2015年09月13日

定着しない中華料理屋

今の住まいから歩いてスグの場所に、
中華料理屋が派手に出店しては
潰れるというテナントがある。
昨日そのテナントにオープンしたお店は、
この3年間で4つ目のお店となった。

1つ目のお店は僕が入る前に潰れた。
2つ目のお店の料理人の腕前は見事で、
メニューに無い料理も言えば作ってくれ、
値段も良心的だったのだが、
我が家のリピート虚しく1年で撤退した。
3つ目のお店は安かろう悪かろうで、
気付いたら無くなっていた。

今回のお店はテイストが2つ目の
お店と似ていてリピート確実なので、
是非とも長持ちして欲しいのだけど、
はてさてどうなることか。

何かキャッチーな名物メニューでもあれば
人を呼びやすいのだろうけど、
普通に美味しいだけだと集客弱いのよね。
地獄排骨とか提案してみようかな。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。