2012年03月31日

アルゼンチン旅行記・二

思った以上に見所が盛り沢山だった、
北部アンデス高原の旅。ハイシーズンは
ワイナリー見学も可能な冬だったのですが、
夏の終わりの三月下旬でも十二分に楽しめました。


<北部アンデス高原>
ブエノスアイレスより空路で約三時間のサルタは、
ペルーやボリビアの銀をブエノスアイレスへ運ぶ
中継地点として栄えたという歴史を持っている。
従って、ここはアルゼンチン北部観光の拠点である。

アルゼンチン北部観光といえば、
世界三大瀑布の一つであるイグアスの滝を
眺めるのが定番であったが、近年は北西部の
アンデス高原にフォーカスを当てた
ツアーも多くなってきている。
南米のグランドキャニオンと称される
ウマワカ渓谷が世界遺産に登録されたからだ。

ウマワカ渓谷の旅は今回のメインイベントであり、
以下のような旅程でアンデス高原を回ることとした。

(一日目)
 ・ブエノスアイレス→サルタ
 ・サルタ市内観光
 ・サルタ泊
(二日目)
 ・雲の列車を追う
 ・白の世界:サリナス大塩湖
 ・標高4170メートルの山越え
 ・七色の丘の町:プルママルカ
 ・プルママルカ泊
(三日目)
 ・画家のパレット:マイマラ
 ・インカ文明の城跡:ティルカラ
 ・征服者の教会:ウキーア
 ・アドベ作りの都市:ウマワカ
 ・サルタ泊
(四日目)
 ・サルタ→ブエノスアイレス→カラファテ

サルタはアルゼンチン北西部観光の
起点となる都市で、街自体の見所も多い。
カテドラルのある広場を中心として
歴史的な建物が多く存在しており、
ヨーロッパの古い街並みを髣髴とさせる。
Argentina16.JPG Argentina17.JPG
Argentina18.JPG Argentina19.JPG

サルタ始発の雲の列車は、標高1187メートルから
4220メートルまでアンデス山脈を登り、
チリに至る路線であったが、現在は観光列車のみが
乾季に運行されている。その線路を途中まで
追いかけつつ、車はサリナス大塩湖に向かった。
白一色に覆われた広野は、まるで幻想の世界だった。
Argentina20.JPG Argentina21.JPG
Argentina22.JPG Argentina23.JPG

サボテンが散在する乾いた山脈を超え、
今度はウマワカ渓谷に向かう。
途中、車が標高4170メートルの経路最高点に
達したときには、空気の薄さを明確に感じた。
平時であれば吸気/止息/呼気のサイクルを
一分以上に伸ばすことが可能なのだが、
このときは止息が10秒と持たなかった。
Argentina24.JPG Argentina25.JPG
Argentina26.JPG Argentina27.JPG

ウマワカ渓谷最大の見所の一つである
七色の丘の町:プルママルカに到着したところで、
アンデス高原観光の初日はクライマックスを迎える。
数億年の時間が気まぐれに生んだ鮮やか色彩は、
大空の虹を憧れた大地が作った芸術作品に見えた。
Argentina28.JPG Argentina29.JPG
Argentina30.JPG Argentina31.JPG

翌日は、プルママルカより北の渓谷を巡る。
画家のパレットとの異名を持つ山肌に沿って
広がるマイマラの集落にはワイナリーもあり、
非常に良い赤ワインが作られている。
ティルカラは遺跡の町で、この地がクスコに至る
インカ道として栄えていたことを物語っていた。
Argentina32.JPG Argentina33.JPG
Argentina34.JPG Argentina35.JPG

征服者の教会があるウキーアは小さな集落で、
インディヘナの素朴な暮らしを感じられる。
教会に描かれた天使の絵画は、残酷な歴史の
象徴として冷たい迫力を持っていた。
最終目的地のウマワカは、石畳と日干し煉瓦
(アドベ)の街並みが特徴の街だが、
レストランで出された山の民らしい食事が、
エチオピア帰りの僕には一番印象的だった。
Argentina36.JPG Argentina37.JPG
Argentina38.JPG Argentina39.JPG

ウマワカからサルタに戻ったときには日も暮れ、
翌日の長い移動を考えると若干億劫になったが、
短い旅程で広いアルゼンチンを周遊するのだから
仕方が無い。アルゼンチン独自の品種である
トロンテスのワインを寝酒にして、眠りに就いた。
Argentina40.JPG
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歩き方@旅行
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 添え状 at 2014年08月13日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263358102
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。