2013年12月30日

思い浮かぶままに年末

昨年は仕事で帰省できなかったのですが、
今年は休みをちゃんと取れたので福岡に戻ります。
ということで、飲みや遊びのお誘い大歓迎です☆
メールやコメントでご一報ください!

さて、帰省前に家の大掃除を行いました。
いつもは掃除しない場所に手を入れるを
意識して手を動かすと、色々なところが
相当キレイになりますね。裏返せば、
いつもはそれだけ放置プレイって話ですが(汗

それと、前回のエントリでは反省までで
終わっていたので、それを生かして
次のPJTに持ち運べる形に抽象化してみました。
以下の動作を心がけてバリューを出さねばと。
 ・聞く(そして論点を整理する)
 ・詰める(そして着実に推進する)
 ・先んじる(そしてリスクをコントロールする)

あと、Facebookで新年お年玉企画を実施中です。
いつもは有料の気学傾斜法による鑑定を、
人数限定先着順で無料プレゼントします!
2014年も占い方向はアクセルべた踏みよ☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@東京

2013年12月22日

反省を形に残しておく

新年から新しいプロジェクトに移ることになり、
今回のプロジェクトの反省を
教訓として形に残した方が良いだろうなと
そろそろ感じてきました。
で、実際に形になったものが以下です。
reflection.pdf

一言でまとめると、下請けの開発リーダーと
元請けのチームリーダーでは求められる役割が
大きく違うのに、それを認識できていなかった
ということになるのかなと。会社が違うと
上司の思い浮かべるリーダー像も異なるのに、
そこを最後まで埋められなかったのですね(汗

リーダー経験はありますかという質問を
転職の際にエージェントに頻繁に聞かれましたが、
リーダーの定義をきちんと整理しておかないと、
会社と転職者の間でギャップが生じるよと
彼らには言っておきたい気分です。
まあ、僕は得した側なんで良いんですが(爆

ともあれ、これで一度は新しいレベルの仕事を
経験できたことになります。0を1にするのは
難しいけども、1を2や3にするのは難しくない。
今回の経験をバネにして、上のステージでも
踊れるようになってやりますよ☆
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 備忘録@仕事

2013年12月15日

プロマネの役割と責任

自分はまだIT技術者として前線に立てる人間で
ありたいと思うのだけど、今の会社で求められる
役割を果たしたり、アーキテクトとして
開発全体をデザインできるようになるためには、
プロジェクトマネジメントを本気で勉強しないと
マズイと遅まきながら気付きました。

プロマネ出来ないと偉くなれない、
偉くなれないと物事を決めるプロセスには
携われないという単純な話を、
四捨五入してぼちぼち四十になって実感する
というのはアホ極まりないんですけどね(汗

とはいえ、そのまま放置するわけにはいかないので、
評判の良さそうなプロマネ本を読んでみました。
その中で当たりだったのが以下の本です。


実は情報処理技術者試験のプロマネは取っていて、
プロマネの知識的なものは多少持っていたと
思うんですが、いざ現場に出るとそれを
全く活用することが出来なかった。何故か?
プロマネとしてのマインドが無かったからだと
この本を読んで分かりました。

プロマネって何をする人なのか?
お金とスケジュールの管理をする人という
漠然としたイメージしか持っていなかったのですが、
それは自分がプロジェクトの実装フェーズでしか
仕事をしたことがなかった故の視野狭窄でした。
本当は、企画・契約・プランニング・コントロールと、
プロジェクトの受注から終結までの
実施責任を負う立場の人だったと自覚しました。

そして、「プロジェクト」という言葉は
「不確実性」という言葉と殆ど同義であるという
記載を見つけた際に、衝撃を受けました。
僕は今まで変更はなるべく敬遠するものという
受身の姿勢でいたのですが、変更を能動的に
コントロールするための采配をできないと
プロマネとしては失格だったのです。

そりゃ以前のような、現場リーダー程度の
マインドだったら失敗するわけだなあ…。
願わくば、今回の学びを生かせる機会が
早めに来ないかなと思います。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録@仕事

2013年12月08日

星が美味しさでは無い

色々と記念日が重なったので、
都内某所のミシュラン二つ星レストランで
ディナーの機会を持った。確かにハコとサービスは
二つ星に相応しいと思ったのだけど、
肝心の料理が感動できなかった。

こういう体験、最近稀によくある。
特に、日本人がグランシェフで無いところは
リスクが高いような気がしている。
料理にエッジを立てないと埋没するんだろうなと
邪推するも、肝心の風味が凡庸だったり
エキセントリックに過ぎたりすると、
やっぱり「なんでやねん!」となるよね…。

逆に一つ星でも銀座のタテルヨシノは
非常に素晴らしかったし、俺のフレンチなんか
星は無いけどオーソドックスで安心できる一皿を
リーズナブルに出してくるので有難い。

一番オススメなのはせんかぶーだったのだけど、
風の噂によると店を閉めたとか?
あそこのフレンチが食べられなくなるのは悲しい。
上津原光博シェフがどうされているか、
ご存知の方は情報をいただけると嬉しいです。
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味@グルメ

2013年12月01日

誕生日でございました

まあ、この年になると誕生日が嬉しいという
感覚は無くなるわけですが、お祝いの言葉には
感謝の気持ちが湧いてくるわけであります。
遅くなりましたが、お祝い有難うございました☆

お正月にも振り返ると思いますが、
今年は挫折感満載の一年でありました。
仕事を上手く回せないってキツイですね。
大規模プロジェクトのリーダーを引き継いだものの、
コントロールすべき事柄を把握できず途中降板…。
技術力だけでなくマネジメント力が無いと
この先はやっていけないと痛感させられました。

思えば、このレベルの苦汁を味わったのは
二十歳以来でしょうか。遊ぶ金欲しさに学生起業し、
周りに諸々の迷惑をかけつつも実入りは無いに等しく、
色々追い詰められていた辛い記憶があります。

でも、そのときに繋ぎ資金を捻出するために始めた
ITの仕事が自分の専門となっていったわけで、
人生万事塞翁が馬ですよね。だから、今回の経験も
大きな糧になってくれると確信していたりするし、
そのための努力も始めました。
来年は勝利の年にしてやりますぜ!
posted by ビズアイユ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記@東京

Puppiest.png