2013年12月22日

反省を形に残しておく

新年から新しいプロジェクトに移ることになり、
今回のプロジェクトの反省を
教訓として形に残した方が良いだろうなと
そろそろ感じてきました。
で、実際に形になったものが以下です。
reflection.pdf

一言でまとめると、下請けの開発リーダーと
元請けのチームリーダーでは求められる役割が
大きく違うのに、それを認識できていなかった
ということになるのかなと。会社が違うと
上司の思い浮かべるリーダー像も異なるのに、
そこを最後まで埋められなかったのですね(汗

リーダー経験はありますかという質問を
転職の際にエージェントに頻繁に聞かれましたが、
リーダーの定義をきちんと整理しておかないと、
会社と転職者の間でギャップが生じるよと
彼らには言っておきたい気分です。
まあ、僕は得した側なんで良いんですが(爆

ともあれ、これで一度は新しいレベルの仕事を
経験できたことになります。0を1にするのは
難しいけども、1を2や3にするのは難しくない。
今回の経験をバネにして、上のステージでも
踊れるようになってやりますよ☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録@仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383365895
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

先に進むため反省する
Excerpt: 今回のプロジェクトではPLから事前に伝えられた役割を全うでき、それなりの評価をいただけたものの、ボーナスに跳ね返るほどの大活躍というところまでには至らなかった。前回のプロジェクトでは思うように力を発揮..
Weblog: 流離ヒ見聞録
Tracked: 2014-04-15 08:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。