2014年10月26日

時の旅人ポーランド編

今回のポーランド出張では、歴史を巡る
旅をしようと計画をしていました。
無事に資格が取れたので、安心して
旅行記をまとめてみようと思います。

<10世紀〜11世紀:ポーランド王国の勃興>
ポーランド王国は10世紀頃に成立しました。
現在のポーランドとほぼ同じ領土を獲得した
ポーランド王がカトリックに改宗し、
キリスト教世界に強国として認知された結果、
世界史の流れに組み込まれるようになります。
ymgzE.jpg
(↑初代ポーランド王ミェシュコ1世)

<12世紀〜13世紀:諸公の時代>
神聖ローマ帝国の侵攻を防ぎ、中央集権を
強固とした12世紀のポーランド王は、
その4人の王子達に領土を分割相続しました。
その結果、貴族達を巻き込んだ内紛が発生し、
ポーランドは多くの小公国に分裂していきました。
小公国には多くの外国勢力が侵入し、
ユダヤ人やドイツ人の移住も進みました。
Histpln01.JPG Histpln02.JPG
Histpln03.JPG Histpln04.JPG
Histpln05.JPG Histpln06.JPG
Histpln07.JPG Histpln08.JPG
(↑ドイツ騎士団城、自由都市グダンスク)

<14世紀〜16世紀:ポーランド黄金期>
大王と称されたカジミェシュ3世により
ポーランド王国は再統一されました。
また、隣国リトアニアと連合王国が組まれ、
軍事・外交・内政のいずれも安定したため、
文化的にも大きく発展しました。
コペルニクスが地動説を発表したのも
この時期で、欧州一の国家として君臨しました。
Histpln09.JPG Histpln10.JPG
Histpln11.JPG Histpln12.JPG
Histpln13.JPG Histpln14.JPG
Histpln15.JPG Histpln16.JPG
(↑王都クラクフ、ヴィエリチカ塩鉱)

<17世紀〜19世紀:黄金の自由と亡国>
連合王国の王位継承者が途絶えた16世紀末から、
ポーランド王は黄金の自由と呼ばれる
選挙システムで決められるようになりました。
しかし、これにより権力闘争が激化、
さらに他国による選挙介入が常態化し、
ポーランドの領土はロシアとオーストリア、
およびプロイセンに分割されてしまいました。
Histpln17.JPG Histpln18.JPG
Histpln19.JPG Histpln20.JPG
Histpln21.JPG Histpln22.JPG
Histpln23.JPG Histpln24.JPG
(↑ワルシャワ王宮内外)

<20世紀:血と引き換えの独立>
分割の果てに滅亡したポーランド王国は、
第一次世界大戦後の列強の弱体化に乗じて、
共和国として独立を回復しました。
しかし、ドイツとソビエトの間に挟まれていた
ポーランドの国土は、第二次世界大戦で
最も苛烈な戦場の一つとなり、両国の占領が
長く続きました。ソビエト軍の駐留が退き、
真の独立が果たされたのは、25年前のことです。
Histpln25.JPG Histpln26.JPG
Histpln27.JPG Histpln28.JPG
(↑ワレサの造船所、若き日の教皇ヨハネ)

ポーランド1000年の史跡を歩むと、
国体のあるべき姿について自然と考えが及びます。
軍国独裁だった大日本帝国、行き過ぎた
自由主義だったポーランド・リトアニア共和国、
いずれも亡国の憂き目に遭いました。
民族主義やイデオロギーの高まりによる
国家の分裂と混乱が散見される現代、
国家に何をどこまで担わせるのか、
そして個人は何を担うべきなのか、
きちんと整理するべきなのかもしれませんね。


posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@放浪

Puppiest.png

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。