手に対するプレッシャーに
なりますから、それも利用したいんですよね。

今は協力隊員という気楽な身分ですが、
だからといってタフな仕事のやり方を
忘れるのは勿体無いと思います。
どこに行っても仕事は結果を出してナンボ。
だったら、日本で鍛えてきた力を
素直に発揮した方が、実りある二年間に
できるんじゃないかなと。

途上国にいるからって、生活のリズムが
違うからって、それは言い訳にならない。
相手に合わせなくちゃ進まない仕事は
当然あるでしょうが、逆に自分のペースで
進められる仕事だってあるはずです。

ということで、僕は走らなきゃ。
走って走って走らないと、凡人の僕は
日本の秀才たちに周回遅れにされちゃうし。
…さて、企画書作成に戻ろうっと。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月09日

時間の移ろいを感じる

今回のアジスアベバ滞在では久しぶりに
隊員連絡所(ドミトリー)に宿泊しています。
なので、住む家がまだ決まっていない
今期の新隊員さんたちと話す機会が
多くなったのですが、みんな元気だねー。

ぶっちゃけ僕は彼らと直接絡むことは
もうないだろうから、名前とか覚えなくて
結構ですとか、気を使わなくて良いですとか
言ってたんですが、それが逆効果だったのか、
クールなビズアイユさんというイメージが
早々に定着してしまいました。
クールだなんて…嬉しいじゃないかw

しかし、新しい人が来るということは、
日本に帰る人もいるという協力隊。
仲が良くて頼りになった先輩隊員は皆、
いなくなります。そして次は僕の番。
…ぼちぼち社会復帰のプランを
綿密なものにしないといけないなあ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月08日

エチオピア経済の現況

今日はJICA関係者が一同に集まって
情報交換を行う連絡協議会なるイベントが
開催されたのですが、そこで現在の
エチオピア経済の現況に関する情報が
報告されました。面白かったので
それをサクッとまとめてみることにします。

・農業を中心とした堅調な経済成長が見られる
 →アジスアベバでは建設ラッシュも
・実質マイナス金利のため、バブルが発生中
 →貸出金利11%に対し、インフレ20%超
・インフレの原因は石油と穀物の高騰
 →スーダンとの低価格輸入契約も終了した
・外貨準備高が急速に減少中
 →輸入額の5ヶ月程度が2か月程度に

で、金持ち(政府系企業の人とか)は
ガンガン金持ちになって、庶民は石油と
穀物の高騰で生活の悪化が著しいという
状況なので、金持ちを狙った犯罪が
増えつつあります。スリとか空き巣とか。
金持ちじゃないけど隊員もターゲットに(汗

更に、今年は小雨季に全く雨が降らなかったので、
農作物の凶作→穀物価格UPという展開が予想され、
庶民の生活はますます困窮しそうな雰囲気です。
…暴動起こらないと良いけどなあ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月07日

僕の隊員活動は終わり

そもそも他のIT系隊員のポテンシャルが
高いところに裏工作までしたわけなんで、
決めるべきことは設定された時間内に
キッチリと決まりました。良かった良かった。

しかし、決まったことは良いのですが、
任期があと4ヶ月ちょいしかない僕には、
最後まで責任を持って決めたことを
遂行するってことが不可能なのですね。
取りまとめや側面支援までは出来ても、
結果は他のIT系隊員に託すしかない。

僕の隊員活動は終わったようです。
後は、今までやってきたことの幕引きを
綺麗に行うことが活動の主体となる。
良くも悪くも撤退戦です。

少し寂しいですが、これが協力隊員の宿命。
僕の存在をエチオピアから消しても
物事が上手く回るように、静かに影を
薄くしていくことにしましょう。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年08月06日

肝なのは議論より決定

アジスアベバに到着しました。
半年に一度の隊員総会に出席するのと、
干し魚の営業活動を行うのが目的です。

で、まずは明日の隊員総会に向けて、
早速色々と裏工作を始めますw
というのは、一ヶ月以内に帰ってしまう
隊員を除いて、僕がIT系隊員の中で
一番年寄りになったため、
意見の取りまとめ役になったんです。

しかも、今回の総会では、非常に重い
話題を議論しなくちゃいけない。
今後のIT系隊員の全体活動戦略を
どのようなものとするか、それと関連して
ITセミナーをどのように開催するか…。

ここまで重いテーマを、根回しなしで
3時間程度で取りまとめるなんて無理!
だから、個々の隊員に議題の意図を話し、
どこに議論の着地点が設定できそうか
事前に検討しました。

その甲斐あって、総会の進め方の
イメージが具体的になってきましたが、
ま、勝負は明日ですね。頑張らなくちゃ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月20日

シェラトンでディナー

気を張る仕事が続いたので、
自分を甘やかす行動に出てみました。
エチオピアで最高のホテルである、
シェラトンのディナーを食べにいきます。
ちなみに、これがシェラトンホテル。
Sheraton_AA1.jpg Sheraton_AA2.jpg

こんな最高級ホテルでディナーなんて
日本だと30,000円は堅いと思うんですが、
エチオピアだと2,000円でおつりです。
これは後学のため突撃するしかないっしょw
で、テーブルの上はこんな感じに。
Sheraton_dinner1.jpg Sheraton_dinner2.jpg

バイキングだったんで、食べ負け防止で
アホみたいに盛りまくりですw
周りはエレガントな雰囲気なのに、
ここだけ学生街のおばちゃん食堂です(爆

で、早速ガッツリいただきます。
やっぱり最高級ホテルのレストランです。
味付けが全然普通のレストランと違います。
特に感動したのは前菜。ドレッシングとか
香草の利かせ方がとても上手いんですよ。

残念ながらグリル系は温度を保たないと
いけない関係で味が雑になってましたが、
それでも普通に美味しかったです。
つか、アラカルトで頼んでない時点で
そこまでは求めちゃダメって話ですねw

そして最後にデザート。
デザートのバイキングが充実しているのは
女性の皆さんへの訴求力が高いですね。
もちろん、僕への訴求力も高いので、
デザートも二皿持ってきちゃいましたw
Sheraton_dinner3.jpg Sheraton_dinner4.jpg

いやあ、カスタードとイチゴのババロアが
最高に良かったです。普通にエチオピアで
生活してたら、こんなの絶対食べれないもん。
ちょっとムースの味はしつこかったように
思いますが、まあ二皿目でさすがに血糖値が
上がっていたのが原因かもしれませんw

ということで、素敵な一日でした☆
これで明日からも仕事に励まないとね。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月19日

戦慄の干し魚作戦会議

二日続けてのITセミナーの後は、
干し魚に関する打ち合わせです。
せっかくアジスアベバにいるのですから、
専門家の方や代理店候補の方と
打ち合わせをしないともったいなくて。

で、今回の打ち合わせの目的はこんな感じ。
 ・干し魚の味に関するヒアリング
 ・今後のマーケティング戦略の策定
 ・魅力的なパッケージのアイデア出し

ちなみに、GTZのバーバラさんも同時期に
アジスアベバに上がっておりまして、
彼女も今回の打ち合わせに参加します。
つまり、議事進行は英語になるという罠w

しかし、仕事の話だと展開が読めるぶん、
結構すんなりと英語が出るし入ってきます。
必要は成長の母ってことなんでしょうね。
協力隊終わっても英語を使う環境に
自分を置けると良いんですけど。

そして肝心の打ち合わせ結果ですが、
以下のようになりました。
 ・ティラピアとニゴイで魚の味は変わらない
 ・バルバリ(唐辛子)の味付けは美味しい
 ・が、マーケ的には新しい味付けが必要
  (ガーリック味やテリヤキ味など)
 ・量を捌くためには観光客ではなく
  駐在外国人や富裕層を狙うべき
 ・現在パッケージは全般的に改善すべき
  (チープかつターゲットに訴求しない)
 ・日本人の関与を前面に出すべき
  (Japanは高品質の代名詞)

…かなりタフな宿題ですね、これ。
新しい味付けを開発して、パッケージを
作り直して、販売戦略練り直しと。
今まで進めていた歩みが七割くらい
戻ってしまったような気がします(汗

やっぱり一つの商売を立ち上げるって
一筋縄じゃ行かないものだなあ。
まあ、それでも頑張るしかないんだけどさ。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月18日

電気無しのITセミナー

昨日に引き続きITセミナーですが、
今回の会場は計画停電中で電気が使えませんw
この異常事態を僕たちは乗り切れるのか?
まあ、やってやるしかないさね。

で、僕の発表は機能のセキュリティを
変更して、スマートフォンについて。
おととい準備したヤツですね。
Mobile_Computing.pdf

ちなみに、途上国でこんな発表をしても
言いっ放しに終わるんじゃないかという
印象を受ける人もいると思いますが、
通信仕様が同じ欧米のスマートフォンは
エチオピアでも使えるという点と、
普通にパソコン買うより安いという点で、
実はIT活用のオルタナティブに
なりえると僕は考えています。

閑話休題、いよいよ発表本番です。
前回のように生徒が発表に飽きちゃうと
マズイので、色々仕掛けを用意しました。
写真を取ったり、音楽を流したり、
タッチペンのゲームをやらせてみたり…。
もちろん、真面目にeメールとか
オフィス関係の説明をしましたけど、
メリハリがきちんと付けられたのか、
生徒の興味をバッチリ引けている模様。
今回は大成功ですね☆

そして、他の発表も問題なく進んでいる感じ。
ハードウエアの発表だから電気なしでOKとか、
バッテリを二本持ってきて耐用時間を
伸ばしたりとか、実演のときだけ電源を
ONにしたりとか、皆さん工夫されてます。

終わってみれば、今までとあまり変わりなく、
きちんとしたITセミナーを開催できたようで、
これには結構ビックリ。途上国にいると
少々のトラブルにはめげなくなるという
ことでしょうか。協力隊万歳ですw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月17日

思い通りには伝わらず

アジスアベバでは二箇所の高校でITセミナーが
開催されます。今日の会場には電気があるので、
セキュリティに関する発表を行います。

で、頑張ってこんな資料(参考)を作ったので、
張り切って発表を行ったのですが…大失敗。
説明する内容が若干難し過ぎたのか、
生徒の集中力が持たず、周りの格好良い
マルチメディア系の発表に意識が移ってます(汗

仕方がないので、二回目の発表からは
ウイルスの性質とその駆除方法だけを説明し、
駆除作業を実際に生徒にやってもらうことに。
さすがに手を動かしている最中は、
意識が他に移ったりしませんでしたw

しかし、やっぱりセキュリティなんて
地味なテーマだと、生徒の盛り上がりは
乏しかったなあ。この国の高校の教科書には
セキュリティのことが載っていないから、
ITセミナーで補うのは良いアイデアだと
考えていたんだけど、もっと見せ方を
工夫しないと言いっ放しになっちゃうな…。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月16日

停電に負けてたまるか

アジスアベバの隊員連絡所で
ゆっくりしていると、こんなメールが
携帯電話に入ってきました。
「明後日のITセミナーに電気はありません。」

おいおいおい、パソコン使うイベントで
電気が使えないって大問題だろ(汗

…どうやら、計画停電の日程が
直前で変更になったらしいのですが、
既に地方隊員もアジスアベバに
上がってきているので、ITセミナーの
日程を移動させることは不可能です。

仕方がないので、プレゼンの内容を
急遽スマートフォンの紹介に変えます。
ちなみにスマートフォンってこんなのです。
http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/007sh/
wikipedia:スマートフォン

これだと、内蔵バッテリがイベントの
続く間持ち続けるから、停電でもOKと。
で、プレゼン資料は事前に印刷することで
外部電源を一切使わなくて良くなる…完璧!

ということで、明後日どうなったかは
きちんと報告させてもらいますねw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年04月15日

徒然と移動日を過ごす

火曜日は計画停電と踏んで、
早朝までITセミナーの準備をしていた
僕の戦術は当たりでしたね。
昼間に起きたら電気点きませんでしたw

で、色々と荷物の準備をして空港へ。
今日のフライトは二時間遅れになると
事前に聞いていたんですが、
かなり遅くまで寝ていたので、
空港に着いたのはチェックイン時間
ぎりぎり前でした。定刻通りだったら
確実に乗り遅れてた気がするw

ま、そんなこんなで今回の開催地である
アジスアベバに到着したわけですが、
やっぱり凄いね、首都ってのは。
ついに無線LANの装備がコンピュータ屋に
揃い出したし、電気屋に行ったら
NintendoDSが普通に置いてあった。
もし英語漬けも置いてあったら、
衝動買いしてたかもしれないなあw

とりあえず今日は、昨日の徹夜と
移動で疲れてるから、これ以上は特に
何もせず、ゆっくりしようと思います。
ではおやすみなさーい☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月19日

メラウイの特産アラキ

昨日のメラウイ案内の続きなんですが、
僕の趣味でアラキベットにも行っちゃいました。

アラキとはエチオピアの地焼酎のことで、
アラキベットとはその製造工場のことです。
ここメラウイのアラキは美味しいということで
全国的に有名で、JICAの某現地スタッフは
バハルダール出張の度にメラウイに寄り、
アラキを購入していっていますw

で、そのアラキベットの様子はこんな感じ。
araki_bet.jpg

せっかくなので作り方も聞いてみました。
麦とホップと少量のメイズを水に入れ、
酵母を投入して原酒を造ります。
これには一ヶ月ほどかかるそうです。
たぶん、麦を蒸したり砂糖を入れれば
発酵の時間を抑えられると思うけど、
まあそれは言わないでおきますw
araki_material.jpg pre-processed_araki.jpg

その後、原酒を蒸留壷にいれて加熱し、
アルコールだけを分留することで
アラキが完成します。
araki_processing.jpg

芋焼酎より強烈に穀物の匂いを発する
アラキですが、この匂いに慣れると
甘みと美味しさを感じられるようになります。

ちなみに、僕はこれを料理酒としても
使っているのですが、相当コクが出るので
オススメです。隠し味に一ついかがでしょう?
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月18日

メラウイ高校見学の旅

例の大学生たちが村落部の学校を
見学に行きたいというので、
バハルダールから車で45分ほど南下した
メラウイという町にご案内しました。

この町には高校が一つあり、
そこにはかつてベテラン教員の隊員が
赴任していまして、今回はそこに
話を聞きに行くことにしました。
(ありがとうございました、N隊員!)

色々なお話を教頭先生から聞かせて
いただいたのですが、僕の印象に
残ったのは以下のような事柄でした。

 ・高校の先生の初任給は1100ブルしかない
 ・ITの先生は人材不足で大卒を雇えない
 ・8時間離れた集落から通っている学生がいる
  (彼らは共同で近くに粗末な家を借りている)
 ・昼間は停電で遠隔授業は機能していない

そんな状況なのに、成績優秀者や不良者に
対する補習をきめ細かく行っていたり、
家庭に教育の参加意識を持ってもらうために
成績通知レターを定期的に発行していたり、
非常に意欲的な取り組みをされていたのには
頭が下がる思いでした。

このように頑張っている現場はあるのですから、
後は中央がしっかりとした戦略・方針を示せば、
この国の教育レベルは大きく向上するでしょう。
…それが一番難しいのかな、日本も含めて。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月07日

がっつりダウンロード

JICA事務所のインターネット回線は
128Kbpsきっちり出るADSLなので、
この機にアホみたいに色々なものの
ダウンロードをしてきました。

Microsoft Updateを全部当てて、
ThinkPadのパッチも全部当てて、
Puppy Linux NOPの最新版を落として、
OpenOfficeOrgもアクセサリ含めて落として、
5日間ほど溜まってた1000通弱のメールを
全部取り込み、メーラもきっちり更新。
たぶん、今日だけで1GBはデータ落としたw

やっぱり高速回線は良いなあ。
つっても、今の日本だとPHSでこの速度が
出せるんですよね? 隔世の感があります…。

こうさー、エチオピアは内陸国なんだから
とにかくインフラを良くしないと他の国の
産業が寄り付かないと思うのよね。
なんで、情報規制なんかやってないで、
まずはインターネットから大開放したら
どうなんだろうと思うんですが、どうでしょ?
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月04日

看板から見えるこの国

とりあえず下の写真を見て欲しい。
で、そこから何か感動が沸いてこないかな?
Amharic_NOKIA.jpg

何の変哲もない看板じゃん。
そうかもね。でも、そうじゃなくて。
アムハラ語だから読めないよ。
そうかもね。でも、そうじゃなくて。

僕は、この光景にかなり感動したんですよ。
遂に、アムハラ語で操作できるケータイが
出てきたんだなって。

今まで、ケータイはお金持ちのもので、
当然のように英語で操作するものだった。
だけど、これはそこまで裕福じゃなくて、
かつ英語が苦手な一般層向けのケータイ。
これって、凄いことでしょ。そこまで、
マーケットの裾野が拡大してるんですから。

それに、ケータイOSがアムハラ語化
されているってことは、エチオピア人が
自らOSを作ったということも表している。
エチオピアにもキチンとしたICT技術者が
育っているという証拠ですよ。
未来を感じる出来事じゃないですか。

時代は変わる、世界も変わる。
この国は20年後どうなっているだろう。
日本は20年後どうなっているだろう。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月03日

最悪の状態からは回復

今日の昼あたりから体調がぼちぼち
回復してきました。昨日から摂取している
バナナとリンゴジュースが効いてきたの
だと思います。そろそろきちんとした
固形物も摂取してみることにします。
手始めは…野菜スープとパンかな。

今回のアジスアベバ行きは余裕のある
スケジュールを組んでいたけど、
このダウンで一気にそれを使い果たしたので、
明日あたりから動けるようにならないと
ちょっと厳しいね。そうでないと、
アジスアベバに倒れに来たのと同じだ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月02日

一人で倒れると危険だ

バハルダールで倒れたなら、家の警備員に
物を買いにいってもらったり、お粥くらいなら
作ってもらえるんだろうけど、なんてったって
アジスアベバに上がっちゃってるからな。
フラフラなのを堪えて物資を揃えないと
そのまま孤独死する…。Help me!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年03月01日

衰弱→食中りのコンボ

昨日から胃の調子が悪くって、
やっとお昼にご飯を食べられるようになった
と思ったら、今度は食中りを起こしました…。
上下関係なく大逆流です(死

も、もうダメじゃー。
エチオピア正教の神は僕を嫌いらしい。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年02月29日

150Birrで首都に移動

いつもは飛行機でアジスアベバまで
移動しているのですが、今回は費用を
低減させるため、陸路で移動することに。
陸路とは言え、バハルダールから
アジスアベバまでの間は4WDを利用した
高速便があることを掴んでいたので、
それを利用すればそんなに疲れないと
踏んでいたのです。

で、朝5時にその高速便が家の近くまで
やってきてくれました。おお、本当に4WDだ。
普通のバス移動だと朝早くにバス停まで
移動しないけないうえに、満員になるまで
待たされるのを考えると、これで150Birr
というのは出色です。(バス移動だと
アジスアベバまで90Birr。)

が、ここでトラブルが。運転手が定員よりも
二人ほど多く予約を取ってしまったらしく、
僕は後部の補助席に座らざるを得ないことに。
まあ移動できるなら問題ないと思って
しまったことが後々の悲劇を招くのでした…。

4WDはバスと違って快適に街路を飛ばしますが、
補助席の座り心地はバスよりも悲惨でした。
クッションが無いからモロに衝撃が来るし、
スピードのせいか立て揺れの幅が尋常じゃない。
これが10時間ほど継続するとどうなるでしょう?
答え:腰を痛める&激しく車酔いする。

PM3:00にアジスアベバについたとき、僕は既に
再起不能状態に陥っていました。顔は真っ青、
腰はガクガク、吐き気で死にそう、胃も振動で
シェイクされちゃって弱ってるから水さえ
飲むことが出来ない…。もったいないけど
タクシーで宿に入って速攻ぶっ倒れました。

ううう、陸路なんて使うんじゃなかった。
安物買いの命失いなんて洒落にならんわ(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年02月01日

隊員総会と餃子の追憶

今日は半期に一度の隊員総会です。
早いもので隊員総会への参加は三度目。
つまり、あと一回の参加で
エチオピアでの活動が終わります。
おお、なんてこった。

だからというわけではないですが、
今回の隊員総会では仕事が多かった。
広域研修大学グループの活動進捗や
今後の方針をまとめたり、
共同宿舎のパソコンを買い換えるに
あたっての枠組みを策定したり、
新隊員のバハルダール赴任にあたっての
後方支援を仰せつかったり…。

ただでさえ本業より一村一品に
力入れ過ぎ疑惑がかかってるのに、
更に側面業務を増やしてどうするんだ(汗
まあ、関係各所に恩を売れるのは
全然良いことなんだけれども。

その後、ICT隊員の懇親会と称して、
中華料理店で話題の餃子を食べる
イベントに出席。久々の餃子は
それなりに美味しかったものの、
西成のミスターギョーザに比べると
全然クオリティが劣る。

日本に帰ったときにおっちゃんは
まだ餃子の商売を続けているか。
そんなことを考えたら、久しぶりに
物憂げな気分になってしまった。
餃子が人生ではなく、人生が餃子(謎
http://sasurahi.seesaa.net/article/21483278.html
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年01月31日

古き湖の民ウェイトォ

干し魚の宣伝と営業を兼ねて今日も
色々な人と会っていたのですが、
その甲斐があって、非常に面白い情報を
仕入れることができました。

一村一品の活動を行っているタナ湖には、
ウェイトォと呼ばれる原住民が
住んでいたそうです。彼らは漁業を生業とし、
肉ではなく魚を主なタンパク源とし、
干し魚の文化を持っていたそうです。

彼らは回りの他の民族に比べて
年を取りにくく、働き者だったそうで、
バハルダールの近代化には
彼らの働きが欠かせなかったようです。
湖岸の木をパピルスボートで
街に運んだり、土木事業に携わったり…。

今では民族独自の衣装を失い、
混血も進んだ彼らを見分けることは
難しくなったそうですが、
今でもパピルスボートを作っているのは
ウェイトォの人たちとのことでした。

…僕はウェイトォの干し魚の文化を
意図せず掘り出しちゃったんですな。
伝説の民族と製品が重なり合うとは、
なんというリアル一村一品。
ますますICT以上の縁を感じるよねw
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

2008年01月30日

旅行会社に干し魚営業

アジスアベバに来た最大の目的の一つが
干し魚の営業ってICT隊員じゃないね(汗
…と、自分ツッコミを入れつつ、
三件ほど旅行会社を回ってきました。

正直なところ、本当に興味を持ってくれる
会社ってあるのかなと不安がありましたが、
いざ行ってみると全ての会社で
干し魚を扱ってみたいという声をいただき、
かなり驚きました。

バハルダールやアワサといった漁業が
盛んな地域では、地元で取れる魚の値段と
干し魚の値段の差を納得できない人が
多かったのですが、アジスアベバでは
もっと高く売れるとの意見も聞け、
場所によって感覚って全然違うものだと
気付くことができました。
これはやはり是非ともアジスアベバで
商売を進めないといけないですね。

しかし、いざ商売を進めるとなると、
連絡先とか銀行口座とかをきちんと
用意しておく必要があるし、契約関連を
しっかり考えないと色々揉め事の元だから、
また段取りを頑張って整えてやらないと…。

いやあ、まだまだ村落開発普及員を
リタイアするわけにはいかなさそうです(汗
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@エチオピア

Puppiest.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。