2014年04月05日

先に進むため反省する

今回のプロジェクトでは
PLから事前に伝えられた役割を全うでき、
それなりの評価をいただけたものの、
ボーナスに跳ね返るほどの大活躍
というところまでには至らなかった。

前回のプロジェクトでは思うように
力を発揮できなかったことを鑑みると
進歩はあったのかもしれないが、
今の年齢で主任クラスの職位に
甘んじているのは問題なので、
一歩進んだバリューを出せないと
ダメだよなーと考える次第。

特に、今回はコンサルスキルというより
ヒューマンスキル(穏便な人当たり)を
評価されたという側面が強く、
成果物の品質については改善の余地有りとの
お言葉もあったので、そこは反省したい。

で、自分なりに考えたところ、
以下の三つが今後の課題と整理できた。
 @仕事の基礎動作の体得
 A認識合わせの精度向上
 B適切な緊張感の維持

ただ、これだとコクがないので、
もうちょっと突っ込んで書いてみると
以下のような感じ。当たり前のことを
書いているような気もするけど、
前回の反省よりは先に進んでいる
気がするのでOKということにしよう(汗

<仕事の基礎動作を体得せよ>
 ・物事を構造化する(全体感とMECE)
 ・課題を明確化する
 ・ステークホルダーを明確化する
 ・アプローチを組み立てる
  →タスクの洗い出し
  →スケジュールの設定
  →リソースの配分≒役割と責任の分担
  →管理指標のデザイン
  →会議体の設定
 ・証跡とバックアップは必ず残す
  (不可逆な作業は死を招く)

<認識合わせずして成果無し>
 ・相手の求めるものを意識する
  (頭を使う=心を使う)
 ・主体的にロジックを組み上げる
  (So what? Why so?)
 ・説明が必要な資料はクソと心得る
  (当たり前に落ちる資料こそ正義)
 ・暗黙に地雷を埋め込まない
  (主語と前提、言葉と定義)

<クビなんて最初から切られている>
 ・成果を出せない=クビ
 ・目の前の上司は人斬りである
 ・緊張感を持って仕事をしているか?
 ・捨て身で動かねば能力を補えない
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録@仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。