2014年01月26日

とある風水鑑定の実例

ずいぶん間が空いてしまったが、
友人から依頼のあった風水鑑定の顛末について。
友人の出店予定地をGoogle Earthで
探した結果、それらしき場所を発見した。
fengshui01.png

建物の玄関の方向(立向)を前として
左右と後ろに建造物がある(四神相応)こと、
避けるべき凶の事象が見当たらないことから、
まずは土地を確保して差し障りないと判断した。

もう少し大きな視点で捉えると、
出店予定地のある都市自体も、
西を立向として左右と後ろに山並みが揃い、
正面に川があるという理想的な配置で、
なかなか良い条件ではないかと考えた。
fengshui02.png

しかし、そこは出店予定地ではなく、
友人から本当の場所の写真が送られてきた。
残念なことに、こちらは避けるべき土地だった。
複数の問題が一目で分かってしまう。
fengshui03.png

まず、建物の周りに建造物が揃っていない。
そして目の前の道路、背面の川、高速道路と、
水の性質を持つ要素が多く、運勢の浮き沈みが
激しくなる暗示が出てしまう。更に悪いのは、
川の来る水より去る水の方が長くなっており、
収入より支出の方が多くなるだろう。
高速道路が弓なりになった先に土地があるのも
いただけない。高速からの強い気の流れを
モロに被ることとなってしまう…などなど。

とまあ、そんなこんなで、結論は出店見送り。
このエントリを読んでもらえば、
友人も胸を撫で下ろすことだろう。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@サブカル

2014年01月19日

気は風に散り水に止る

土地を借りて店を作りたいという友人から、
風水を見て欲しいという依頼があったので、
Google Earthを使ってサクっと調べてみた。
そのときの話を詳しく書いてみる。

とはいえ、基礎知識がないと分かり難い
部分も出てきそうなので、まずは簡単に
風水の概要を説明してみようと思う。

風水は二つの種類に手法に分けることができる。
一つは巒頭(らんとう)で、これは地形や環境から
人間が受ける影響を読み解く手法である。
もう一つは理気(りき)で、これは方位や暦から
人間が受ける影響を読み解く手法である。

そして風水の対象は建屋だけではない。
大きくは都市の立地から、小さくは家具の配置まで、
巒頭と理気の手法を適用することができる。
ただし、対象によって手法の優先度が異なり、
その塩梅を心得るには相当の修行が必要である。

ちなみに、日本で一般の人が思い浮かべる風水は
気学をベースにした理気の手法の一つでしか無く、
これを万能と思っている自称風水師は
勉強不足と考えて間違いない。

ということで、僕には更なる修行を積む
余地が多分にあるものの、きちんとした風水を
知っている者として、友人の出店予定地を
鑑定したわけである。まずは土地を巒頭で見て、
それが問題無ければ土地の理気と建屋の理気の
相性を考え、最後に建屋の巒頭を整えようとした。

…えっと、長くなったので実際の鑑定編は
来週のエントリに回しますね。乞うご期待!
タグ:風水 巒頭 理気
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@サブカル

2014年01月13日

占ってみるガイダンス

九州に帰省中、中高の同窓飲みに参加した。
その際、例によって占いを披露したのだが、
思った以上に受けたので、ネタばらしをしてみる。


<占いの大別>
占いは大きく三つの種類に分けることが出来る。
 ・生年月日などから先天運を見る「命」
 ・掌や顔のパーツ、名前から後天運を見る「相」
 ・タロットや卦を用い、近い未来を見る「卜」

僕は質問の内容に従って、「命」「相」「卜」を
使い分けていた。即ち、その人の運勢の大まかな
流れを見たいときは「命」の術である気学を、
その人のパーソナリティを炙り出したいときは
「相」の術である手相学を、具体的な出来事の
過去/現在/未来を知りたい場合は「卜」の術である
タロット鑑定を使っていたという次第である。

占いと一口に言っても占術によって守備範囲が
全く異なってくる。何でもかんでも一つの占術で
済ましてしまう占い師は、基本的なスキルが
足りていない場合も多いというのが僕の所感。


<コンパに特化した手相>
手相は奥深いのだけど、女の子の手に触りたいとか、
エロ方向に話題を持っていきたいというだけなら、
以下を覚えていれば十分だと思われる。

@金星環(通称「エロ線」)
 人差し指と中指の間から薬指と小指の間に
 弧を描くように入っている線を金星環という。
 これがある人は恋愛気質なことが多いため、
 「エロ線」という通称が付いた。エロと言って怒られたら、
 美的センスを示すサインでもあると誤魔化しておこう。
 線が太かったり、線の数が多かったらエロ度アップ。

A感情線
 小指の下から掌を横切るように伸びている線。
 この線の形状によって対人傾向が類推できる。
  短い:素っ気無い ⇔ 長い:親しみ深い
  細い:オドオド型 ⇔ 太い:イケイケ型
  急に曲がる:激情家 ⇔ 平らに近い:冷静沈着
 線が複数あると人によって顔を使い分ける傾向あり。

B知能線
 人差し指の下から掌を横切るように伸びている線。
 下がりの角度が大きいとロマンチックで、
 下がりの角度が小さいと現実的なことが多い。
 なお、感情線と知能線が離れているほど、
 本音と建前を使い分ける傾向がある。
 つまり、感情線と知能線が一本になっている
 「マスカケ」を持つ人は、良くも悪くも直情的。

C恋愛線
 小指の付け根側面と感情線の間に入る線。
 太く長いほど密度の濃い恋愛を暗示し、
 結婚と結び付く可能性も高くなる。
 この線が無かった女の子には、手相の中でも
 特に変わり易い線の一つだからという
 フォローが必須である。結婚線が感情線に
 近いと早熟、小指に近いと奥手、
 数が多いと恋多き女と考えられる。


<統計学ではなく経験則>
占いを統計学的なものと思っている人は多いが、
データベースエンジニアとしてデータ分析も
やっていた自分としては、声を大にして反論したい。
サンプルの抽出とか確からしさの概念が無いのに、
傾向がどうとか言えないから! 占いはあくまで
経験則であり、科学として捉えるには無理がある。

同窓飲みでは、口に出していない過去の出来事を
言い当てられた人もいたわけだけど、白状すると、
これは占いだけで分かったわけではない。
占いに至る過程での会話とか、占いの結果を
徐々に物語にまとめていくなかで漏らした表情も
判断材料にして、答えが導かれたという話だ。

とはいえ、経験則だから取るに足らないという
ことにもならない。ビジネスの現場で頻繁に
利用されるパレートの法則(80:20の法則)だって
経験則なのだ。経験則と洞察から得られる知見は、
一般化された科学的プロセスから得られる知見より、
時に鋭い。だからこそ占いは、今も頼られている。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@サブカル

2014年01月05日

2014年の目標のような

遅ればせながら、あけおめです。
今年も宜しくお願い致します。
でもって、例年通り、昨年の振り返りと
今年の目標設定を行ってみちゃいます。

昨年は下のような目標を設定していましたが、
ぶっちゃけ近年稀に見るダメダメでした。
均すと達成率25%ってアカンよね…。
 @係長昇格:達成率10%
 AIMBA完走:達成率60%
 BTOEIC860点越え:達成率0%
 C監査&ネスペ受験:達成率30%

@は、一つ目のプロジェクトは
まずまずだったんですが、
次のプロジェクトで大失敗したので、
残念な結果となりました。

Aは、落とした単位はあったものの、
今年での卒業に影響は無さそうなので、
一応合格点かなという感じです。

Bは、全く時間を割けなかったので
問題外でした。ただ、海外の大学院で
勉強するという計画は白紙状態と
なっているので、目標自体がモヤっと
してきたのは否めないです。

Cは、監査の参考書を一冊読んで
終了といった仕上がりですが、
仕事で論文の事例も手に入ったので、
今年は頑張って合格を目指します。
ネスペは置いておきます(汗

さて、これを踏まえたうえで
今年の目標を立ててみましょう。
きちんと達成できるようにしなくちゃ。
 @係長昇格
 AIMBA卒業
 Bシステム監査合格
 Cビジネス提案書開発
 D占いサイト構築

@はチャレンジングではありますが、
僕も四捨五入すると四十路ですからね。
もう主任クラスじゃヤバいワケで。

Aはいよいよです。ちゃんと卒業して
経歴に箔を付けたいと思います。
コンサルがキャリアの最終地点とは
考えていませんから、看板は大事です。
そういう意味で、Bもやっぱり重要。

とはいえ、コンサルとしての成長が
まずは第一ですから、成長機会を求めて
+αの努力はしようと思ってます。
それがCになります。独自の視点で
提案書を作ると、引き合いがあるんです。

Dは、そろそろパッシブに
占いのお客さんが来る仕組みが
あった方が良いだろうと考えました。
営業すれば鑑定依頼はあるものの、
時間は有効活用したいかなあと。

今年も良い年にしよう!
今年も頑張ります!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 思索@内面

Puppiest.png

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。